2020年03月10日

男性にも専用トイレを ・・・ 【医療機関:その9】

大腸内視鏡クリニック【B】への取組み ・・・ (No.2)

【記事ーBA】:クリニックBに対する人権侵犯被害申告

■-4 誤解のないように、あらかじめ申し上げておくが、人権侵犯被害申告をする場合、基本的には、以下に掲載するような書類を作る必要はない。口頭申告のつもりで法務局に行けばよいのである。作成書類は、申告当日の簡易書類。聞き取りと記録は、人権擁護課の職員がする。

■-5 クリニックBに関する人権侵犯被害申告書類が、これから何回かに分けて掲載するような長文(A4版14枚)になったのは、やや複雑な経過と、私の主訴を、できるだけ正確に伝えたいという思いがあったことと、今回の問題と関りの深い社会事象を具体的に取上げ、拡散している情報の誤謬を指摘しつつ、私の認識、スタンスを伝える必要があると感じたからである。

■-6 ただ、今回の申告(2019年11月24日)については、クリニックAの場合とは異なり、私がまだクリニックBの患者になっていないため、当初から、「調査不開始」つまりは「門前払い」の扱いになる予感があった。そしてそれは、申告から2か月余りの後に、現実のものとなってしまう(2020年1月21日)。しかし私は、この被害申告書類を、以後、状況説明に有用な文書として、公的機関等への申告に使うようになる。それについては、また後日、書く機会があると思う。

■-7 Bクリニックに対する人権侵犯被害申告書類は、以下の通りである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事ーBB】
  人権侵犯被害申告書類・・・『その1』・・・ 14枚中の1〜2

                                    2019年11月24日
X地方法務局 人権擁護課 様
                                    ( 翠 流 ) 

 9月12日に、係長の(b)様に、電話でお話しをさせていただきましたように、私は、W市に開業
しているBクリニック院長の対応につきまして、人権侵犯被害申告をします。私がBクリニック
への受診を考えた背景には、県外(K市)の有名な大腸内視鏡専門施設(名称は後記)からの、
私の転院希望がありますが、その理由やB院長の対応等につきましては、漸次、文中に記させて
いただくとして、初めに、後記する【資料T】〜【資料Y】及び【関連資料】について説明をさ
せていただきます。

 資料のうち、【資料T】〜【資料W】は、7月17日から7月31日までの間に、私とB院長との間
で交わされたメールのコピー、【資料X】は、私が、8月29日にBクリニックに見学に出向いた時
の記録を示します。また、【資料Y】には、【資料T】に記された「県外の大腸内視鏡専門施設」
と私との関係の説明、そして【関連資料】には、今回の被害申告と関わりを持つと考えられる社
会事象とその背景、不当性等について記しましたが、今回の人権侵犯被害申告に関わる、私の主
訴は、【資料T】に記されたBクリニックへの送信メールをお読みいただければ、概ね、お察し
いただけるのではないかと推測します。

 なお、【資料T】〜【資料W】と同じ内容の文書を、私は既に、8月7日付で、W市保健所、
県健康福祉部医務課、及び、県男女共同参画担当部局に送付し、Bクリニックへの人権啓発的発
言を希望してまいりましたが、いずれも、業務・権限の範囲外と指摘されております。

 W市保健所につきましては、私の要望をクリニックに伝えることは可能とのことで、【資料X】
の末尾にも記しましたように、私の、Bクリニックに対する具体的な要望(計3件:後記)と、
それに対する、院長のメールによる具体的な返信を私が求めている旨を、9月17日に、担当の(c)
様からB院長に、直接電話で伝えていただきましたが、今日に至っても、院長から私への返信は
ありません。B院長は、私の具体的な要望について「返信をしない」という形で、私の要望を拒
否しています。

 以上が経過の概要となりますが、私の、今までの人権侵犯被害申告の経験も踏まえ、貴人権擁
護課への率直な要望を申し上げれば、今回の件は、医療機関に於ける「排泄」の問題と、「羞恥
や屈辱を伴う大腸内視鏡検査」に関わる事項です。この件を検討されるにあたって、その、事象
の特質を踏まえ、人間の尊厳への配慮を、宜しくお願い申し上げます。

 なお、県男女共同参画条例には次のような条文が記されておりますので申し添えます。

第●条 何人も、社会のあらゆる分野において、性別による差別的取扱いをしてはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

資料説明補足 ・・・【資料T〜W】・【関連資料】について、やや踏み込んで、説明を補足します。

【資料T】 ・・・ 7月17日(水)に、私がBクリニックに送信したメール。 このメールには、私
   がBクリニックへの受診を考え、問合せをするに至った、身体的・精神的背景、及び、B
   クリニックに対する【要望1】【要望2】が記されている。

【資料U】 ・・・ Bクリニック院長から私への返信メール。7月18日(木)に受信。
   院長は、この返信メールの冒頭で、「当院では男性・女性関係なく個人個人に尊厳がある
   と考えて対応しているつもりです。どちらかに優位にということはありません。」と発言
   しているが、彼の医院経営は、この表現と乖離しており、私が、Bクリニックの患者対応
   に見られる女性への優位性(優遇配慮)を指摘しつつ送信メールに記した【要望1】【要
   望2】は完全に無視され、要望に対する回答は全く記されていない。B院長のこのスタン
   スは、今日まで全く変わっておらず。回答は皆無である。

【資料V】 ・・・ 7月20日(土)に私がBクリニックに送信したメール。【資料U】の、院長から
   の返信メールに記されていなかった【要望1】【要望2】に対する回答を、改めて求めた
   メール。しかし、返信はなかった。

【資料W】 ・・・ 【資料V】のメールに対する返信がこないため、7月31日(水)に、再び、回答
   を求めて送信したメール。しかし、これにも返信はなかった。

【資料X】 ・・・ 私は 8月29日(木)に、Bクリニックに電話を入れて了解をとり、見学に出向い
   た。その時の状況と、当日新たに加えた【要望3】の内容を記す。この見学の最後に、私
   は、対応した職員に対して、【要望1〜3】を改めて院長に伝え、回答を、院長から私に
   メールで送信してほしい旨を伝えた。しかし院長からの返信はない。

【資料Y】・・・ 【資料T】の補足説明。内容は次の通り。

   ★ 「県外の大腸内視鏡専門施設」の、名称、所在地、特徴等。           
   ★ 私がこの施設に要望してきた事項、取組みの経過、先方の対応、現状。      
   ★ (14枚中の4)に記された「県内の或る病院の先生」についての具体的情報。    

【関連資料】・・・ 今回の申告と関わりを持つと考えられる社会事象、その背景、不当性等を記す。

 @ 軽視される、男性の羞恥心。                           
 A 女性優遇トイレ:「女性専用+男女共用」の本質と、男性へのジェンダーハラスメント。
 B トイレ所要時間の性差(男女比)と、誤報の拡散(著名人●とNHKの誤り)。     
 C 女性(限定)専用車両と、女性専用化社会・女性優遇社会の拡大。          
 D 女性優遇・女性専用化の、医療の世界への浸潤、その不当性。            
 E 大腸癌による死亡と罹患:大腸癌は男性に多い。・・・ 女性優遇の不当性。       

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■-8 今回は以上。
    次回は、私がBクリニック院長に送信したメール、及び、
    それに対するB院長の返信メールを記す。


posted by 翠流 at 03:20| Comment(0) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。