2018年07月29日

GSさんへの返信として: 曽野綾子「無名碑」紹介文

前回の記事「西日本豪雨関連(1)」にコメントをくださったGSさんの、
私への返信(7月26日 7:40)に、
「パ−ト(肉体労働)で働いています。忙しいです」という一節があり、
私は、その言葉に、
以前、ネットで読んだ、無名碑(曽野綾子)の紹介文を思い出していた。
私はこの小説を読んだわけではなく、
GSさんの言葉の背景を知るわけでもなく、
従って、はなはだ独りよがりの一文にはなるが、
紹介文には次のような一節があり、
心に残っていた。

  「娘を亡くし、妻の狂気に悩み、過酷な自然条件と闘い、ライフ・ラインの建設に
  立ち向かう土木技師の誠実な、孤独で生きる男の姿を描いた大作である。」

文中の、「誠実な、孤独で生きる男の姿」という一節に、
胸の熱くなる思いがする。
男性の誠実な生き方が、
自己中心的なフェミニズム運動や、
配慮が女性ばかりに傾斜する社会状況に翻弄され、
踏みにじられるような現実を感じている私には、
忘れらない一節であった。
紹介文を次に記す。

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranB/TPage.cgi?id=100&p=1
《A-2ダム建設に挑む技術者たちの人間性を追求した作品(その2)》

  ダム便覧 曽野綾子 無名碑
   → 田子倉ダム[福島県] ダム便覧 一般社団法人 日本ダム協会
    →(下にスクロール)表の「テーマページ」最下段 
       ダムの書誌あれこれ(6)〜小説を読む[下]
        →《A-2ダム建設に挑む技術者たちの人間性を追求した作品(その2)》
【紹介文】
   曽野綾子の『無名碑』(講談社・昭和44年)は、土木技師三雲竜起が田子倉ダムを
  はじめ、名神高速道路、タイのアジア・ハイウェイ−の建設に挑んだ物語である。娘
  を亡くし、妻の狂気に悩み、過酷な自然条件と闘い、ライフ・ラインの建設に立ち向
  かう土木技師の誠実な、孤独で生きる男の姿を描いた大作である。本書のオビに「土
  木技師三雲竜起の造る巨大な碑にその名が刻まれることはない」とある。このことか
  ら『無名碑』の題名となったのだろう。施工業者の前田建設工業(株)の協力によっ
  て、著者は、只見川の田子倉ダム、名神高速道路、タイのランパ−チェンマイ・ハイ
  ウェイ−第2工区の現場まで足を運び、取材された。
                                    (以上)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。