2020年01月14日

男性にも専用トイレを ・・・【医療機関:その4】

大腸内視鏡クリニック【A】への取組み ・・・ (No.1)

【記事−@】:はじめに

本題に入る前に、関連事項として記しておきたいことが幾つかある。

◆-1 私には、以前、大腸ポリープのできやすかった時期があり、合計10個程度ではあるが、鉗子によると思われる切除を受けている。そのほとんどは良性であったが、1度だけ、5段階指標の3と診断されたことがあり、早期の再検査を行った。これは、クリニック【A】受診以前である。

◆-2 一方、私は、大腸内視鏡挿入困難と診断されており、名医を求めてクリニック【A】にたどり着いている。【A】の初診は12年前(2008年)。今回の検査は昨年(2019年)3月。その前の検査は2016年3月。今回(昨年)の検査結果はS状結腸に2mm程度のポリープが1つで、「消える可能性もあるから放置して2年後に検査」と指示されている。従って私は、来年の3月頃に再検査を受けるはずの患者である。

◆-3 クリニック【A】は、大腸内視鏡検査の前処置フロア(下剤服用)と検査フロアが分かれている。前処置フロアには多数の患者が集まり、漸次入れ替わる。私は、今回はホテルで下剤を服用したため、前処置フロアを通らずに検査フロアに行った。

◆-4 前回の検査日(2016年3月)に、検査結果の説明を担当したJ医師と私の間で交わされた会話が、記事「健康支援の性差」(2016年09月21日)の後半に記されている。文中の「ある人」がJ医師である。その会話が私のカルテに記されていることを、私は後述(◆-8)のような経過で知るが、それが、私に対する人物評価・処遇と関わる可能性を感じるので、ここに記しておく。私は、J医師との会話の中で、大腸癌死亡について当時全国に拡散していた男女差の表現、「大腸癌死亡は、女性で1位、男性で3位。」について、それが死亡の実態(死亡数は女性より男性の方が多い)と乖離している旨を指摘した。この件の詳細は、記事「健康支援の性差」の後半に記してある。

【記事ーA】:取り組みの概括的経過と現状

◆-5 今回の検査時(2019年3月)のトイレの状況を記す。前述のように、私は前処置フロアを通らずに検査フロアに行き、検査フロアの、検査用トイレを使用している。このため、ここでは検査フロアの状況から記す。前処置フロアの検査用トイレについては、後日、クリニックの事務長にその状況を確認しており、問題は検査フロアと同質であるが、具体的な状況は後述する。

◆-6 検査フロアの検査用トイレは、通路に沿って9個の個室が並んでおり、2008年の初診から2016年の検査まではドアに性別表示プレートがなく、すべて男女共用であった。ところが今回の検査時(2019年)には、2室に女性専用の表示プレート、残りの7室に男女共用の表示プレートが貼ってあり、男性には専用トイレが設定されていなかった。つまり、クリニック【A】は、排泄時のプライバシーについて、女性に対しては配慮を向上させたが、男性に対しては、同等の配慮はしなかったのである。排泄に関わる羞恥の問題については、いずれ、特にクリニック【B】への取り組みの中で詳述する機会があるが、私のような感受性の男性にとっては、この、クリニック【A】の処遇は、精神的に非常にきつい。それは、男性に対するジェンダーハラスメントである。検査フロアのトイレの状況については、私は繰り返し検査を受けているから経験的によくわかっているが、ここのトイレは常に複数個が空いており、私は毎回、個室を選んで使用することができたのである。従って、私がクリニック【A】に要望してきた事項、具体的には、「女性だけに専用トイレを与えるのではなく、現在男女共用となっている7室のうち、2室を男性専用にする」ことには、検査の前処置上、全く問題がないと判断されるし、併せて患者数の男女差に言及すれば、既に事務長に確認済みであるが、クリニック【A】の患者は、女性より男性の方が多いのである。また、必要経費についても、プレートの付け替えだけで済む話しなのである。

