2020年03月03日

男性にも専用トイレを ・・・ 【医療機関:その8】

大腸内視鏡クリニック【B】への取組み ・・・ (No.1)

【記事ーB@】:転院先を探して

■-1 昨年の4月、K市医療安全相談窓口を通した要望をクリニックAに断られ(4月25日)、 男女共同参画への相談は市外在住を理由に対象から外された頃(5月6日)から、私は、Aへの要望が叶わない場合の転院先を考えるようになり、私の居住県に開業している比較的新しいクリニックBに、問合せの電話をした(5月20日)。Bの院長は国立がんセンター出身であるため、私のような内視鏡挿入困難の患者であっても、検査の危険性は小さいのではないかと考えたのである。ところがこの日の電話で、私は、受付の(a)さんから、BにはAと同様の女性限定配慮があることを聞かされ、たいへんショックを受けた。クリニックBはAに比すれば小さく、検査用トイレは二つで、どちらも男女共用なのであるが、一般患者用のトイレが、女性専用と男女共用だったのである。併せて、この日の段階ではまだHP上の語句だけで、実施不確定とのことであった女性専用検査日が、間もなく、HPの修正と共に、暦に印を入れた確定の女性専用検査日となったのである。

■-2 Bがそのような状況ならば、別の医療機関を探したらどうかと思われる方がいるかもしれないが、もしもそれで済むのなら、私は、ブログにこの記事など書いてはいない。トイレは排泄の場であり、排泄は羞恥と屈辱の行為、つまりは人間の尊厳に関わる行為なのである。排泄に関わる男性差別が社会に存在する理不尽を許せない。しかもBは、倫理を貫くべきはずの医療機関なのである。なぜ男性に不当な我慢を強いるのか。私は(a)さんの説明に強いショックを受け、彼女に自分の思いを喋ることとなった。私の話しは、たぶん彼女のキャパを超え、彼女は、「小さいクリニックなので施設にも限界があって」などと、誰かに指導されていたかのような、対話にならない返答をくり返し、結局は「院長へのメールで・・・・・」とつぶやくのであった。

■-3 私は、クリニックAへの取組みを続けながら、クリニックBの院長に対して、やや長文のメールを書くこととなった。このメールを送信したのは7月17日。しかしB院長からの返信メールは、その冒頭を、彼があたかも倫理的であるかの如く取り繕いつつ、しかし私の要望を完全に無視した1通のみで、以後、既に半年以上経過した今日に至るまで、彼は私の要望を、完全に無視し続けている。要望に対する返信がないのである。彼は私と、人間としての対話をしない。この間、私は、クリニックBに対しては、その見学を含め、Aと同様の取組みを、県の医療安全相談センター、県の男女共同参画部局、B所在のW市保健所への申告、そして、X市地方法務局人権擁護課への人権侵犯被害申告と続けたが、その詳細は、長文となった「人権侵犯被害申告書類」に記されている。次回からは、その「人権侵犯被害申告書類」を、何回かに分けて掲載する。


posted by 翠流 at 05:21| Comment(2) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。
今回のウイルス騒動で、休校をめぐって、またしても女性の不満が溜まる事態になっているとされています。

それぞれの人々が、一個人として周囲を扇動しない範囲で不平不満を抱くならともかく、「女性は虐げられている」という声の下で、本当に虐げられるのは、「女性」の貴方により、その子供たちであることがわからないでしょうか。もちろん同じ苦しみを本来背負うべき夫も、さも女性だけが苦しむかのような言動によってあたかも犯罪者のようにされています。

子供を自分たちの社会的地位の二の次にさせてもらえないのが女性抑圧だというのなら、それを言うことでその夫や男性に謝罪を強要するのが好きなのなら、結婚して出産すること自体やめてほしい。

私ら男性差別を主張する側から見れば、まだ私たち大人は、自分で自覚して闘争しているのだからとやかく言えないかもしれないが、子供たちは男女闘争の被害者です。なかんずく母親のキャリアのために託児所に入れられないことを口に出して不満を言われたり、育児が邪魔だと言わんばかりのゲーム漬け留守番を強要されることになるなら、それが男女闘争によって不満を抱いた結果であるなら、僕がそこに生まれた子供であるなら「生まれない権利」「『女性差別』の八つ当たりにした母親を告訴する権利」を主張したいくらいです。

まして男の子などは、母親が自分が男児であること、自分のせいでキャリアや社会的享楽を失うことを不満に思っていること、それらのために父親を排斥していることは、すぐに察し、心に深い傷を負うと思いますが。
Posted by miyoshikimura at 2020年03月03日 20:16
miyoshikimuraさんは、
自分のブログを立ち上げる予定はないのですか?

なお、今回いただいたコメントの感想になりますが、
発言の契機となったニュース等を紹介していただけると、
コメントが分かりやすくなると思うのですが・・・・・。

Posted by 翠流 at 2020年03月04日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。