2014年07月21日

Gコンビニエンスストア・レディ−スデ−(1) 拡大する男性差別の中で

6月に、ある人から、
Gコンビニエンスストアがレディ−スデ−を実施する、という話しを聞いた。
Gへの抗議はいくつかあったようだが、
予定通り7月5日から実施されて、
毎週水曜日は、「女性限定」で「ポイント2倍」となっている。
1ポイントが1円分として還元されるそうだから、
価格に関わる、明白な男性差別。
女性集客のための女性優遇戦略が、
法の下の平等を破壊している。

個人の経済状況を比較して、女性の誰もが男性より低いのならば、
レディ−スデ−の批判にも、ためらいを覚えるが、
今の時代、夫の収入も含め、いや、自分の収入だけでも、
男性より豊かな女性はたくさんいるし、
努力しても非正規を抜け出すことができす、
日々の暮らしに呻吟する男性もいる。

関連して、男性が置かれている厳しい現実を再び書けば、
記事「男性の自殺(3)(4)」に記したように、
平成20年から25年までの6年間の、経済生活問題を原因とした自殺者数は、
男性が、女性の8倍から10倍に達している。
彼らは恐らく、男性であるが故に一層、たよる術なく追いつめられ、
みずから命を絶っていった。

レディ−スデ−の優遇額に対する評価は、人によって違うだろうが、
問題は、金額だけで終わるわけではなく、
レディースデーの是認が、女性優遇是認の風潮を拡大させ、
女性は優遇されて当たり前というような、
いわば女性の特権階級化に、拍車がかかる。
Gコンビニエンスストアの知名度を考えれば、
その社会的影響は大きいだろう。

ところで、この、レディ−スデ−の問題に関わって、私は、
「東京都男女平等参画基本条例・第14条・第1項」の存在を知った。
そして私は、徒労に終わることを予見しつつも、
この条文を足ががりとして、具体的な取り組みを始めている。
次回はそれについて、具体的に書きたいと思う。
仮にその取り組みが徒労に終わったとしても、
記録は、現状認識として、何らかの役に立つはずと思う。


posted by 翠流 at 22:00| Comment(2) | レディースデー・女性割引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファミマはレディースデーの呪いか?中国肉の問題で大打撃食らってますね(笑)
企業としては、夏休み(レジャーシーズン)に向けて厚かましくも売り上げを期待していたであろうに、そうは問屋が卸さないといったところでしょうか(笑)
更に、社長のお馬鹿発言で、世間の人々に「ファミマの社長はどうしようもない馬鹿(認定)」という事実を広める事もでき、こちらとしては「ファミマ勝手に自滅モード突入」という感じで、実にありがたい限りです。
こうして、我々の男女差別を憎む「正義のパワー」が力を変えてフェミ糞企業に大打撃を与えるのですね。
現在ファミマは苦情の電話も殺到しているらしく、レディースデーの際に強気だったババア担当者も今頃死に掛けていることでしょう。お気の毒に(笑)
Posted by やぐるまの鏡 at 2014年07月24日 02:25
やぐるま様

コメントありがとうございました。
中国肉の件をネットで検索していたら、
ファミマ社長の中山の写真が出てきました。
こいつが社長か、って感じでした。
私、正直言って、トイレの問題を含め、
ファミマを憎んでます。
Posted by 翠流 at 2014年07月24日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。