◆-7 上記のような要望について、私は、クリニック【A】への直接交渉を含め、次の4通りの道筋で取り組んできたが、院長は私の要望を拒否し続け、改善は今も皆無である。

 (1) クリニック【A】への直接の要望

   ・窓口は一本化されており、事務長が、院長の代弁者として私に対応している。他
   の職員との会話は、私が望んでも拒否される。トイレの女性限定配慮の理由を聞い
   たところ、最初は次のような回答であった。

      「女性専用トイレは、女性からの要望が多かったから設置した。男性専用ト
      イレは、あなたの要望だけでは設置しない。今後、他の男性患者から要望が
      出てくれば、その段階で検討の対象とする。」

   ・しかしこの回答は、医療安全課相談窓口を通じた申告(下記(3))の過程で、次
   のように変化する。

      「今の日本の社会は女性優遇の方向で動いている。だからうちのクリニック
      も女性優遇にした。」

 (2) クリニック所在地(K市)の男女共同参画センターが行っている「性別による差別
  等の相談」への申告。

   ・申告書類は送付したが、私の居住地がK市ではないという理由によって、相談の
   対象から外されてしまった。

 (3) K市 医療安全課 相談窓口への申告
 
   ・ 医療安全課は私の要望をクリニック【A】に伝えてくれたが、後日、私が【A】
   の事務長に確認の電話を入れたところ、「確かに要望は聞いたが、受け入れること
   はできない」と言われた。私が改めて理由を聞くと、「今の日本の社会は女性優遇
   の方向で動いている。だからうちのクリニックも女性優遇にした」という返答が返
   ってきた。ひどい話しである。

 (4) K市地方法務局人権擁護課への人権侵犯被害申告

   ・昨年の4月4日に被害申告をしたが、8月中旬に「人権侵犯事実不明確」の結論
   が出てしまった。この件について、クリニック【A】の認識を確認するために改め
   て電話を入れ、事務長に、男性専用トイレ設置について意向を聞くと、「ダメだ」
   と強く拒否されてしまった。

 【A】については、以上のような状態で現在に至っている。私は今も、クリニック【A】の患者であるが、このままの状態で、来年3月の検査など、受けるはずはない。

(続く)


posted by 翠流 at 00:22| Comment(10) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事ありがとうございます。
前に書いたというのは(コメントか私信かは覚えていませんが)ハラミ会について書いたものです。
ハラミ会をしない方がいい、と書いた某大学の副教授(?今となっては思い出せませんが)を解職してほしいと匿名で投書した旨書きましたが、何か間違えて翠流様に届かなかったとも考えられます。

また、「知りました」については、回りくどい説明になりますが聞いていただけますか。
私は男女対立を、米国の黒人対白人の対立と対比するために、黒人保守思想家シェルビー・スティールの一連のアファーマティヴ・アクション反対の書物を読んでいます。
昔、白人男性は黒人を虐げていましたが、第2次大戦でそれなりに欠乏からの自由と、一定の平和の枠組みを形成し、かつ、全世界が知るような映画、自動車産業などを作り上げてきました。
ところが公民権運動以後、白人男性のやってきたことが何でもダメ、恥ずかしいと思えの一点張りになり、社会形成の正当性にひびが入った結果、差別者の汚名をそそぐためにはどこまでも自虐的になり、責任回避を美しい言葉でかざるべく、黒人優遇を打ち出すようになったと言うのです。

なぜ男性であってもフェミニズムに走りたがるのであろう?自分の権利・財産・社会的希望の切り売りになっても、ついには男性差別であっても、「それは良い差別だ」と言うに至ったのであろうか?と。

そして、私が20年かけて得た結論が、人間は自分の後ろめたさを補うために非建設的な行為を容易くとる生物だと知ったということです。私がフェミニズムの隆盛を見て、人間そのものに失望したのは、男性の(あるいは或る民族・ある国家全体の)集団自殺に等しいものを見させられたためです。そこに、滅びを望まない者を無理やりに巻き込まないべきであるということです。


