2014年09月14日

「女に生まれたかった男」 様 (1) ・・・ 男女共同参画の欺瞞

 記事「ファミマ・レディ−スデ−(2)経過報告」のコメント欄で、
「女に生まれたかった男」様のブログから、次の記事を紹介いただいた。

  「政府「男女共同参画」の欺瞞性」
  http://danjyo.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-f7f1.html

この記事に対する私のコメントを、ここにも掲載する。

 記事の紹介、ありがとうございました。すでに私もブログで発言をしてきましたように、
内閣府男女共同参画局は、「初めに、女性優先・女性優遇の結論ありき」の男性差別の部局
だと、今までの関わりを通して、強く感じています。「男女共同参画」という美しい言葉
を使いながらも、そして、「男女の人権の尊重」という、男女共同参画社会基本法第3条
を擁しながらも、実際には、男女局自身が、それに抵触する男性差別の施策を行っている
のです。内閣府男女局は、本来、憲法第14条の直下にあり、それを遵守すべき位置にあ
ると考えますが、国が、その部局に対して、男性差別の施策を容認している現実があると
思います。

 推測にはなりますが、恐らくは、このような実態の背後に、知的レベルの高い、非常に
自己中心的なフェミニストの存在があると思います。彼女たちはたぶん、世界のフェミニ
ズム運動の学びの中から、男女平等実現の域を逸脱した、女権拡大のための有効な手法を
選択し、政治を含め、日本の社会の中に、巧みに働きかけているように感じます。そして、
例えばその延長線上に、安倍晋三の発言がある、という見方ができると思います。彼は、
男女共同参画社会基本法第2条(積極的改善措置:ポジティブ・アクション)を、詭弁を
弄しながら女性優遇正当化のために巧みに使い、「光り輝く女性発言」と共に、男性差別
の施策を、合法であるかのように推進しています。

 記事の中で取り上げられている「各分野の男女の地位の平等感調査の項目」も、結局は
このような視点のもとで 設定されたのだろうと推測します。『「消費における男性差別」
を訴えようにも、項目の中に適切な選択肢がない』というご指摘、私の位置から見ても、
ショッビングモ−ルであるにしろデパ−トであるにしろ、歩いてみればそこには、女性優
遇が増幅し続ける女性の空間があり、羨望・嫉妬・疎外感を禁じ得ませんが、男女局の彼
女らにとっては、そんな男性の感情はどうでもよいこと、というよりはむしろ、その空間
を女性優遇のままに、いや、今よりも一層、女性優遇を膨張させる空間として保持したい
という思いがあるのではないかと思ったりもするのです。

 記事の後半で取り上げられている「平成12年度の調査」で、『「女性のほうが優遇され
ている」という選択肢を選んだ男性に、「女性の人権が尊重されていないと感じるのはど
んな時か」と尋ねる』の件、ひどいですね。ところが、女性優遇を推進し続ける、特に女
たちの発言には、類似のパタ−ンが多いと、最近私は、強く感じるようになっています。
要するに、自分たちの利益にならないこと、不利益になることからは、目をそらす方向に、
そして、それがあたかも正当であるかの如き論法を使いながら、自分たちの、自己本位の
利益を誘導する方向に発言をするのです。全く、そのしたたかな自己中心性との出会いに
は、あきれる思いを越える感がありますが、様々の女性優遇が膨張する今の日本にあって、
巧みにそれを推進し続ける自己本位のフェミニストたち。そしてそれを擁護する位置で、
女性優遇のポジティブ・アクションを加速させる安倍晋三。或いは、女性ばかりをタ−ゲ
ットとして、女性ばかりの幸せ空間を膨張させる女性優遇営業戦略。そして、男性の痴漢
冤罪被害対策には全く目を向けることなく、女性専用車両ばかりを走らせる鉄道会社の男
性差別。更に、女性優遇を受け入れるのが 男性の当然の義務・美徳であるかの如き性別
観の男たちの存在と、その、男性に対する加害性を含めて、大変な時代になっていると思
います。めざすべきは、平等な人権尊重の社会、差別のない社会、人間の多様性をふまえ
た、最大多数の最大幸福の実現のはずと思うのですが・・・・・。

 ブログへのお誘い、ありがとうございました。


posted by 翠流 at 00:10| Comment(2) | 人権擁護への思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

後ろに立つ論客 様

コメント拝見いたしました。
「ファミマ・レディースデーについては、人権救済の申立に対し、既に法務局が本調査することを決めている」とのこと、
私も8月から申し立ての準備を進めておりますので、
この件について「論客」様と進む方向は同じようです。
ただ、いただきました短文のコメントの後半の、
「合理性」という言葉を使用した部分に違和感がありますので、
コメントは不掲載とさせていただきました。
私が、なぜこのような思いをいだくのかは、
今までの意見交換によって、
「論客」様は、既にご存知のことと思います。
Posted by 翠流 at 2014年09月15日 10:51
翠流様

私のブログにコメントを頂き、ありがとうございました。
大変遅くなりましたが、お返事を書きましたので
是非ご覧ください。

http://danjyo.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-f7f1.html
Posted by 女に生まれたかった男 at 2014年09月17日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。