2020年01月22日

男性問題の世紀?・・・・・ 気になるニュース:No.1

YAHOO! ニュースから、気になる記事とコメントを引用する。
加害者の氏名は、アルファベットに置き換える。

【記事名】:横浜国立大学生が小学生にわいせつ「15回〜20回・・・」
                    2020 1/21(火) 20:12配信  TBS News
     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200121-00000107-jnn-soci

【記事本文】

 横浜国立大学の学生の男が小学生の女子児童にわいせつな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。
 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは横浜国立大学2年のA容疑者(21)です。A容疑者は去年10月、東京・稲城市の商業施設内で、小学校高学年の女子児童(10代)に対し、下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、A容疑者は廊下に1人でいた女の子の前に無言で立ち、いきなり襲って逃げたということです。
 取り調べに対して容疑を認め、「小学生くらいの子が好みで、我慢できなかった。2年ほど前から15回から20回くらいやった」と供述しているということで、警視庁は余罪につい
ても調べています。(21日16:20)
                        最終更新:1/21(火) 21:16 TBS系(JNN)

【コメント二つ】

◆ 中野円佳(オーサー):ジャーナリスト/『なぜ共働きも専業もしんどいのか』著者

 精神保健福祉士として加害者のヒアリングをしている斉藤章佳さん著 『「小児性愛」という病―それは愛ではない』では小児性愛加害者には認知の歪みがあり、性愛嗜好を実現するために自分自身の行為を正当化する、他の犯罪に比べても再犯が多く、長期の目的達成のために教師など子どもと接する職業に就くケースもあるなどの恐ろしい現実が描かれています。一方、加害者に共通する成育歴として虐待やいじめを受けた等の「逆境経験」があり、現実から目を背けたいときに、児童ポルノなどのトリガーに触れると性的嗜好のパンドラの箱が開いてしまい、依存症的にはまってしまうという生々しいプロセスが当事者たちの語りから明らかにされており、インターネットで簡単に児童ポルノ的な題材にアクセスできてしまう状況がこうした犯罪を増やしているのではと背筋が寒くなります。被害者をうまない、加害者・再犯を増やさないためできることを議論すべき時だと思います。

◆ ある人のコメント

 以前も類似の記事にコメントをしたことがありますが、どう考えても、男性の性犯罪が病的に増加していると考えざるを得ません。潜在化していた事象の顕在化ではなくて、確かな増加だと思います。このような状況に対して、厳罰化を求める声が多数あるようですが、それだけでは抑止力にはならないと思います、斉藤章佳精神保健福祉士の分析が妥当であるか否かについての、専門家による分析、評価も含め、この病的増加の原因を探り、根本的な対策を立てなければならないと思います。私は、斉藤氏の言う「逆境経験」以外にも小児性愛を加速させる外的要因があるように思いますし。他の性犯罪についても同様です。先入観、固定観念を持ちすぎるのではなくて、つまり「初めに結論ありき」ではなくて、事象を科学的に分析し、対策を立てなければいけないと思います。ある人は「21世紀は男性問題の世紀になる」と予見していました。それがまさに今のように感じるのです。


この記事へのコメント
>虐待やいじめを受けた等の「逆境経験」があり、現実
から目を背けたいときに〜

女性優遇・男性差別が際限なく進み、終わりの見えない日本社会への絶望感という、現実から目を背けたい男性は多くいると思います。
また、男女平等化の中で男性が得ていた利益は無くなった一方、男性としての性役割は変わらず強制されるという状況から、精神的に追い詰められている男性も多いでしょう。
更に、そのような状況から、それが女性への敵対心・女性嫌悪に向かってしまっている男性も一部には存在します。

そもそも、このような女性優遇・男性差別が続けば、男女間の対立が進み、溝が深まるのは目に見えている訳ですから、当然、殺伐とした社会になりますよね。

「男性問題の世紀」とは正にそうですね。
今後も男性差別が続けば、少子化・国力低下・治安悪化と、日本が滅ぶ道になると思います。
男性問題の解決が急務ではないでしょうか。
Posted by ファイン☆レイン at 2020年01月24日 23:51
公開でお願いします。

