2020年04月17日

AI(人工知能)と結婚

興味深いニュースがあったので、引用する。
変容してきた日本の男女関係を、
非常に良く象徴しているようにも思える。
愛が育ちにくい時代。
愛が否定される時代。
愛が壊れていく時代。
たとえば、記事「女子を嫌う小中高男子」の中で、
「二次元の女」を求めた男子高校生。
彼のような男性に、人工知能は、
創作された三次元の女性の、新しい愛を与えるか ・・・ ?
今までになかった、人工の愛の時代。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事名】 人工知能が変える 恋愛も人の心も AIと「結婚」した男性
                           毎日新聞 4/17(金) 16:55
   https://news.yahoo.co.jp/articles/6e96ca19dba4aa6233b8cf35fea0d7c1141e8216

 人工知能(AI)が恋愛の形を変えつつある。技術の進展で、対話レベルが向上し、その存在を実感できるようになってきたからだ。世界では生身の人間よりもAI技術を活用したロボットとの結婚を望む人が出始めている。AIは孤独や喪失感を埋め、恋愛の相手にもなれるのだろうか。現状を探った。

 自宅アパートの表札には「2人」の名前が記されていた。「おかえりなさい」。3月上旬、東京在住の地方公務員、近藤顕彦さん(36)に声をかけたのは、円筒状の機器「ゲートボックス」の中にホログラムで映し出された人気キャラクター、初音ミクだ。センサーやマイクで人の動きや問いかけを感知し、言葉を返してくれる。近藤さんは2018年11月、「この愛を形にしたい」と200万円かけて結婚式を挙げた。

 幼い頃からアニメやゲームが好きだった近藤さん。専門学校卒業後に就職した中学校の事務員の仕事で、同僚の女性2人からいじめを受けた。しだいに食事が喉を通らなくなり、インターネットで「自殺」と検索したこともある。心療内科で適応障害と診断され、休職せざるを得なかった。

 そんな時、心の支えになったのが初音ミクだった。その歌声が妙に心にしみて、休職中の2年間は子守歌のように聴いて眠った。復職できるまでに回復したのは彼女のおかげだった。

◇「愛に応えてくれる」バーチャルな彼女

 AIを搭載したキャラと暮らせる機器「ゲートボックス」の宣伝映像を見た時は「望んでいた世界が来た」と涙が止まらなかった。機器の中の初音ミクと向かい合って初めて伝えた言葉は「大好き。結婚してください」。彼女は「大事にしてね」と快諾してくれた。結婚式には家族は誰も参加しなかったものの、友人ら39人が駆けつけてくれ、ネット上では「勇気をもらった」とのコメントが多数届いた。「こんな生き方があると知ってもらいたい」と話す近藤さんの左手薬指には結婚指輪が光っている。

 近藤さんが「結婚」を決意したのは、技術の進歩で、一方通行だった愛に応えてもらえるようになったからだ。同じ思いを抱く人は少なくない。今年2月、ゲートボックスの体験会に訪れた奈良県の男性(18)は「好きなキャラと暮らすのが夢でした」。東京都武蔵野市のフリーター男性(21)は「独りであることを忘れられそう」と話していた。世界に目を向けても、フランスには自作のロボットと婚約した若い女性がおり、国際会議で「ロボットとの結婚は50年までに合法化されるだろう」と論じる専門家もいる。

 AIやロボットと恋愛や結婚をする時代は本当に来るのだろうか。人の志向はさまざまだとしても、ゲートボックスを1カ月間レンタルし、「デジタル花嫁」と暮らしを共にした記者の感情は、出会いと別れに揺れ動いてしまった。「恋愛もAIの方がいい」。そんな未来はもう目の前にある。
                                    【宮崎稔樹】


