2015年09月21日

近況報告 (6) 第四次計画・意見書関連 No.1

9月14日(月)の消印有効という、
「第四次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」に対する意見書を、
最近の私らしく、締切の直前に、
2回に分けて出した。
1回目は、東京の某郵便局から、13日の日曜日に、
2回目は、居住地の、深夜まで受け付けているという某郵便局から、14日の23時に。

発言をした項目は、次の通り。

  第2部 政策編
   U 安心・安全な暮らしの実現
     ◆ 6-生涯を通じた女性の健康支援
     ◆ 7-女性に対するあらゆる暴力の根絶
     ◆ 8-貧困、高齢、障害等により困難を抱えた女性等が安心して暮らせる環境の整備
   V 男女共同参画社会の実現に向けた基盤の整備
     ◆11-男女共同参画の視点に立った防災・復興体制の確立

実は、このほかに、
ポジティブアクションに関わって、
女性優遇採用を批判する意見書を送りたかったが、
怠惰のために締切に間に合わなかった。
この件については、私が発言しなくても、
どこかの同志が意見を送ってくれるだろうなどと、
不確かな推測に身を委ねて、
自分の怠惰を許してしまったたのである。

その件について、具体的に取り上げたかったのは、
国家公務員採用に関わる安倍晋三の発言と行動であった。
彼は、周知のように、昨年、
「国家公務員採用者に占める女性割合30%」 を必ず達成すると発言していた。、
そして実際、そのようになったのである。(下表)

 ◆ 平成22年以降の「国家公務員採用者に占める女性割合」 を次に示す。
                  採用者に占める女性割合
    平成22年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26.1 %
    平成23年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26.6 %
    平成24年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 25.8 %
    平成25年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26.8 %
    平成26年4月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26.7 %
    平成26年9月(27年度採用者)・・・・・ 31.5 %

御覧のように、昨年は急激な変化が起こっている。
これは、安倍晋三が、強制力によって、数値目標を達成させた結果であると推測する。
その女性優遇採用は、
人事院に保管される最終合格者名簿に登録された受験者が、
それぞれの希望の関係省庁で受けた最後の選考の段階で行われたのではないかと思う。
最後の選考は、基本的には面接であると、以前私は人事院の職員から聞いた。
いくらでも言い訳のできる面接のような機会を利用して行われた女性優遇採用によって、
本来ならば採用されたはずの男性が不採用になるという重大な事態が、
起こったのではないかと推測する。

不正採用が、首相の強制力によって、国策として行われたと考えられるのである。
それは、本来ならば法によって裁かれるべきはずなのに、
詭弁を弄して女権拡大をもくろむ自己本位のフェミニストたちは、
男女共同参画社会基本法第2条第2項(積極的改善措置)を論拠として、
女性優遇採用は不正ではないと主張する。

全く、自己本位の、巧妙で周到な策略として、
「積極的改善措置」の条文は導入されたのではないかと私は感じるが、
しかし、既にこのブログで発言してきたように、
その不当性を、まず、採用試験受験者が受けてきた学校教育について考えれば、
受験生に第2条第2項が適用されるような事実は存在しない。
教育の機会均等と、国家公務員採用試験受験の機会平等が保障されている日本の社会にあって、
更に、内閣府男女共同参画局が行った「学校教育の場における地位の平等感調査(平成24年)」の「20〜29歳」のデータを見れば、
男女の平等感に有意の差はないであろうと推察され、
学校教育の場での、地位の平等は確立したと判断されるのである。
従って、その、システムとしても内実としても「男女平等」が確立したと考えられる学校教育の一つの到達点としての採用試験の場で、女性優遇採用が行われるとすれば、それは、第2条第2項の入り込む余地のない不正そのもと考えられるのである。

また、もしも、受験者が受けてきた学校教育とは別の部分、広く言えば日本の社会、そして国家公務員の世界に、「過去の女性差別に起因する女性にとっての不利益が存在する」というような論理を持ち出して「女性優遇採用」を正当化しようとするならば、それは、仮にそういう不利益が存在したとしても、若い男性は過去の女性差別の加害者ではないからして、女性優遇採用は、無実の男性受験者に過去の女性差別の責任を取らせるという、理不尽極まりない「時空を越えた連座制」に他ならないのである。

以前、既にブログを閉じてしまった「やぐるまさん」が、
「優遇採用をすると言われれば、こちらから採用を拒否する」という意味の発言をしていたと記憶するが、
女性優遇採用を求める女たちには、
「やぐるまさん」のような、正義感に裏打ちされた気概など微塵もない。
全く、最たる甘えの人種というか、
いやそれよりも、採用される力のあった男性を、女性優遇採用で蹴落として、
自分が、国家公務員に採用されるなどとは、
全く話にならない話なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発言が、やや長くなった。
話を元に戻すが、
「第四次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」に対して、
送付した意見書の内容を、
次回から、何回かに分けて掲載する。


posted by 翠流 at 00:13| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。