2017年06月06日

「ポジティブ・アクション」 の今

日本全国で行われるようになった女性優遇活躍推進のルーツをたどれば、
恐らくは、女性に対する特別な配慮を合法化するための計画的戦略として、
男女共同参画社会基本法第二条二項(注1)の導入があり、
          (注1)記事「裏切りの男女共同参画」の(注2)参照
それに成功した女性優遇活動家たちの目論見が、
安倍首相の「光り輝く女性」発言と共に政治の表舞台に登場し、
彼女たちの思惑通りの今が実現したのだと思う。
そういう、女性優遇活動家と安倍首相が選択した施策を、どう評価するかについて、
ある人のブログに、次のような引用記事があった。
題名は、『女性優遇企業に「アメ」を配って女性採用を後押しする実態』。
全文は後掲するが、記事の最後に、次のような文章がある。

   多くの職場でこれまで女性の割合が低かった背景に、企業が女性を差別してきた
   経緯があるのは確かだろう。しかし、それを是正するために女性を優先採用する
   のは、女性差別が男性差別に変わっただけではあるまいか。

私も、この3行のように思う。
要するに、女性優遇活動家たちは、
女性への特別な配慮を「逆差別」と言わせないための計画的戦略を構築してきたのであって、
今の社会で行われている女性優遇採用、女性優遇昇進の内実は、逆差別そのものだと思う。
以前、ある男性が、彼のブログの中で、
「もしもあなたを優遇すると言われれば、こちらからそれを拒否する」と言っていたが、
そういう正義の気概は、女性優遇活動家には、微塵もない。

ところで、既に、記事「男性の自殺」の中で書いてきたが、
経済・生活問題、勤務問題で自殺する男性は多い。
しかし私は、そういう男性に対する支援のメッセージを、
安倍晋三という人から聞いたことがない。
彼は何故か、女性には、特別優しく、
「日本の女性を、世界で一番光り輝く存在にしたい」などと言い、
男性差別の、女性優遇政策を展開している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【引用記事】

『女性優遇企業に「アメ」を配って女性採用を後押しする実態』 (2017.5.22)
    https://www.news-postseven.com/archives/20170522_553461.html 

■ 堂々と女性を優先採用する企業が続出

 全国各地の政府系機関に次々と「女性優先採用」や「女性限定採用」が現われ、しかもそれを政府が推進している。国家主導の「女尊男卑」の時代ともいえるが、政府系機関に限った話ではない。

 民間企業でも「新卒・中途採用において、同程度の能力であれば女性を優先的に採用する」といった文言を掲げる企業が続出している。

 なぜこんなことが起きているのかというと、平成17年施行の「次世代育成支援対策推進法」や昨年4月施行の「女性活躍推進法」を根拠に、政府は企業に対し、子育て支援や女性採用の「行動計画」を作成させ、達成した企業を厚生労働大臣が優良企業として認定する制度を実施しているからである。

 実態は“強要”に等しいが、一方で「女性活躍加速化助成金」という助成制度では、企業が女性活躍に関する「数値目標」と「行動計画」を策定し、その目標を達成したら、助成金(30万円)が支給される。

 自治体でもこうした支援が盛んに行なわれており、例えば東京都では「女性の活躍推進人材育成研修」を開催。それを受講して社内に「女性の活躍推進責任者」を設置すると、奨励金30万円が支給される。

 さらに、その「責任者」が東京都の「フォローアップ研修」を受講した上で「行動計画」を届け出て、かつ行動計画の「社内向け説明会」を実施すると、さらに30万円(計60万円)の奨励金が上乗せされる。

 女性を優遇する企業に“アメ”を配って、女性採用を後押ししているのである。

 多くの職場でこれまで女性の割合が低かった背景に、企業が女性を差別してきた経緯があるのは確かだろう。しかし、それを是正するために女性を優先採用するのは、女性差別が男性差別に変わっただけではあるまいか。
                          ※週刊ポスト2017年5月26日号


posted by 翠流 at 02:04| Comment(2) | ポジティブアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
都議選での「安倍氏 VS 小池氏」は小池氏に軍配でした。安倍氏も小池氏も、21世紀初頭の小泉政権時代はともに小泉首相の秘蔵っ子?で「盟友」でしたね。
Posted by 反排除専用 at 2017年07月03日 20:20

反排除専用 様

政治意識の希薄な私は、小泉政権時代のことはわからないのですが、
安倍という人が、女性活躍推進法で、自己本位のフェミニズム運動に国家権力を与え、
小池という人が、これから先、
女性優遇列島の完成に向かって、邁進するような気がしますね。

Posted by 翠流 at 2017年07月08日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。