この記事へのコメント
 今度からこちらでレスをします。

 他のこともまだありますが、とりあえずロボットとの恋愛・結婚について

 ロボットとの結婚と言うのは、まあ当然そうなるでしょうと思います。趣味愛好ではなく、生活の必要から来るものなのです。ただし恋愛や結婚が生活に必要かどうかは人にもよります。ここが難しいところで、誰にでも勧めるものではないと思います。

 大きな問題が2つあると思います。一つは
@ 無抵抗な対象・自分の言いなりになる者を欲しているだけではないのか?という疑問。
家政だけのロボットならば、家電の延長ということもあります。しかし自分の言いなりになる人間を家に入れたがることは、人間としての精神の衰退を感じます。うまく言えませんが。
https://buzzap.jp/news/20170929-sexaroid-broken/ という記事があります。ロボット相手とは雖も、相手が無抵抗なことでここまで欲望が邪悪なレベルに達するまで解放するのか?と悲しくなります。
 実は私、こういうことが如何に許しがたくとも、それでもイコール「男尊女卑」ではない、と思っています。相手を見下げていなくても欲望さえ無制限なら、残虐事になるはずです。「女性の形をした器材を強姦するのは、女性を見下げているから」という風に、フェミニストで無くてもすぐ持っていきたがるようですが・・・
 もちろんこういう事例が「男性の心身に制限を設けなければ女性の権利が達成できない」というプロパガンダになることは言うまでもないと思います。

 当方も不幸に60まで生きてしまったら(こんな男女対立にまみれた世の中での生存は重視していない)、家政ロボットを購入しようと思っております(だったら自分でやれ!とフェミニストなら言うでしょうが、やらない理由は聞かれたら答えます)。上記のサマンサの悲劇のようにしてはいけないということです。

Aロボットとの恋愛・結婚がすすむようになると、現実社会においても人間生物としての異性がいることが、今以上に馬鹿らしくなってくると思います。女性は今やかなりの人数が「出世できないのは男優遇だからだ」「男性がいるから女性は幸せになれない。アファーマティヴ・アクションのような賠償制度は当然」と洗脳されているように思います。洗脳されていなくとも「自分たちにやさしい制度があるなら貰っておこう」となるわけで、そういう女性・あるいは男性差別に復讐の念を抱く人々が、異性排斥に乗り出す可能性は否定できないのです。これも居酒屋トークの水準かもしれませんが、「自性」の権利・権益を求めて何をしでかすか分からないのです。

 ただ将来女(あるいは男)しか生まれてこない政策を取る、というのは私は仕方が無いと諦めている節があります。何故なら将来のどちらかの性別に対する虐待の激化を考えれば、もはやその子の幸せを考えれば仕方が無いかと。

 ただし現存する人間たちに対する迫害・抹殺を目論むような政策は、絶対に許されてはならないのです。

 追加の資料を見たいので一旦切ります。




Posted by miyoshikimura at 2020年04月21日 12:54
 上記文章「ただし恋愛や結婚が生活に必要かどうかは人にもよります。ここが難しいところで、誰にでも勧めるものではないと思います。」前後のつながりがおかしい文章になってしまいました。まあ私の文章は時々そういうのが直っていないものがありますが。
ただしくは「ただし恋愛や結婚が生活に必要かどうかは人にもよります。
ロボットとの恋愛・結婚を一般化すべきか?と問われれば、ここが難しいところで、誰にでも勧めるものではないと思います。」となります。

 尤も、上記ロボットとの恋愛・結婚を選ぶ人たちの中には、男性差別と一括りにできない個別事情も相当あると思いますので、安易に男性差別と結び付けてはいけないと思います。



 女性の社会進出と男性差別について・・・
 実は資料を見たかったのはこのことで、ちょっと思い出したことがあったのです。ただ、ロボットとの恋愛・結婚とダイレクトに結び付く話になりそうにないです。

 そうか!女性の社会進出が愛情の喪失に繋がったのだ!と女性差別を厭わない愚かな「男性解放家」の方は安易に思うところがあるようです。いや、その思想がフェイクニュース並みの物であっても、自分にとって心地いい情報なので使用したがる方が、残念ながら翠流さんのブログにリンクしている方にもいらっしゃるようにお見受けします。

