2015年11月10日

再び、名古屋市職員採用試験

名古屋市のホームページに記された、
平成22年度以降6年間の、名古屋市職員採用試験(第1類・事務系)の合否状況(下記URL)と、
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000070/70796/H27_dai1rui_jisshijoukyou.pdf
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000010/10992/H26-kekka.pdf
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000010/10992/H25-kekka.pdf
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000010/10992/H24-kekka.pdf
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000010/10992/H23-kekka.pdf
  http://www.city.nagoya.jp/jinji/cmsfiles/contents/0000010/10992/H22-kekka.pdf

それをもとに算出した「一次試験男女別合格率」、及び「一次合格者の二次試験男女別合格率」を、
この記事の後半に、素データとして掲載した。
それをもとに、「行政一般」「法律」「経済」「社会福祉」それぞれについて、
6年間の「男女別合格率」の推移を示すと次のようになる。

         (注)試験内容は次の通り
             一次試験・・・・・行政一般・学校事務・・・・・・・教養試験     
                    法律・経済・社会福祉・・・・・教養試験・専門試験
             二次試験・・・・・論文試験・口述試験            

行政一般  (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    27%   24%    24%   42%
H26    24%   19%    32%   56%
H25    23%   20%    33%   49%
H24    28%   20%    27%   58%
H23    32%   24%    32%   61%
H22    12%    9%    40%   60%

法律    (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    67%   66%    28%   71%
H26    59%   61%    36%   72%
H25    47%   50%    38%   77%
H24    46%   45%    42%   68%
H23    54%   60%    40%   69%
H22    29%   23%    50%   88%

経済    (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    67%   67%    41%   74%
H26    67%   74%    42%   78%
H25    47%   60%    35%   67%
H24    68%   64%    43%   72%
H23    77%   84%    45%   85%
H22    30%   33%    60%   83%


社会福祉  (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    63%   76%    26%   63%
H26    71%   82%    38%   61%
H25    55%   51%    37%   87%
H24    67%   64%    56%   70%
H23    73%   84%    56%   70%
H22    40%   31%    42%   70%

(全体)  (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    40%   41%    29%   59%
H26    39%   37%    36%   65%
H25    34%   34%    35%   67%
H24    40%   32%    37%   65%
H23    43%   41%    38%   69%
H22    19%   16%    48%   73%

この数値を見ると、全ての場合について、二次試験合格率に明白な性差があり、
女性の合格率が、明らかに男性を上回っている。
この事実をどう捉えるかについて、
偽りのない実態を引き出したいという強い思いがあるが、
それが叶うはずもない。

ところで私は、このブログを立ち上げる前年に、
「ポジティブ・アクション」という名の、数値目標達成を最優先とした女性優遇採用が、
国家公務員採用試験で行われているらしいという情報を得て、
「女性国家公務員の採用・登用の現状等:人事院」
http://www.jinji.go.jp/saiyoutouyou/sankoushiryou/III.pdf#search='www.jinji.go.jp%2Fsaiyoutouyou%2Fsankoushiryou%2FIII.pdf'
に記されたグラフ、T種試験事務系(行政・法律・経済)区分の申込者・合格者・採用者
に占める女性の割合(昭和63年から平成22年まで)」 にたどり着き、
このブログの最初の記事「裏切りの男女共同参画」に、次のように書いた。

   もしもポジティブ・アクションが、たとえば、女性の就労支援のための、保育環境
  の整備のようなアクションであるならば、それは必要なことなのである。ところが、
  とりあえず似非フェミニストと表現しておくが、そういう人たちが行おうとしている
  ポジティブ・アクションは、採用や昇進にあたって、女性優遇の、つまりは男性差別
  の選考を企図するアクションであって、実はもう、それは、既に行われてきたことの
  ようでもあるのだ。例えば、「女性国家公務員の採用・登用の現状等:人事院」
        (上記URL)
  に記されたグラフ、「T種試験事務系(行政・法律・経済)区分の申込者・合格者・
  採用者に占める女性の割合(昭和63年から平成22年まで)」を見ると、平成13年以
  降、採用者に占める女性の割合は、毎年、明らかに、合格者に占める女性の割合より
  高くなっている。従って、この事実から、採用に関わる面接等の段階で、関係各省庁
  が、女性優遇、つまりは男性差別の選考を行ってきた可能性を指摘できる。

そして、この件のついて、私は、記事『「男女共同参画」に翻弄される日々【1】…(カ
テゴリ:投稿原稿)』の中で、次のように補足した。

   この件について、私の質問に答えたある職員は、「女性が面接で優秀だったからだ」
  と答えた。しかしそれは、そういう発言で隠蔽可能な領域で、女性優遇採用が行わ
  れてきた結果であると、そういう見方もまた、可能なのである。         

あのときの女性職員の対応は、今も記憶に残る。彼女は私の質問に対して、即座に、あた
かも用意された答えであるかの如く、「それは女性が面接で優秀だったからだ。」と答え
たのである。

今回取り上げた名古屋のデータと、上記国家公務員採用の特徴を、時系列的にも結び付け
て考えれば、名古屋市職員採用試験(第1類・事務系)の二次試験合格率の明白な性差も
また、女性優遇採用の結果であろうという推論は、十分に成立すると思う。

ところで、平成21年度以前のデータは、名古屋市のHPにはない。また、試験内容変更の
有無や、もしも変更があったとするならば、その時期と内容が気になるが、私は情報を得
ていない。閉塞状況を言い訳にした怠惰の帰結である。また、現在の二次試験に、口述だ
けでなく論文が課されていることも気になっている。