また、よろしくお願いいたします。




Posted by miyoshikimura at 2020年01月14日 17:52
miyoshikimura様

>前に書いたというのは(コメントか私信かは覚えていませんが)ハラミ会について書いたものです。

1年ほど前に「非公開」扱いでコメントをいただいております。
長文のコメントです。
保存はしてありますが、私に踏み込める内容ではないと判断し、
返信は、いたしませんでした。

今回のコメントにつきましては、
時間を置いて、
ここに、公開コメントとして、
返信いたします
Posted by 翠流 at 2020年01月15日 09:37
miyoshikimura様

拙い返信を書くことになりますが、
私は、若い頃から社会科学的な学びには興味がなく、
従って今も、同類の見識は甚だ脆弱で、
miyoshikimura様のような学びはしていませんし、見識もありません。
私は、今の日本で生活する一人の市民、或いは国民として、
生活実感、生活感覚に立った発言をしてきただけです。
しかし、それこそがまさに、
今を生活する、生活者としての実感であって、
人権上の配慮として、
最大限、尊重されなければならないはずの要素だと考えます。

今を生きる私たちは、過去の差別の加害者ではありません。
今に残る差別に対しては、それが女性差別であろうが男性差別であろうが、
今を生きている人間として、
各個人の特性と能力に応じた対峙をすることになりましょうが、
その過程で、過去の差別の責任を背負わされるのは、
或いは、むしろその責任を自ら自虐的に背負うような、
積極的感甘受が是であるかのような美学を持つのであれば、
それは、ある人の言葉を借りれば、「時空を越えた連座制」の肯定、
或いは、自己陶酔的でさえあるかもしれない贖罪感を含んだ、
時空を越えた連座制の積極的推進であって、
逆差別を是認しつつ、報復の連鎖を招来し、
ひび割れた、歪んだ男女関係を作り出していくと思うのです。


硬い文章になってしまいましたが、
関連して、おたずねしたいことがあります。
miyoshikimuraさんがおっしゃっている「男性の(あるいは或る民族・ある国家全体の)集団自殺に等しいもの」は、具体的には、どのようなことなのでしょうか?

なお、追記しますが、
今の日本の、社会の上層に位置している男たちが行なっている女性優遇には、
本質的には、
自己本位の金儲けとか、女性の人気取りとか、時流に乗って成功したい打算とか、
そのような性質のものが多いように感じます。
また、和製(?)フェミニズム運動家が、
奔流の如く推進している女性優遇運動、女性限定支援運動も、
本質的には、
甘えた女性の、自己中心性の表出、顕在化ではないかと感じます。
憲法14条の理念は、日本の社会には根をおろしていないと、
強く感じています。

Posted by 翠流 at 2020年01月17日 14:24
レスありがとうございます。
ブログ本文とかけ離れているので書くのも恥ずかしいのですが、もう少しお付き合いください。
ただ、文面から私が誰であるかを特定されたり、不特定多数と討論して論難されるのが大嫌いなので、本当はメールで意見交換をするのがいいのですが。自分がブログをやらず、公の闘争を翠流様たちに委ねて逃げてしまっているのは情けない話ですし、民主主義の人間としてどうなのだろうという気はします。

