2014年12月16日

近況報告 (3)

◆ 11月22日(土)

 朝、レストランK店のマネ−ジャ−から、私の携帯に電話が入った。彼は、私が申し入れをしたK店の女性優遇トイレ(女性専用+男女共用)の改善について、上司と相談をして、私に返信する約束だったのである。申し入れのときは、必ずしも感触は悪くなかったので、私には幾らかの期待もあったが、この日の電話では、見事に裏切られてしまった。彼は、K店の改善はおろか、「今後展開する店舗のトイレは、K店と同様、女性優遇トイレにする」などという、上司の回答を伝えてきたのである。止まらない女性優遇、拡大する女性優遇、私はショックであった。このような、トイレの男性差別は、精神的に非常にきつい。私は気持ちが収まらず、「お客様相談室」に、長々と苦情の電話を入れた。受けたのは女性であったが、なぜか彼女は、職務範囲を逸脱するかのように私の主張に共感的なのであった。

◆ 11月27日(木)

 記事「A書店レディ−スデ−(2)」で取り上げた店舗に行った。私の居住地のショッピングモ−ルにあり、人権侵犯被害申告の対象とした店舗である。その時の店内掲示物には、レディ−スデ−は「2014年11月26日(水)まで」と書いてあった。26日は昨日である。だから、私の中には、掲示物が取り外された壁面を期待する自分がいた。しかし壁面には、私を嘲笑するかのように、次のような掲示物が貼られていた。

            レディ−スデ− 女性会員限定 
              水曜日はポイント2倍
       ご好評につき、2015年11月26日(水)まで期間延長

 思わず私は、近くのレジにいた40歳前後と思われる男性社員をつかまえて言ってしまった。「男を差別するなよ・・・・・」。
 水曜は女性限定でポイント2倍。ポイントは金と等価のサ−ビスとして還元される。それが、女性限定で上乗せされるのであるから、男性差別に決まっている。しかし、法務局の人権擁護課は、「法の下の平等」と「営業の自由」を秤にかけたとかで、「人権侵犯事実不明確」の結論を出した。「人権侵犯がなかったとは言っていない」などと言っても、「不明確」の結論は、企業にとっては、何の痛手にもならない。現実的な拘束力を持たない男女共同参画条例と同じである。この手の男性差別を解消させるためには、企業に対して拘束力を持つ法整備、「性別」という属性を利用した優遇戦略を禁じるような法整備が必須であるように感じる。しかし、そんなこと、とても・・・・・。
   
 しかし、人権侵犯被害申告だけではたたかいきれないと感じても、私はそれをやめるつもりはない。声を挙げることは、声の存在を知らせることであるし、世論を高めるための一つの方法として、それなりの重さを持つと考えているからである。しかし、同様の被害申告をしている人が何人いるのか? A書店については、私は他の人を知らない。Eコンビニエンスストアの場合は、私と、あの人と、あの人と・・・・・ もしかして、3人だけ?

◆ 11月下旬・・・・・日の記録はないが、トイレの男性差別が改善された一例である。

 私の好きな喫茶店の近くに、Aコンビニエンスストアの新店舗ができたが、私の先入観通りの男性差別トイレの店舗で、近くを通る度に頭が痛かった。全国にはもう既に、膨大な数の同様な店舗があるわけで、Aはトイレ差別の主犯として、日本の市民生活を汚染させている。店舗の膨大さゆえ、改善の申し入れには徒労感がつきまとうが、私は、それを黙認することができず、この日、店に立ち寄って申し入れをした。あいにくオ−ナ−が不在だったので、約束の日を採りつけて帰宅したが、、その数日前にこの店に立ち寄ったところ、既にトイレの表示が改善されていた。今まで、「女性専用+男女兼用」であったのが、二つとも、男女兼用に変わっていたのである。男女別ではなかったが、私は、珍しくストレスが遠のく思いで、お礼かたがた、経過を聞く意味もあって、12月13日に店舗に立ち寄った。オ−ナ−の話では、彼が問い合わせをした関東事務所(本社とは言わなかった)は、「店舗の判断に任せる」と言ったのだそうだ。オ−ナ−は、「男性の使いづらさを考え、改善した」とのことであった。私は彼のようなオーナーの存在に、救われる思いであった。 ところで、私が今まで、男性差別トイレの改善を直接申し入れたコンビニエンスストアは、上記を含め、Aが7店舗、Eが4店舗、🄱Bが2店舗であるが、その結果を、「改善あり」「改善なし」「未確認」の順に数として記せば、次のようになる。ただし、申し入れは、必ずしも、オ−ナ−や店長にしたわけではない。

          コンビニA ・・・・・・・ 3・2・2
          コンビニE ・・・・・・・ 2・2・0
          コンビニB ・・・・・・・ 0・2・0

◆ 12月3日(水)

 東北新幹線を使って福島市に行った。11月10日に記事として取り上げた「防災・復興における女性の参画とリーダーシップ 〜 第3回国連防災世界会議に向けてのシンポジウム」に参加するためである。
 私は、この集会でも大変ショックを受け、翌日、12月4日には、「あおもり被災地の地域コミュニティ−再生支援実行委員会委員長(青森県男女共同参画センタ−副館長)」に、また、12月10日には、青森県庁内の男女共同参画局に、要望の電話を入れている。その内容については、年内には報告をしたいと思う。





posted by 翠流 at 19:15| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。