なお、先回の記事に、平成26年度学校事務(上記4者と管轄が異なる)の二次試験合否状
況には、4者とは異質の感があると書いたが、6年間の合否状況は次のようになっている。
後述の素データが示すように、二次対象者の母集団が上記4者に比べて小さいので、%の
数値にどの程度の意味があるか気になるが、二次試験合格率の性差の特徴は年度によって
異なり、前記4者のような規則性はない。

学校事務  (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
      男 性   女 性    男 性   女 性
H27    34%   16%    35%   56%
H26    27%   25%    38%   38%
H25    10%    8%    13%   67%
H24    23%   17%    55%   53%
H23    24%   17%    52%   64%
H22    21%    5%    50%   100%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【素データ】
  名古屋市職員採用試験(第1類・事務系)合否状況
  一次試験男女別合格率・一次合格者の二次試験男女別合格率・・・・・平成22〜27年度

平成27年度(2015年度)
    
(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数)
      男性  女性   男性  女性    男性  女性     男性  女性
行政一般  907  597   666  429   178  102    42   43 
法  律  273  161   170  116   114   76     32   54 
経  済  195   69   132    58    88   39     36   29 
社会福祉   68  107    43    83    27   63      7   40 
(計)   1443  934   1011  686   407  280    117  166 

            (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    27%   24%    24%   42%
    法  律    67%   66%    28%   71%
    経  済    67%   67%    41%   74%
    社会福祉    63%   76%    26%   63%
    (全体)    40%   41%    29%   59%
           
平成26年度(2014年度) 

(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数) 
      男性  女性   男性  女性    男性  女性   男性 女性
行政一般  1,111 601   756  408    185  78    60  44 
法  律   300  154    213  111    125  68    45  49 
経  済   202  65    150  50    101  37    42  29 
社会福祉   100  90    77  66     55  54    21  33 
(計)   1,713 910   1,196  635    466 237   168 155

            (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    24%   19%    32%   56%
    法  律    59%   61%    36%   72%
    経  済    67%   74%    42%   78%
    社会福祉    71%   82%    38%   61%
    (全体)    39%   37%    36%   65%

平成25年度(2013年度) 
    
(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数)(合格者数) 
      男性  女性   男性  女性    男性  女性   男性  女性
行政一般  1106  618   783  404   184  82    60  40 
法  律  330  166   223  120   105  60    40  46 
経  済  328  104   245   82    115  49    40  33 
社会福祉  111  133    84   88    46  45    17  39 
(計)   1875  1021   1335  694   450  236   157  158 

            (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    23%   20%    33%   49%
    法  律    47%   50%    38%   77%
    経  済    47%   60%    35%   67%
    社会福祉    55%   51%    37%   87%
    (全体)    34%   34%    35%   67%

平成24年度(2012年度)
           
(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数)(合格者数)
      男性  女性    男性  女性   男性  女性    男性  女性
行政一般  1155  657   802  467   224  92    60  53 
法  律   385  208   266  154   122  69    51  47 
経  済   279   77    208   61   141  39    60  28 
社会福祉   80   94    64   67    43  43    24  30 
(計)   1899  1036   1340  749    530  243    195  158 

            (一次試験合格率)  (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    28%   20%    27%   58%
    法  律    46%   45%    42%   68%
    経  済    68%   64%    43%   72%
    社会福祉    67%   64%    56%   70%
    (全体)    40%   32%    37%   65%

平成23年度(2011年度)

(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数) 
      男性  女性    男性  女性    男性  女性    男性  女性
行政一般  1068  645   739  425    234  103   74  63 
法  律   370  176   235  103   128   62   51  43 
経  済   201   75   144   62    111   52   50  44 
社会福祉   59   84    37   51    27   43   15  30 
(計)   1698  980  1155  641   500  260   190 180 

            (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    32%   24%    32%   61%
    法  律    54%   60%    40%   69%
    経  済    77%   84%    45%   85%
    社会福祉    73%   84%    56%   70%
    (全体)    43%   41%    38%   69%

平成22年度(2010年度)

(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数) 
      男性  女性    男性  女性    男性  女性    男性  女性
行政一般  1019  529   660  336    77  30    31  18 
法  律   345  141   179   74    52  17    26  15 
経  済   245   89   149   55    45   18    27  15 
社会福祉   79  110    48   75    19   23     8  16 
(計)   1688  869   1036  540   193  88    92  64 

            (一次試験合格率)   (二次試験合格率)
            男 性   女 性    男 性   女 性
    行政一般    12%    9%    40%   60%
    法  律    29%   23%    50%   88%
    経  済    30%   33%    60%   83%
    社会福祉    40%   31%    42%   70%
    (全体)    19%   16%    48%   73%
           
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
学校事務
     (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数)
     男性  女性   男性  女性   男性  女性   男性  女性  
H27    78  81    58  56    20   9     7   5  
H26    68  69    48  51    13  13     5   5  
H25    106 109    83  79     8   6     1   4  
H24    109 129    86  89    20  15    11   8  
H23    172 168    111 129    27  22    14  14  
H22    238 230    173 157    36   8    18   8  
    
学校事務の「一次試験合格率」・「二次試験合格率」は前記の通り。
                                    (以上)


posted by 翠流 at 03:16| Comment(1) | ポジティブアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お怒りはごもっともです。

>政府高官「同じ能力なら女性を登用する」…女性活躍推進へ政権走る 役員比率、企業に開示義務など 経済界も呼応

>人事に携わる政府高官の一人は「同じ能力なら女性を登用する」と語る。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1406460533/1

意図的にやってるからなんです。

>役員比率、企業に開示義務 新法で税制など優遇

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO74793430W4A720C1NN9000/

これが元のソースです。
Posted by ジョク at 2016年04月23日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。