2014年12月10日

名古屋市職員採用試験

取り上げるのが、遅くなってしまったが、
先月の中旬、知人のAさんから、(アルファベットはご本人の頭文字ではなく、順に従う表記である。)
名古屋市職員採用試験(第1類・事務系)について、
男性差別の存在を示唆する資料をいただいた。
既に差別ネットワ−クのブログで取り上げられた件ではあるが、
安倍晋三の「光り輝く女性」発言や、
内閣府男女共同参画局が行っているポジテブ・アクション、
つまりは、数値目標達成を最優先とした女性割合拡大の動きが強まる中で、
特に面接試験を利用して女性にゲタをはかせる女性優遇採用が、
日本全国に広がるのではないかという懸念を、
私も強く抱いている。
教育の機会均等、受験の機会平等は、勿論以前から保障されてきたから、
もしも、女性にゲタをはかせる優遇採用があれば、
それは、「法の下の平等」に抵触する、裁かれるべき施策であり、
不正入試と同じであるが、
あわせて、内閣府が行った「学校教育の場における男女の地位の平等感調査(図4):下記【注】参照」の、下方にある図『20〜29歳を対象とした調査結果』を見れば、
            【注】http://survey.gov-online.go.jp/h24/h24-danjo/zh/z04.html
学校での平等感には、既に、男女間の有意差はなくなったと感じられる。
従って、学校での性差別の事例は、恐らくは個々に対応すべき少数に近づいており、
男女平等は、制度だけでなく、生徒の感じ方から見ても確立したと言ってよい。
そういう状況の今にあって、
学校教育の到達点の1つとしての公務員採用試験の場で、
女性にゲタをはかせる優遇採用があれば、
それは明らかな男性差別であることが、一層明白となった。
平等な選考ならば合格するはずの男性が不合格となり、
不合格となるはずの女性が合格するなどという理不尽が、
許されてよいはずはない。

私がAさんからいただいた資料には、
次のような、男女別合否状況が記されていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平成26年度 名古屋市職員採用試験(第1類・事務系)
          一次試験・・・・・行政一般・学校事務・・・・・・・教養試験       
                 法律・経済・社会福祉・・・・・教養試験・専門試験  
          二次試験・・・・・論文試験・口述試験
合否状況
(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数) (合格者数) 
      男性  女性   男性  女性    男性  女性    男性 女性
行政一般  1,111 601    756  408    185  78    60  44 
法  律   300 154    213  111    125  68    45  49 
経  済   202  65    150  50    101  37    42  29 
社会福祉   100  90     77   66     55  54     21  33 
(計)   1,713 910   1,196  635    466  237    168 155

 この数値から、受験者の「一次試験合格率」、及び、一次合格者の「二次試験合格率」
を男女別に算出すると、次のようになる。

        (一次試験合格率)   (二次試験合格率)           
        男 性   女 性    男 性   女 性            
行政一般    24%    19%    32%   56%            
法  律    59%    61%    36%   72%            
経  済    67%    74%    42%   78%            
社会福祉    71%    82%    38%   61%            
(全体)    39%    37%    36%   65%            

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この数値に示されているように、二次試験では合格率の男女差が非常に大きく、
女性に対する優遇措置が強く懸念される。
この問題について、12月1日の朝日新聞の「声」の欄には、
次のような、川上直也氏の投稿文が掲載された。

