2014年06月13日

男性更衣室 (5) 浴室にまで 【その2】

 経過の続きを書く前に、改めて言っておきたいことがある。私は、男性更衣室に女性清掃員が入る施設が現在もあるということを、どうしても理解できないのである。私たちの暮らしの中の基本的なマナ−を振り返って、たとえば、更衣室ではない部屋に入ろうとしてドアを開けたとき、もしも中に着替え中の人がいれば、たとえそれが同性であっても、ためらいや動揺を持って、まず謝りの言葉を発するのが普通ではないかと思う。それは、形式的な礼儀ではない。私は、着替え中の人が同性であって、着替えているのが上半身であれば、謝りの言葉と共に、たとえば、ドアを少し閉めながら、相手が見えない位置に自分を置き、了解を得てから、礼儀の言葉と共に中に入る。もしも彼が、スラックスであるとか、下半身を着替えていれば、私はドアを閉め、着替えが終わるまで中へは入らない。もしも、私が着替え中であれば、入室しようとする同性の人には、同じ配慮を求める。そして、着替えが上半身であっても、肌や下着を見せなければなならない状態であれば、いったん入室を断るだろう。着替えは、私にとってはそういう性質のものである。異性間の性的刺激とか、そういう問題以前に、たとえ同性であっても、人に着替えを見られるのは嫌なのである。それが、着替えに関わる私の感受性であって、更衣室での着替えも、その延長線上にある。

 実は私は、ある消化器系の検査クリニックで、1〜2年に1回、検査を受けているが、そこの男性更衣室は、プライバシ−への配慮が行き届いている。検査前の男性更衣室は、中に入ると、10数個程度と記憶するが、個人用ロッカ−が並んでいる。そして、部屋の随所に、長いカ−テンが下がっているのである。この更衣室を同時に使う男性は、多くても4〜5名であった。だから、カ−テンによって、人に全く見られない状態で着替えができ、精神的に非常に楽なのである。更衣室は、まわりに同性しかいなくても、このように配慮されるべきなのである。(注1)

  (注1)ところが、この記事を書いた5年の後、2019年の3月に検査を受けたとき、
    私は、トイレに女性限定配慮が導入されていることに気づき、ショックを受ける。
    以後、男性にも同等の配慮を、という私の要望は、院長と事務長によって拒否さ
    れ続け、今日に至っている。この件は、既に、別の記事としてアップしてある。
    私は、2021年の3月に再検査と言われているが、転院を考えざるを得ない。なお、
    更衣室のカーテンの件とトイレの女性限定配慮は、別の職員の発想によると推測
    する。後者の女性限定配慮を頑なに固辞し続けているのは、院長と事務長である。
    院長も事務長も、性別は男である。近年は特に、社会の上層部の男に、女性限定
    配慮を好む人物が増えている。そういう男たちは、男性の人権には配慮しない。

 スポ−ツクラブの更衣室も、本来、そうあるべきである。私は、退会したAスポ−ツクラブのY支店の男性更衣室で、目隠しの役割を果たしていた中央列のロッカ−がなくなったとき、中央に仕切りをつくってほしいと要望したことがあった。この要望には、結局返信もなく、私もそこまで期待するのは無理かもしれないと思い、我慢をしたが、ある時、この支店で、男性従業員が、男性が着替え中なのに、新任と思われる女性清掃員を男性更衣室に連れ込んで、説明を始めたことがあった。それは、私にしてみれば全くの想定外の出来事で、私は、この二人を大声で怒鳴りつけた。それが抑止力となったのかどうかは知らないが、以後、この支店の男性更衣室に女性清掃員が入ることはなかった。

 ところが、この、私のような感受性を、受け入れない人、理解しない人、理解できない人がたくさんいる。男性にも、女性にもいる。それは、彼ら彼女らの、高慢さ、鈍感さ、単純さ、無知、配慮の欠如、人権無視、人権軽視、そして、不当な性的・社会的偏見、つまりはジェンダーバイアスの、存在の証である。そして、Bスポ−ツクラブZ店の昨年の店長Eも、結局そういう男だったのではないかと思う。彼は、前回の記事に記した@〜Bのような発言はしたが、感受性のレベルでは、AスポーツクラブX店の店長ほどではないにしても、やはり鈍感な部類に属していたのではないかと思う。振り返って改めてそう感じるのは、まず、2013年2月の、電話での彼との会話の冒頭の部分である。私は、浴室で女性清掃員に会った日に、彼女に、男性の浴室にも更衣室にも女性清掃員を入れないよう、会社に帰って責任者に伝えてほしいと言った。彼女が、どのような言葉を使ったのかは知らないが、道筋としてはその通りにしたようで、清掃会社から、この一件が店長Eに伝わった。そして電話でのEは、初め、私が女性清掃員に抗議をしたことに不満のような語調だったのである。それは、彼が、前述の如き男であることの証しである。私なら、まず、利用者に謝るだろう。「男性浴室に女性清掃員を入れて、本当に申し訳なかった」と。

 しかし、不満そうな彼の語調はすぐに変わった。私の語調がそうさせたのだと思う。そして彼は、前回の記事に書いた@〜Bの発言をしたのである。

 しかし彼は、そう言いながらも、現実的には何一つ実現せずに、しかも、経過や対応について、具体的な申し送りを後任の店長Fに全くせずに、転勤してしまったのである。彼が、どのような対応をしたのか、或いはしなかったのか、また、実現できなかった理由はどこにあったのか等について、私は、全く掌握できていない。私は後任の店長Fに、「Eさんと直接話したい」と、くり返し伝えたが、Fは、頑として、Eの転勤先を教えなかった。彼は、「この件(事実確認)については、私が責任を持ってEに聞きます」とくり返すばかりであった。しかし、そんな言葉を信用できるはずはない。二人で都合のいいように口裏合わせをするにきまっていると、私は思ってしまう。信頼関係は崩れたのである。

 同日の電話で、私は後任の店長Fに、「清掃員ではなく、クラブの男性スタッフが清掃を行うよう配慮できないか」と聞いた。彼は「現在の人員では清掃まではできない。新しく採用することもできない」と答えた。そこで私は、「清掃会社に、プライバシ−スペ−ス(浴室・更衣室・パウダ−ル−ム)の清掃は同性が担当するよう要望してほしい」と伝えた。この件について、彼は了解し、結果を私に伝えると言ったが、私は、スタッフの雇用や、清掃会社への要望に、Bスポ−ツクラブの本社がどのように関わるのか、或いは関わることができるのかを知りたいと思い、私が改めて電話をするまで、清掃会社への連絡は待ってほしいと伝え、電話を切った。私はこの件について、翌々日、Bスポ−ツクラブの「お客様相談室」に、問い合わせの電話を入れ入れた。
                                    (続く)


posted by 翠流 at 17:26| Comment(0) | 男性更衣室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。