2015年05月22日

近況報告 (4)

  「近況」と言っても4か月前のことになってしまったが、企業や公共施設などの個室
 トイレについて、「性別に関係なく使える『ジェンダー・ニュートラル』対応を義務付
 ける条例が発効した」というを記事を読んだ。と言っても日本のことではない。米ウェ
 ストハリウッド市のニュースである(URLは下記)。記事によれば、市内には「トラ
 ンスジェンダーの人々が多く住んでいる」という状況はあるようだが、たとえ少ない地
 域であっても、例えば「誰もが使えるユニバーサルトイレ」のような形で、配慮はなさ
 れなければならない。マイノリティーの人権が無視されてよいはずはない。

  日本でも、同様の動きはないわけではなく、一昨年の秋、ある団体が、文科省に対し
 て、学校での性同一性障害の生徒に対するトイレの配慮について、要望書を提出した。
 私は、このニュースに突き動かされるような衝動を感じて、実はその年の冬、性同一性
 障害の人たちとの交流会に参加した。打ち解けた歓談の場の、私の近くで、二人の Mto
 Fの人がささやき合っていた。「ねえ、ここのトイレは・・・?」「大丈夫。ここはユニバ
 ーサルだから・・・」。男女別トイレは Gender Identity Disorder の人たちを疎外する。

  ところで、例の「カフェ・ド・クリエ・新宿東信ビル店」のトイレの件について、1月
 19日付で、人権侵犯事実不明確の通知がきた。私はショックであった。その日の午後
 であったか、東京法務局に電話をするも、担当者は不在であった。代わりに電話を受け
 た職員には、私の思いを受けとめる感情がなく、私は苛立ち、語気が強くなった。私事
 にさえ踏み込んだ私の訴えも、結局は意味を持たなかった。それはたぶん、私が男性で
 あるからだろうと、私は猜疑を抱く。男性は、不当な性別観の、犠牲者なのである。

  店内ただ一つのトイレを女性専用として、他の客には外の公衆トイレを使わせる「新
 宿東信ビル店」、憎むべき「カフェ・ド・クリエ」、そして、今回もまた「人権侵犯事実
 不明確」の結論を出した東京法務局と法務省。

  トイレの問題だけではなく、営業戦略としての女性優遇、女性の特権階級化に歯止め
 をかけるためには、その視点から「営業の自由」を制限する法整備が、なされなければ
 ならないと感じる。

  なお、上の記事のURLは次の通り。記者の用語の使い方等には、疑問を感じる部分
 があるが、記された施策の方向は教訓的であると思う。

  http://www.sankeibiz.jp/express/news/150115/exd1501150000001-n1.htm

posted by 翠流 at 00:55| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。