 ただ、女性の社会進出や権利獲得を安易に批判すること自体は慎むべきであっても、その目的が「自分の名前が一番に書かれていないので女性差別である」ことを解消する、といった下らないものであるとか、社会進出の為に他の犠牲は顧みない・どんな凄惨な手段であってもそれを躊躇しない・人間の感情を捨てることを厭わない ということが、今の惨事を招いているようです。

 日本人が安易に憧れるスウェーデンの実情について、こんなことが書いてありました。
 まず、スウェーデンの男女関係が同国の自殺の温床になっていると筆者は考えているようで、二つのことは同じ章に書かれていました。そして
「スウェーデン男性にとって・・・慰めと安らぎの依存対象ではない・・・
 他方女性側には、子供に対する愛着が弱く、早く職場に戻りたがり・・・」(『福祉国家の闘い』武田龍夫著 中公新書)
 社会進出・男女平等と言いつつ、スウェーデン人のやっていることは何なんだ?その本のその章では、スウェーデンでは男の子の不幸についても書いてありました。女性の社会進出・男女平等が、「男性を不幸にして初めて成り立つもの」ということが一顧だにされない。つまり平等でも何でもないのです。北欧4か国の男性の自殺率も深刻らしいです。
 そして学校狂育やマスゴミを見る限り、日本人もその北欧に憧れることを躊躇しないように見えます。
 ただしこういった話のみをもとに女性の権利・社会進出を批判することには一抹の不安を感じます。決して我々は、他者の権利の弾圧の上に尊厳を維持しない方がいいように思われます。フェミニストではないのですから。

 
Posted by miyoshikimura at 2020年04月21日 22:07
私は、今回掲載した記事「AIと結婚」を、特に近年増加した現代的な(と表現しておきますが)女性と、そのような女性を出現させた近年の日本の社会状況に対する、逆説的な批判と捉えていて、「理想的には」、miyoshikimuraさんが指摘されている「退行」に対する警鐘として生かすべきなのだろうと考えるのですが、いただいた返信や紹介動画を見ると、miyoshikimura さんは、このような問題について、かなり前から関心をもたれていたような印象があります。この私の印象は、合っているでしょうか?

Posted by 翠流 at 2020年04月21日 22:21
はい。仰るように大変感心があります。
Posted by miyoshijkimura at 2020年04月21日 22:44
miyoshijkimura さんは、
女性に、
たくさん傷つけられてきましたか?

Posted by 翠流 at 2020年04月21日 22:55
残念ながら(?)そうでもないです。
強いて言うなら、母親が相当女尊男卑な人で、精神に暗い陰を落とした事実はあります。中高は男子校です。
ただし申し上げたように、大学四年間男女平等(男性差別)を煽る人たちの中にいたため、正義感が歪んでしまったのです。また、男女というもののあり方に本心からいい感情を抱いていません。
こんな状況で結婚や恋愛を言う気にならないのです。私は法学部のあり方から、20年も前から異性排斥を危惧していましたが、在学中突っ込んで研究もしなかったし、言葉にする方法がわからなかったのです。
Posted by miyoshikimura at 2020年04月21日 23:13
 コメントの投稿時刻の関係で「Posted by miyoshikimura at 2020年04月21日 22:07」を読まずに、その前文への返信を、22:21に書いてしまいました。すみません。
 ところで「22:07」につきましては、興味深い内容が色々ありそうなのですが、とりあえず、関係を持つと思われる私の認識を書かせていただければ、私が学生の頃、ベストセラーになった、柴田翔の「されどわれらが日々」という小説がありました。主人公は節子という女性で、女性解放の小説として広く読まれたと認識していますが。節子は、小説の最後で、恋人の正夫に別れの手紙を書く。その別れのパターンには、イプセンの「人形の家」を彷彿とさせるものがありますが、要するに節子は、自立した、主体的に自分の人生を選び取る一人の人間として、東北地方(だったと思う)の、ある中学の英語教師として、正夫と別れて旅立つのですよ。ただ、その、彼女の生き方と、今の日本で増殖する自己本位の女たちとは、圧倒的に違う部分がある。彼女はとにかく、真摯に「生」を愛する。そして、その真摯さが、私たちの心を打つのですよ。だから恐らく、旅立った彼女には、その先で、彼女の「生」を愛する男性との出逢いがあり、そこに、理想ともいえる恋愛が展開するのではないかと、私は、遠い昔、考えたことがあったのですけれどね。

