2017年08月01日

「ルーツ」さんへの返信 : 「カフェ・ド・クリエ」の件

記事「ジェンダー・アイデンティティ(2)」のコメント欄に、
「ルーツ」さんという人が、下記のようなお便りをくださった。
消費の世界は勿論のこと、国や自治体・公的機関でさえ、
女性限定優遇の施策を平然と行う異常な時代にあって、
しかし、たたかえば男性差別の解消は可能なのだと、
そういう実例の提示と共に、
若い力を感じさせてくれるお便りであった。
カフェ・ド・クリエの件については、
私は、このブログに書いてきたような取組みを行ってきたという理由によって、
今後の個人的な行動については、
「返信」に記すような一定の制約があると意識しているが、
基本的なスタンスは「ルーツさん」への共感であって、
それが、拡散の意味も含めて、この記事の掲載を促すこととなった。

このブログに来てくださる皆さんはご存知であろうが、
今、ネットでは、男性専用車両設置を求める署名活動が進んでいる。
評価・スタンスは多々あろうが、
そのHPから、奥野さんという人のコメントを引用する。
私は彼の、女性の特権階級化を懸念する認識に、強く共感する。
女たちだけのために企図されている様々の利益誘導は、
紛れもない女の特権階級化であり、
それが既に、定着の気配を見せる時代になってしまった、と私は思う。

   【引用文】 冤罪はもはや下手をすれば尊い男性の命まで奪うものとなってしまいました。
      また、同じ料金をはらっていながら、乗車車両を名目上でも制限される事は、今後
      若年者の間で、女性は特別な権利を有しているとの意識付けになってしまう可能性
      があります。男女は同権です。これから日本を支えていく若い男性たちのためにも、
      男性専用車両導入を切に願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「ルーツ」さんからの便りを記す。

   少し、記事の内容と乖離してしまうのですが、先日このブログで紹介されてた新宿サブナードの
  カフェ・ド・クリエに女性専用トイレだけしか設置されていないことについて電話で苦情を入れま
  した。しかし、電話に出た店員は上の人間に報告するとだけで、具体的な対応は何も無しとのこと
  で非常に憤りを感じました。
   先日、マクドナルド上大岡店にトイレの件で大量に苦情が届き 女性専用⇒共用トイレになった
  経緯もありますから、皆で協力して新宿サブナードのカフェ・ド・クリエに苦情を入れませんか。
  多くの人間が協力すればマクドナルドのように改善することが出来ると思うので、よろしくお願い
  します!

ルーツさんへの返信

  コメントありがとうございました。
  マクドナルド上大岡店の女性専用トイレの件、
  共用になったことは、ルーツさんのコメントで初めて知りました。
  以前、新宿の某レストランの男性差別のときも、
  同様の働きかけで、差別が解消したと記憶します。
  法務局(法務省)の判断や、男女共同参画部局の施策が、
  実質的には、「初めに女性優遇の結論ありき」の男性差別の時代にあって、
  「大量の苦情」の意義は非常に大きいと感じます。
  ただ、私「個人」の、カフェ・ド・クリエへの直接的な働きかけについては、
  このブログに書いてきましたように、
  私の取組みの結果が、法務局から届いた「人権侵犯事実不明確」の通知であったという事実から、
  今後、私が個人としてできることは、裁判しかないのではないかと思っています。
  そこでとりあえず、間接的な支援でしかありませんが、
  この返信を含めたブログ記事をアップすることにしました。
  今の私にできることはこの程度ですが、
  もしも発言の思いあれば、
  また、コメントをください。


posted by 翠流 at 03:06| Comment(1) | 人権擁護への思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この度蜻蛉さんより暖簾分けして頂いた『チク・パソンの男性差別にパソン砲』を旗揚げしたので挨拶に伺いました(なかなかコメント出来ないので簡素に)
Posted by チク・パソン at 2017年10月05日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。