2015年05月31日

ある本について

ある人から紹介されて、
渡辺恒夫の「脱男性の時代」(勁草書房)を買った。
初版は、1986年ではあるが、
たとえば第四章に「問題提起」として記されている下記引用文のような認識は、
今も甚だ今日的な意味を持ち、
私の持つ問題意識に、次第に、
鮮明な姿を与えてくれるように思われた。

  本書第4章−1: 問題提起より

    人は女として生まれるのではない。女につくられるのだ。
                        ・・・・・・ ボーヴォアール『第二の性』

     この書物を通じて、私はたえずボーヴォアールに対抗し、「人は男として生まれるの
    ではない。男につくられるのだ」という新たなる定式を強調してきた。そして、その論
    拠の一つとしてたえず援用してきたのが、男であることに間断なく苦しみ、漠たる空想
    にとどまることなく、真の意味で、生涯かけて変性を願望する男性は、女であることに
    間断なく苦しみ、真の意味で変性を願望する女性よりもはるかに多いという、現代性科
    学の発見だった。

もしも、ここに書く私の認識が、
独りよがりの偏見であるならば、
社会はそれを否定することが可能であって、
否定こそが是であると、
社会は評価するのかもしれない。
しかし私は、日々、日常の中の男性を見るにつけ、
彼らが、いつの間にか、自らが男性であることに囚われて、
無理をして、不器用に、自己抑制や背伸びと共に、
男性であろうと、或いは男性になろうとする姿が、
あるように思われる。

それは恐らく、彼らが、その生育過程で、そして今も、
強要される「男らしさの規範」のせいで、
彼らはそこに依拠しなければ、
自らの存在が、あたかも瓦解するかのような、
怯えを抱えた脆弱な存在のように思われる。

それに比すれば、normal female の女性たちは、
女の時代の、今にも支えられながら、
いつの日も、したたかに、そして自然に女であって、
彼女らは、動じない、同一性の心を携え、
その美しい肌も、美しい髪も、
そして、美しさをまとう権利を与えられたそのからだも、
脆弱さなど微塵もなく、この世界に存在しているように見える。

したたかな女たちと、
その手のひらの上の、脆弱な男たち。

ところで私は、
性同一性障害の人たちとの交流会の中で、
ある MtoF の人から聞いた。
彼女が通院しているジェンダークリニックの医師によれば、
最近は、MtoFの通院者が、
性同一性障害であるか否かの判断が難しくなっているのだそうだ。
それは恐らく、
男性であることのストレスの増幅のゆえに、
女性への変性願望が、
男たちの中に拡大浸潤を続けている証であろうと、
私は、その話を聞いた。
解放された女の時代と、解放を阻む男らしさの呪縛が、
男性の、変性願望を増幅させている


posted by 翠流 at 01:54| Comment(3) | ジェンダー・アイデンティティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。bonosoulと申します。

ブログ主とは問題意識をすべてではないにしても、かなりの部分を共有していると思い、ご挨拶申し上げております。

この度、『「女性」は輝き、国滅ぶ』というブログを開設し、拙文をものしました。時間の余裕のあるときにでもご拝読いただき、コメントをいただけると幸いです。


男にも女にも難しい時代になってしまいましたね。


もしもこうしたお願いが失礼でしたら無視してください。コメントを削除してくださっても結構です。


それでは失礼します。




Posted by bonosoul at 2015年07月09日 07:21
bonosoul様

コメントありがとうございます。
近日中に、bonosoul様のブログにうかがいます。
宜しくお願いいたします。
Posted by 翠流 at 2015年07月10日 00:28
この困難な時代にこういうブログを続けて下さる管理人様には感謝します。

>決して救われない社会的弱者「キモくて金のないおっさん」について語る

http://togetter.com/li/824984

男性を使い捨てにしてますが、このまま福祉や年金も持続可能だと思っているのですかね?
それどころか男性がおとなしく服従してるとでも?
政府は本当にふざけてますよ。
Posted by ジョク at 2015年07月11日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。