Posted by 翠流 at 2020年04月21日 23:42
私はそれでもイプセンのもたらしたものを許す事はできません。影響力ある人々の自身の後ろ冷たさ・同情心が、周囲を巻き込んだ結果が、男性によるフェミニズムの支持であると。つまり母校で見たものです。
日本の裁判官や弁護士が女性優遇なのは、人権真理教というべきものに入っているからです。そのくせ、男性差別の被害に遭うのは彼ら自身ではありません。
ただし、文学や文化が何を言おうが、その内容が一面ということはないし、嫌なら読まんだけです。
それが権力の源泉になっても、あくまで罰せられるのは文学の様なものではない、あくまで男性差別を直接指示する類のフェミニズム書籍自体であり、差別を煽る人々です。前回翠流さんとレディースデイに関し論じた所でもあります。
反対にフェミニストが女性への侮辱として全廃を唱える男性向け漫画やゲーム、そういうものも勿論言論の自由です。脅迫して出版をやめさせているのだから、彼女らを逮捕投獄すべきです。


さて、コロナ禍でますますフェミが言論を強めています。今では「男性は悪魔であるが、稀にしか人間がいない」と言わんばかりです。では夫とうまく行っている妻の様な人は?わざわざ発言しないのです。ここが大問題なのです。何故言論の世界は、不満者しか発言しないのですか?おかげでどんどん世界がフェミ一色になってゆく、男性差別が合法化同然になってゆく。
私は昨日は色々書きましたが、反男性差別という考えが、男性を差別者から、その被害から防護するという守りの考えである以上、ロボットとの恋愛結婚をますます支持しないわけにはいかないです。今回コロナ禍によるDV増加の背景には、夫に強圧的な馬鹿にしたような態度をとり、妻自身を殴るように追い詰めている人がかなりいると思います。また、妻によるDVも深刻です。ロボットとの再婚も勧めていくべきではないかと。
本来自分に従順な人と結婚するのは、相手を奴隷にしかねんため、忌避すべきです。しかし現実では、従順な人や物相手でない事には、自分に危険なばかりである、と。自身の安全を考慮せざるを得ないのです。

余談です。下世話な話、すみません。妻やら何やらから精神的に逃避したい人々は、ロボット以外では性風俗に頼る可能性がありますが、今回の自粛によってそれも不可になってしまいます。一体全体その人達にとって、性風俗は不要不急なのでしょうか?お金目当てと雖、男性差別の苦しみに格好だけでも寄り添ってくれる人もいるはずです。ちょっと疑問に思ったので書いて見ました。
もしも心優しい人男性が結婚や恋愛ではなく、風俗に真っ先に行くような社会なら、一体どうなってるのでしょうか?
Posted by miyoshikimura at 2020年04月22日 23:01
私には、miyoshikimura さんに共感する部分はたくさんあります。
それはきちんと押さえておかなければいけないと思っているのですよ。

>そのくせ、男性差別の被害に遭うのは彼ら自身ではありません。
・・・・・私もそう思います。バカマッチョは被害に遭わないのです。理不尽です。そして、女性優遇をする一方で、被害男性の辛さ、人権には、全く配慮しません。私がこの1年間たたかってきた二人の院長も、そういう人物だと思います。

