2016年09月21日

健康支援

既に指摘してきたように、
男女共同参画基本計画の「生涯を通じた女性の健康支援」は、
第三次計画であるにしろ第四次計画であるにしろ、
題名は勿論のこと、内容についても、
「男女の人権の尊重」を謳った「男女共同参画社会基本法第3条」と乖離して、
初めに女性優先・女性優遇の結論ありきの、男性差別の施策である。
男女局は本来、その名の通りの「男女共同参画」の部局であるべきはずなのに、
内実は、自己本位のフェミニズム運動の発信基地となっている。

男性に対する性別観が男性に課す戒め、
例えば、「男性は苦しみを表に出してはならない。配慮を求めてはならない。一人で困難に耐えなければならない」というような、
男性に対する人権軽視・人権無視の是認につながるような戒めを廃し、
数値として示された客観的な事実に基づいて書けば、
「いのちの危機」に直面しやすいのは、女性より、むしろ男性であって、
それは例えば、既に数値として示してきたような、
明白な性差としての、男性に顕著な「悪性新生物や自殺による死亡」等に表れている。
このような事実をふまえて、
第四次男女共同参画基本計画の「生涯を通じた女性の健康支援」を読めば、
男女局の、男性軽視は明白である。
男女局は、男性の危機とは真摯に対峙しない。
項目として触れる場合であっても、女性に対する手厚い配慮に比べれば、
余りにも、形式的、或いは表面的である。

ところで、男女局の施策だけではなく、
様々の媒体を通して国民に発せられる健康支援関連のメッセージには、
女性側への支援に傾斜した表現が、広く存在する。
例えば、医療情報として頻回に発せられてきたメッセージ、
「大腸癌による死亡は女性では1位、男性では3位である」という表現に、
私は初めから違和感を感じてきた。
この、性別死亡順位だけのメッセージは、下記のような性差の実態と乖離して、
大腸癌死亡は「女性に多い」という印象を国民に与えるからである。

  大腸癌による死亡 : 2014年 (死亡率は性別人口10万人に対する死亡数を示す)
         死亡数  (死亡率)     
      男性 26,177 (47.4)     
      女性 22,308 (34.6)     

実はこの件について、私は、今年の3月、全国でも有名な内視鏡の名医の「ある人」に、
「表現が死亡状況の性差(実数)を正しく反映しておらず、適切さを欠くのではないか」と、
直接問いかけたことがあった。
すると彼は、「女性の検診率を高めるためだ」と、
羞恥の問題を絡めて、私の予想通りの答えをしたのであった。
しかし、この彼の発言には二つの問題がある。
一つは、男性の感受性の多様さを無視した、不当な性別観の押し付けである。
女性に限らず男性でも、羞恥心や屈辱感の強い人は大腸内視鏡検査を拒むが、
彼はこの事実を無視し、不当な性的偏見を拡大させる発言をしたのである。

しかしそれは、今回の件については、問題の本質ではない。
問題は、男性の死亡率(死亡数)が女性より高いにもかかわらず、
「大腸癌による死亡は女性では1位、男性では3位である」という表現によって、
女性の危機の方が、現実と乖離して男性より強調され、
それが、恐らくは無批判のままに専門家の間も通過して、
社会に拡散したことにあるのである。

男性の困難は、現実に比して抑制的に報道され、
女性の困難は、それを強調するように報道される。
男性は支援を受けにくく、女性は支援を受けやすいのである。
それが、社会に存在する男性差別の力関係である。

同様の現象は、癌による死亡・罹患等の状況を、
男女別の平面でグラフ化する場合にも、しばしば見られる。
例えば、死亡の年次変化を、癌の種類別に折れ線グラフで表示する場合、
縦軸(死亡数)の目盛りの取り方を男女で同じにすれば、
癌死は男性に多いから、必然的に男性の座標平面が大きくなり、
直感的印象としても、事実がそのまま伝わるが、
縦軸の目盛りの取り方を男女で変え(目盛りの幅を女性で大きくする)、
男女の座標平面の大きさが同じになるように操作するのである。
この場合、癌死の実態は、直感的印象としては伝わりにくく、
癌の種類によっては、事実と逆の印象を与える場合もある。

ところで、今年の5月末のことであるが、
私は、あるネットニュースがきっかけとなって、
「日本対ガン協会」が使っている「5大ガン」という表現を気にするようになった。
この表現にもまた、同様のメッセージが含まれているからである。
この件については、後日、機会を改めて書きたいと思う。

posted by 翠流 at 13:23| Comment(0) | 人権擁護への思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。