さて、反男性差別のブログが滅んでいくというのは、翠流様以外にはこんなブログが多いことです。そういうブログは読者も減っているようです。困ったことに、今までまともなことを言っていたブログまでも突然態度を変えることもありました。
@反男性差別だが、女性に向けて「専業主婦になれよ」とか言っているブログがあること。知識が豊富であっても、反男性差別であっても、そのために女性差別を是認しているようにしか、現在は取れないと思われます(注意:専業主婦を勧めようが賛美しようが、本来女性差別には直ちにはならない。ただし、その内心の公正を立証するのが難しい)
Aさらに一歩進んで、本来痴漢をする権利があるので、それを回復してほしいとまで匂わせる文面を書いているブログもあった。
B暴言が多いブログがあったし、匿名掲示板は暴言だらけである。フェミニスト相手なら何を言ってもいいという論調。フェミニストが打倒されなければならないのは、彼女らが公正でないからでは?同じことをやってどうするのだろう。また、下品下劣な文章もうようよしている。
C文化にまで踏み込んで、半ば言論弾圧的な反女性論を書くブログもあった。反男性差別主義者にも、色々な読者がいるため、彼らを敵に回しかねない。また、そのブログに批判された者には、どちらかと言えば男性を称えるような作者もいたので、その一言一言を全て男性の意に添うようにと矯正するような態度は、マスキュリズムの信用を貶めている。
D反男性差別の話だけを純粋にしないブログがあった。よく反男性差別=右翼・極右と言われるが、好き好んで左翼を敵に回し、迎え入れない態度をあらわにしている者がいる。「結局男=右翼・極右・民族派・ナチ好き・男根主義・暴力礼賛・・・」と言われたいのだろうか。
 昨日までまともな態度をとっていて、突然豹変した者もいることから、なかなか次にいいブログを、多数見いだせないのです。

 昨日からレディーファーストやら女性専用車両の特集で、ネットはまた騒然としているようですね。もうやめてほしいと言ったら、次はこの世から失せろと、あの思想の男女は言うのでしょうか。洗脳され切った人々は楽でいいですね。ポリコレという言葉は、旧ソ連史の「最高の合目性」と言い、スターリニズムそのものを指して言う言葉なんですが…言い過ぎでしょうか?

 すみません。長いので一回切ります。
Posted by miyoshikimura at 2020年01月17日 17:54
追記
もともと右翼を標榜しているサイトが反男性差別であっても、そのサイトが右翼であることは、非難できない。
もともと反男性差別を標榜しているサイトが右翼を突然言い出すと、左翼の反男性差別主義者が遠のく。
ちなみに左翼は皆フェミ、というのはおかしい。
反男性差別でまとまるべきなのです。他の主張は他の主張で論戦すればいいかと。
そして、反男性差別の間にある細かい争いを避けねばならないかと。
例えば、私は翠流様とはやや主張が異なり、女性差別は言う程無かったし、これはフェミに作られたと思っています。

それから最後に問題なのは、いずれネット外で反男性差別を言える時代が来ても、オフで会ったらその人格に幻滅することも考えます。反男性差別を主張する活動家は僅少なので、その人数を埋めるために性格の良くない人を招き入れることは嫌です。

朝からミサンドリックなドラマが流れて、それを母が熱心に見ています。

ちなみに心理的集団自殺の話は、非公開にしたいのですがよろしいですか?

コメントいつもありがとうございます
Posted by miyoshikimura at 2020年01月18日 08:31
miyoshikimura様

今朝いただいたコメントの中の「心理的集団自殺の部分」は、
どのコメントをさしているのでしょうか?
また、今まで公開扱いにしたコメントで、
非公開にすべきものがありますか?
今朝いただいたコメントは、公開でよいのでしょうか?
なお、今後コメントをいただく場合は、
公開か非公開かの明示をお願いいたします。

Posted by 翠流 at 2020年01月18日 15:45
今朝のは公開でお願いします。
いろいろありがとうございます。
度々出しゃばり申し訳ないです。なお、今朝の当方のコメントに矛盾があると思いますが、そのまま載せてください。
Posted by miyoshikimura at 2020年01月18日 15:59
miyoshikimura 様

私は、男性差別関係のブログを、広く読んでいるわけではないのですが、
miyoshikimuraさんが例として挙げた@〜Dについて、感想を書きます。

@ 私は「多様性を認めなければならない」というスタンスですから、「専業主婦になれよ」という主張は否定的に捉えます。専業主婦を志向するのも、「主夫」を求め自分は仕事に生きたいと思うのも、志向性という意味では、個々の女性の自由だと思います。ただ、言葉の持つ意味が文脈の中で変わることはあるでしょうから、ブログ全体との関係も重要だろうとは思います。また、夫婦関係がどうあるべきかとか、家庭がどうあるべきかという問題になれば、当然、家族との関係が生じるわけですから、各論的に、色々あると思います。