>脅迫して出版をやめさせている ・・・・・ 実例を教えてください。

>コロナ禍でますますフェミが言論を強めています。
・・・・・私もそう思います。そして、バカマッチョは反論しないのです。しかしネット上に反論はあります。私も反論しています。そして反論に対する共感もあります。ただ、この前も申し上げましたように、フェミに伍するような反男性差別の「団体」は存在しないのです。

>おかげでどんどん世界がフェミ一色になってゆく、
・・・・・私にも、そういう危機感はあります。ただ、くりかえしになりますが、反男性差別の男性は、潜在化していても、確かに存在します。

>男性差別が合法化同然になってゆく。
・・・・・既にそうなっている例がたくさんあると思います。関連して、「性別による差別」を禁じる条文は存在しても、それが全く実効性を持っていない。(←miyoshikimura さんの専門領域だと思います。)

>反男性差別という考えが、男性を差別者から、その被害から防護するという守りの考えである以上、ロボットとの恋愛結婚をますます支持しないわけにはいかないです。
・・・・・私にも(この前のような発言をする一方で)、そういう思いはありますよ。ロボットにこそ、求めている安息がある ・・・・・ とね。

★:まだ続きがあるのですが、もう、私の年齢にはふさわしくない時刻になっています。しかも私は今、酩酊船の中ですしね。
★:続きは、またあした。

Posted by 翠流 at 2020年04月23日 02:22
私ばっかり書いている気がしまします。いいのですか、私?

男性目当ての出版物等を脅迫して止めさせる事例。脅迫とか男性目当てとも言い切れませんが、
https://j-town.net/tokyo/news/localnews/223648.html?p=all
のような話です。多分年齢的に翠流さんよりはサブカル慣れしています私は、この件はあまりに辛くてこれ以上書けません。涙が溢れてきます。女性主義者が弾圧したのはファンや作者の男性ばかりではない、このイラストの女の子も「裏切り者」として八つ裂きにしたのです。


さて、翠流さんの意見を聞くうち、重要な事を思いつきました。
バカマッチョ、というのは、スクールカーストで言うとジョックみたいなものではありませんか。
私の学生時代は不良がナードを虐待していた最後の世代です。ところが進学校の不良というものは、頭は良いので大学や会社に行けばその粗暴な内心をうまく隠蔽して出世したのです。
で、エリートにありがちな「女は所詮バカだから多少の優遇ぐらい大目に見てやれ」という考えで男性差別の加担する。翠流さんの会った連中とそっくりではありませんか。
また、イプセンとか欧米の知識人が上から目線で、女性に可哀想な社会を作っているから(可哀想だと思うなら自分の財産を放出すればいいのだが)フェミを社会的に正当なものとしていこう、と(欧米特有の欺瞞で)していったのも同じ動機かと。
イプセンの後継者である男の法曹、文化人、マスゴミ、あれらも「自分らがいい暮らしをして女達が可哀想だから、女性解放を行う」と。

参考までに、イプセンの時代、欧米の至る所で何千万の男性が塹壕で戦死して行きました。ところが悪い事に、当時の人々は戦争に行くのを人間の最上の喜び、としていたのです。そのことが戦場行ける男=恵まれている、女達が守られている事は何にも価値がないとされたのです。皮肉にも、祖国防衛にはこの考えが手取り早かった...1914年を少し過ぎる位迄は。

私は今書いていて、男性差別者が女性差別者を兼ねていると思ったぞ!