 「採用試験 女性優遇ではないか」・・・ 川上直也
                     朝日新聞「声」(12月1日)より引用
    私は市民団体で様々な差別について問題提起をする活動をしているが、今年度の
   名古屋市の職員採用試験の結果を見てあぜんとしてしまった。大学卒程度の第1類
   の事務系には男性1196人、女性635人が受験したのだが、合格者は男性168人、
   女性155人。受験者数は男性が女性の倍近くいるのに、合格者数は男女ほぼ同数
   に近い。
    同市人事委員会が出した「採用総合案内」には「年齢・性別・学歴・出身地・職
   歴などによる有利・不利は一切ありません。受験資格を満たしていれば、すべての
   人に平等です」と書かれている。
    だが、採用結果を細かく見ていくと、客観的で人為的な操作の難しい筆記試験で
   ある1次試験を通過した割合を計算すると、男性が39%で、女性の37%をわずか
   に上回るのに、主観的になりがちな面接と論文が課される2次試験の合格率は男性
   36%に対し、女性65%だった。これは憲法14条1項がうたう「法の下の平等」に
   反し、人為的な性差別が行われたと推認せざるを得ないのではないか。
    仮に男女に関係なく、同じ基準を適用した結果と言われても、その基準自体が一
   方の性に著しく有利にできている、いわゆる間接差別にあたるのではないか。
    ほかに能力の高い男性がいるのに、女性が優先的に採用・登録されたとすれば、
   これは男性差別にとどまらず、能力主義の否定でもあり、大問題であると思う。採
   用や登用における性差別を完全になくしたいのであれば、面接後、受験者の氏名や
   性別がわからない状態で評価を行い、選考するべきだ。

 私も、この採用試験の結果を見て、川上氏と基本的に同じ認識を持つ。特に文中の『こ
れは憲法14条1項がうたう「法の下の平等」に反し、人為的な性差別が行われたと推認
せざるを得ないのではないか。』について・・・・・。
 私は市職に就いた経験はないが、10代後半の若者とは関係を持ちながら生活してきた。
それを振り返って思うのだが、仮に、論文と口述の平均的資質が女子の方に高いと仮定し
たとしてもても、この二次試験ほどの差はつかないのではないか。しかも、二次試験の対
象者は、客観的な一次試験で選別されてきた人たちなのである。二次試験の合格率の、男
性36%、女性65%という大きな差は、女性優遇がなければ生じないのではないかと思う。
 
 あわせて、同じ名古屋市採用試験の「学校事務」の結果を見ると、興味深い違いに気づ
く。合否状況は次のようになっている。要するに、二次試験合格率に、男女差はないので
ある。名古屋市の事務系職員の男女比は調べていないが、学校事務については、私の居住
県と傾向が同じであるとすれば、恐らく、女性の方が男性より多いか、同数に近いのでは
ないかと推測する。要するに、学校事務の場合は、女性にゲタをはかせて優遇採用をする
必要がないと、推測することも可能なのである。

(区分)  (申込者数) (一次試験受験者数)(二次試験対象者数)(合格者数) 
      男性  女性   男性  女性    男性  女性    男性 女性  
学校事務   68   69    48   51    13   13     5   5 

        (一次試験合格率)   (二次試験合格率)           
        男 性   女 性    男 性   女 性            
学校事務    27%    25%    38%    38%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Aさんからいただいた資料の中には、川上氏の指摘に対する、名古屋市人事委員会の、
次のような見解も含まれていた。
    ・・・・・ ネットニュ−ス http://www.j-cast.com/s/2014/12/01222160.html 

  ◆ 名古屋市は「性別への配慮はありません」(人事委員会)と言い切る。「合否の
   判定時には(担当者は)性別などのデータはもっていません」と説明。男女の差が
   なかったのは、あくまで「結果」という。
    市によると、「特別な取り組みをしているようなことはありませんが、ここ数年、
   女性の採用比率が上がっているのは事実です」と話す。ただ、採用試験では「そう
   いった(女性を優遇するような)判断はなく、採点で上から順番に採用していった
   結果です」と、恣意的なことはないと強調する。

 しかし、この名古屋市の見解は、川上氏への反論になっていない。人事委員会は「合否
の判定時には(担当者は)性別などのデータはもっていません」と言っているが、判定会
議以前に、たとえば面接結果を点数化するような作業があったとした場合、女性受験者に
ゲタをはかせて採点することも可能なのである。もしも、そのようなことがなされれば、
「合否判定時に性別のデ−タがなく」「採点で上から順番に採用していった」としても、
必然的に、女性優遇採用がおこる。