A その人がどういう意味で書いていたのか知りませんが、基本的には、論外のはずです。

B ネットは匿名可能の世界ですから、暴言汚言、下品下劣な文章がまかり通るサイトは少なくないようで、呆れると言いますか、大変嘆かわしいと思いますが、そういう発言は、結局どこへ行っても、まともな世界からは相手にされないのではないかと思います。なお、私がアナログ世代の世間知らずだから気づかなかったのかもしれませんが、ネットの匿名の世界には、裏の人格として汚言暴言の病的人格を併せ持っている人物がいるようで、注意しなければと実感しています。日常的に交流のある同僚や知人であれば、人柄は概ね見当がつくのですが、ネットの匿名世界ではそれがわからない。注意しなければならないと思っています。

C 意味を判読しきれないので、コメントは控えます。

D 差別問題を、初めから右翼・左翼と結び付けるような人はいますが、私は、なぜそのように論じるのか違和感を感じます。それは私が政治意識の希薄な人間だからかもしれませんが、基本的に、差別問題は、まず、生活の中に存在する人権問題として捉えられるはずのもので、それを解決するための理念や施策に踏み込む時に、政党との関係が論じられるのではないかと思います。

>昨日までまともな態度をとっていて、突然豹変した者もいることから、なかなか次にいいブログを、多数見いだせないのです。
・・・・・・・・ 私は、男性差別関連のブログを、必ずしも広く見ているわけではないのですが、学びを与えられたブログはあったと、感じています。

>反男性差別でまとまるべきなのです。他の主張は他の主張で論戦すればいいかと。
・・・・・・・・ 私のスタンスは、上のDに書いた通りですから、miyoshikimura さんに近いのかもしれません。

>そして、反男性差別の間にある細かい争いを避けねばならないかと。
・・・・・・・・ 私も、そう思っているつもりです。男性活動家は、連帯よりも、議論に勝つことのほうを望んでいるような気がします。それに比すれば、女性は、共感的連帯が非常に得意だと思います。

>例えば、私は翠流様(→翠流さんにしてください)とはやや主張が異なり、女性差別は言う程無かったし、これはフェミに作られたと思っています。
・・・・・・・・ 私は外国のフェミニズムは全く知りませんが、和製(?)フェミニズム活動家の発言や行動を見ていると、女性を被害者にしたがる願望が強いと感じますし、客観的事実と乖離して、女性側の被害を強調する、非常に自己中心的な発言や行動はあると感じています。この認識は、miyoshikimura さんがおっしゃる「女性差別は言う程無かったし、これはフェミに作られたと思っています。」と、結びつくかもしれません。

>いずれネット外で反男性差別を言える時代が来ても、オフで会ったらその人格に幻滅することも考えます。
・・・・・・・・ そういうことは、あり得るかと思います。

>反男性差別を主張する活動家は僅少なので、
>その人数を埋めるために
>性格の良くない人を招き入れることは嫌です。・・・・・・・・ まさにその通りだと思います。「性格」は重要だと思っています。

(以上です)

Posted by 翠流 at 2020年01月18日 22:46
miyoshikimura 様

コメントを、よく判読できないのですが、
1/19 17:47 にいただいたコメントは「非公開」でよろしいのでしょうか?
なお、私にも私事があって、率直に申し上げて時間に余裕はないのです。
ですから、返信不可のことはありますし、
返信可でも、短文になることが多いと思います。
ご承知置きください。

追記しますが、私の基本的なスタンスは、
概括的に言えば、
人間の多様性を踏まえた、平等な人権尊重です。
平等とは、現実と乖離しない配慮を、誰に対してもすることです。

また、私には社会科学的な見識はないので、脆弱な発言になりますが、
率直に言えば、
フェミニズムにも、マスキュリズムにも、
違和感があります。
どちらも、片手落ちだと感じるからです。

今回は、以上です。


Posted by 翠流 at 2020年01月19日 23:54
はい。
1/19 17:47に書いたコメントは非公開でお願いします。
Posted by miyoshikimura at 2020年01月21日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。