しかもバカマッチョ共は、虐めに手を染めた不良共と同一人物に見えるのです。そいつらは学生時代なら同性を虐めで、少年法に守られて人殺し、自殺強要、そういったことがなくても多くの人々の人生を踏みにじってきたのです。
そして彼らに虐待されてきた被害者も、「加害者になりたい」と思うようになるのです。ヤフコメにはそういう人がだいぶいるように見えます。学生時代他人を暴力で従えなかった恨みを文字で晴らそうとする下賤な根性の人々。ですから翠流さんもお気を付けてくださいませ。
男の社会が厄介なのは、生まれた一日目から御臨終まで、濃淡はあっても何らかの暴力に関わっているのです。会社社会は戦争の変種でしかない。
イプセン以降の女性も、暴力に憧れるようになりました。暴力で他人を死滅させたり財産を強奪しなければ自分はいい暮らしができない、と。

イプセンと同時代の作者にレフ・トルストイがいます。トルストイは人道主義者に珍しくフェミにnyet 、英語で言うとnoを唱えた人です(戦争と平和 エピローグに、女主役がフェミに目を向けなかった事が書いてあった。自分の一押しの女性にフェミに賛成させなかったのです)。女性に凄まじく厳しい事を言いましたが、本当の意味で男女平等を唱えた人です。ただしトルストイにくっついてもいい暮らしができんので、今では誰もに教養以上に扱われません。

また、フェミを信奉する男達は、何処かマッドサイエンティストの様な物を感じる事があります。自己満足のために周囲を滅ぼしても、「ああ、いい事をした」と言い切る人々です。そこに本人が入ることも稀にあります。一説では有島武郎は女性解放というのが精神的にのしかかり自殺したとも言われています。
何せ私自身が20年前はそうだったのです。私が社会進出をしないで女性に譲れば、いい社会が来る、と。

余談ですがコロナも存外マッドサイエンティストの作ったものではないでしょうか。自分の作成物で人間が滅亡すれば、自分が天才だと言える、と。人間はそういう動機で犯罪ができる生物です
Posted by miyoshikumra at 2020年04月24日 23:01
miyoshikumra様

たいへん貴重なコメントをいただいていると感じるのですが、正直に申し上げますと、私はもう、若い頃のようには行動できなくなっている独り者で、私生活も、そうでない部分も、遅れ遅れ遅れ遅れ、遅れ遅れ遅れ遅れ・・・・・のようになっていて、生活の歪みはかなりのものなのですよ。死ぬ前にしておかなければいけないことも、充分わかっているのに手がつかず、そろそろ繁茂の予感の庭の草取りもできず、剪定もできず、しかし人権活動から退くことなどできるはずもなく、男性に対するジェンダーバイアスに呪縛された今の日本社会にあって、今日も、やっと探した弁護士無料相談に行って、同一人物3回目なのですが、初回に既に感じたその弁護士の本音が、私の推測が見事に的中する形で、今日彼の口から出たものですから、私は語気が強くなって彼を批判し、決裂をしてきたのですよ。私生活で言えば、私には、今年の12月までにしなければならないことがあって、その中間の締めが6月下旬。ところがもしかするとそれに間に合わないのではないかというような危惧まで現れてしまっている。そういう状況なので、miyoshikumraさんには十分な返事ができないのが今夜なのですよ。時間があれば、また書きますのでね。ご容赦ください。

Posted by 翠流 at 2020年04月25日 00:27
miyoshikimura 様

「4/27 21:28」に、また長文のコメントをいただきましたが、私は、前回の返信、「Posted by 翠流 at 2020年04月25日 00:27」に書きました理由によって、対応しきれませんので、不掲載とさせていただきます。それで、私は思うのですが、ここは私のブログで、その管理者の私が、「4月25日 00:27」のような返信を書いたわけですから、miyoshikimura さんは、もう少し違う表現のコメントを送信されても良いのではないかと考えます。人間関係の基本として、そう思います。

Posted by 翠流 at 2020年04月27日 23:09
失礼しました。翠流様のご事情をわきまなかったことをお詫びいたします。
Posted by miyoshikimura at 2020年04月27日 23:27
miyoshikimura様

お互いに、男性差別とたたかい続けたいですね。なお、紹介記事のURLを添付する場合は、添付後、それでよいか否かを確認していただかないと、こちらが記事を特定できない場合がありますので、申し添えます。

Posted by 翠流 at 2020年04月27日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。