2015年09月02日

第四次男女共同参画基本計画(1)・・・ 素案公聴会

◆ 8月31日(月)に、「第四次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)(注1)」の公聴会に参加した。東京の日本教育会館で行われた公聴会である。

(注1)http://www.gender.go.jp/kaigi/senmon/keikaku_sakutei/yojikeikaku/masterplan.html

 発言は、可能でも一人一回限りだろうと予測したが、その通りで、しかも3分という、あまりにも短い時間であった。希望者は挙手を求められ、とりあえず発言権は得たが、短い時間の中で発言できたのは、次の2点だけであった。

   (1) 第2部:政策編、U 安心・安全な暮らしの実現 ・・・ 6の題名の「生涯を通
     じた女性の健康支援」を「生涯を通じた男女の健康支援」に修正してほしい。
   (2) DV問題は、同7で、女性の被害だけを扱っているが、男性の被害も扱って
     ほしい。

 内閣府は憲法直下の機関であろうから、健康問題やDVの今日的状況(下記)を踏まえ、憲法14条の理念に則った素案を作れば、上記(1)(2)は、既に素案に反映されていて当然のはずだろうと思うが、既に度々記してきたように、男女局は、なぜか男性を配慮から疎外する。奇妙な話である。男女共同参画社会基本法第3条(注1)の理念からも明らかに乖離している。それが、美名の「男女共同参画局」の体質なのである。
         (注1) 記事「裏切りの男女共同参画」の(注1)参照

 上記(1)については、要望の根拠として、厚労省のデータ(国民の死亡原因)と、警察庁の自殺データを使い、下記のように数値を引用した。下記@〜Bは厚労省のデータ、CDは警察庁のデータである。(老衰は自然死であり、発言から除外したが、昨年は女性が男性より36,078人多かった。女性は自然死が多いのである)。

   @ 国民の死亡原因の第一位である悪性新生物による死亡(昨年)は、男性が女性
    より69,078人(約7万人)多かった。
   A 死亡者数の性差が次に大きいのは心疾患で、女性が 13,833人多かった。
   B 性差が次に大きいのは自殺で、昨年は男性が 10,253人多かった。
   C 自殺者数には、長期に渡り明白な性差が存在する。警察庁発表の年間自殺者数
    を過去37年間に渡って整理したが、自殺は毎年明らかに男性に多く、女性が男性
    より多かったことはただの一度もない。
   D 警察庁は、自殺の原因動機を52項目に分けているが、昨年の場合、このうちの
    51項目では男性の自殺が多く、女性の方が多かったのは1項目だけであった。
    一昨年は女性が多かったのは2項目、男女同数が1項目、他の49項目は、全て男
    性が多かった。

 (2)については、横浜市(市民活力推進局男女共同参画課・こども青少年局こども家庭課)の調査結果から、下記Eのような発言をした。この段階で、既に制限時間の3分を超えており、Fで発言を打ち切らざるを得なかった。

   E 横浜市の調査結果によれば、DVの被害経験者数に男女差はない。
       ・・・・・ 時間不足のため、具体的説明ができず後悔が残った。
         後日送付の意見書には記すこととなるが、詳細は次の通り。
                         男性    女性
         DV経験が何度もあった    11.0%   16.9%
         DV経験が1,2度あった    30.8%   25.7%
            (計)         41.8%   42.6%
   F(司会者に時間オーバーを指摘され、私は感情的に言った。「男性も苦労して
    きたんですよ」。この言葉を発する時、思わず語気が強くなってしまった。

◆ 参加者の発言が打ち切られた後、登壇者からコメントがあった。その中の一人、ある女性登壇者が、恐らくは私の、上記(1)の発言に関わってだろうと思うが、「『男女の健康支援』にすると、女性に対する支援が薄まってしまう。ジレンマがある」などと言った。訳の分からない発言であった。「男女共同参画局」は「女性支援センター」ではないのである。追記すれば、「生涯を通じた女性の健康支援」は、厚労省の母子保健課が、既に平成8年から行なっている。男女局は、男性の命の危機を、軽んじているのである。


posted by 翠流 at 03:54| Comment(2) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつもブログを拝見させていただいております。
私も日本で拡大しつつある、あらゆる男性差別には、強い憤りを感じております。今の日本には、「差別」を正しく認識できない人が多すぎると思います。
>「『男女の人権』を考えると、女性に対する支援が薄まってしまう。
「男性、女性、両方を支援する」ことは基本中の基本であるにもかかわらず、なぜ「女性への支援が軽視される」なんて発想になるのか、まったく意味不明ですね。まるで、「女性のみが貴重な人間だ」とでも言ってるような発言だと思います。
翠流様の、日頃から男性差別にたたかっている「勇敢さ」、「正義感」はとても素晴らしいと思います。これからも頑張ってください。
Posted by TH at 2015年09月13日 18:29
TH様
コメントありがとうございます。
TH様に感謝いたします。

内閣府男女共同参画局の施策は、
このブログでも、くりかえし発言してきましたように、
男女共同参画という美名で本質を隠した、
自己本位のフェミニズム運動だと思います。
憲法第14条に抵触する施策を、
国が、国策としてやっている。
全く、話にならない話です。
まさに、「裏切りの男女共同参画」そのものだと思っています。
Posted by 翠流 at 2015年09月15日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。