 内閣府男女共同参画局の、数値目標を設定したポジティブ・アクションは、安倍晋三の
「光り輝く女性」発言によって、政治の表舞台に登場した。それが、たとえば保育環境の
整備であるとか、採用や昇進段階の女性差別の排除であれば正当であるが、実際には、女
性にゲタをはかせる優遇政策として、男性差別拡大の危険性を増幅させた。
 採用試験の担当者が、たとえば面接試験の評価のような、隠蔽可能な部分で女性優遇採
用を拡大させる可能性は、日本全国に広がったように思う。

 ところで私は、このブログの記事「男女共同参画に翻弄される日々【1】」の中に、国家
公務員採用試験について、次のような文章を書いた。その根拠となったグラフ(人事院)
のURLを、下に記す。

    ・・・・・ところが、とりあえず「似非フェミニスト」という言葉を使わせていただ
   くが、そういう人たちは、採用や昇進等にあたって、女性にゲタをはかせる形の、
   女性優遇の、つまりは男性差別の選考を企図し、それは、これからだけではなくて、
   実はもう、既に行われてきたことのようでもあるのだ。例えば、「女性国家公務員
   の採用・登用の現状等:人事院」に記されたグラフ、「T種試験事務系(行政・法
   律・経済)区分の申込者・合格者・採用者に占める女性の割合(昭和63年から平
   成22年まで)」を見ると、平成14年以降、採用者に占める女性の割合は、毎年、
   明らかに、合格者に占める女性の割合より高くなっている。この事実から、採用
   に関わる面接等の段階で、関係各省庁が、女性優遇の、つまりは男性差別の選考
   を行ってきた可能性を指摘できるのである。この件について、私の質問に答えた
   ある職員は、「女性が面接で優秀だったからだ。」と答えた。しかしそれは、そう
   いう発言で隠蔽可能な領域で、女性優遇採用が行われてきた結果であると、そう
   いう見方もまた、可能なのである。                     

グラフURL・・・・・・・ 国家公務員採用.T種試験事務系(行政・法律・経済)区分の 
         申込者・合格者・採用者に占める女性の割合の推移     

http://www.jinji.go.jp/saiyoutouyou/sankoushiryou/III.pdf#search='%EF%BC%89%E3%80%8C%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E3%81%AE%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%83%BB%E7%99%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E7%8F%BE%E7%8A%B6%E7%AD%89%EF%BC%9A%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E9%99%A2%E3%80%8D%E3%80%8C%E2%85%A0%E7%A8%AE%E8%A9%A6%E9%A8%93%E4%BA%8B%E5%8B%99%E7%B3%BB%EF%BC%88%E8%A1%8C%E6%94%BF%E3%83%BB%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%83%BB%E7%B5%8C%E6%B8%88%EF%BC%89%E5%8C%BA%E5%88%86'
                                         (以上)

posted by 翠流 at 02:11| Comment(3) | ポジティブアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは明らかに女性優遇ですね

少なくとも面接官の主観が強い面接にて平等な評価ってのは無いんですよ
そしで面接が上手い=仕事ができる、優秀ってわけでもないので

それなのに女性は男性より優秀だ、なんて言ってる人はいろいろと浅はかで視野が狭いと思います
Posted by at 2015年09月10日 16:22
国家公務員採用者に占める女性の割合も、
昨年、安倍晋三の約束通り、30%を越えました。
最後の面接試験で、女性優遇採用が行われたのだと思います。
ひどい話です。国家が不正採用を行っている。
そして、それを「不正」と認めない詭弁の暴力が存在するのです。
Posted by 翠流 at 2015年09月11日 10:05
某企業で人事をやっております。

上の方がおっしゃられてるように、
面接では女性のほうが男性より受け答えがいいと思う時もあります。
だが、面接の受け答えがいい=有能、優秀かどうかはまた別です。

国家公務員、大阪市役所、名古屋市役所などの採用結果を見る限り、
性差別が少々過ぎているのではないかと考えてしまいます。
Posted by at 2016年05月21日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。