私は一個見過ごされている問題があると思うのです。
これは一見すると男性差別と関係がないように見えますが、大ありかとおもいます。

それは戦後になって性の自由と言われ、誰でもが好きなように性的快楽を追求する権利がある、となったことです。戦後は子供を残す為の性行為と、快楽のためとか性欲を満たすための性行為とは、峻別されていたところがありました。しかし売春防止法成立以降、むしろどんな人にも性的なものを煽る方向に向かったのかと考えます。

戦後の日本は、男が性を楽しむのだから女性にもそれを追求する権利があると、それを男女平等とみなす方向になってしまっているきらいがあります。それは女性の衛生・健康の問題になってしまった上に、出産という「リスク」を盾に取られ、男性糾弾の格好の材料となっています。

また、男性もいかんのでありまして、かなりの低年齢から性的快楽を満たされて当たり前という風潮が出来てしまいました。それで拒絶されることが自分の権利を恰も侵害されたかのように思われる風潮が。
実際、性的快楽追及を当然とみなし、その拒絶を糾弾した「反男性差別」のブログを見て違和感を感じたことがあります。

性的興味・欲望が少ない、或いは煽らないということこそ真の男女平等、いや、男女平等を問う以上に大事な社会建設に必要なんだといった思想家は、僅少ながらいます。例えばトルストイとかです。

しかし日本の社会はどちらかと言えば性的な煽りを、いとも簡単に人間の自由と結び付け、結局出産がリスクとなってしまい、女性の怒りを招く。そして自分らの責任もあったろうにそれを盾に取り、男性に敵対する材料を作る。

日本では性欲の寡欲を唱える者は、徹底的に少数派とされてしまい、力がない。例外は一部の堅苦しい宗教団体のみです。

出産を、性的な快楽追及の「リスク」としてしまった社会の真の犠牲者は、「リスク」として生まれてしまった子供たちであることも考える必要があるのです。児童虐待までいかなくても、家庭の精神が脆弱になることによる事実上の虐待や育児不可もありえます。
そして女性たちはその犠牲の責任を専ら男性の責任にしています。

男性差別の遠因に、戦後の性の自由というものがあることを、考えの一つに入れる必要があります。これは、趣味の多様化等により、性的な関心を緩和し、目をそらすということだけでは、十分に論議し尽せないと思います(趣味の多様化というのは、資材や資源を消耗し尽す危険がある)。

Posted by miyoshikimura at 2020年01月25日 21:05
もう一個付け加えさせてください。
今男性の中に、性犯罪厳罰化に対する疑念が生まれ始めているのは、犯罪どころか問題にさえならないものまで、女性の欲しいままに「性犯罪」とされる疑念ですよね。
男性の性欲は、本来法的にそれ自体が犯罪になるはずもないものです。
しかし、それ自体懸念されているのではありませんか。その懸念は残念ながらマスゴミなどでは省みられないです。
こんな話とことん突き詰めると、男性はそれ自体良い物か邪悪な物か、という話にさえなりかねんのです。
今の若い男の子は、建前だけか、本音も含めてか、「はい、僕たちは邪悪です」と言いそうです。
こんな変な事態は前代未聞ですが、起こりそうです。
Posted by miyoshikimura at 2020年01月25日 22:01
さらなる追記失礼します。
そして翠流さん、いつも有難うございます。
性の自由、不自由に考えがあっても、反男性差別では一旦まとまらなければならないと思います。

男性が男性というだけで、社会的地位やプライドを喪失することを美徳とすることこそ問題です。
Posted by miyoshikimura at 2020年01月30日 08:39
お二人へ、

ファイン☆レインさんとmiyoshikimuraさんのコメントへの感想・返信を含め、
記事をアップしたいと思っているのですが、
その前にすべき私事が色々あって、手が回りません。
遅れますが、ご容赦ください。

とりあえずの、返信まで。

Posted by 翠流 at 2020年01月30日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。