2014年05月22日

男性の羞恥心 (2)

 同じ「男性」であっても、羞恥心の「質」は人によって違う、ということを、今回は書
こうと思う。私は、学生時代、東京の中央線沿線の閑静な住宅街で下宿生活をしていた。
その家には大学生の息子(A君)がいて、A君と私ともう一人、私と同じ大学に通うB君
が、二階で生活をしていた。私たちは、よく、A君の部屋で雑談に興じたが、あるときA
君が、骨折で入院手術を受けたときの体験を話してくれた。それが、中学時代であったか
高校時代であったか、私の記憶は定かでないが、いずれにしても、特に羞恥心の強い10
代の体験である。もっとも、話しをしてくれたのであるから、話せない人に比べれば羞恥
心は弱いという見方もできなくはないが、彼は入院中、強い羞恥を伴う処置を、二つ受け
たのである。処置の名前はここには書けないが、A君は、その体験についてこう言った。
「一つの処置は院長(男性)だったからまだよかったが、もう一つの処置は看護婦さん(
女性看護師)だったので、・・・・・もう・・・・・本当に・・・・・死ぬ思いだった・・・・・」。     

 たいへん気の毒な話しである。ただ、この話しを聞いて、私は、A君の羞恥に対する感
受性に、私と違う部分があるのを感じた。彼に聞いて確認したわけではないから確証はな
いが、察するにA君は、少なくとも羞恥の強い処置を受けるときの施術者は、もちろんそ
れが男性あっても嫌なのではあるが、女性であるよりは男性の方がよいのである。しかし、
デリケ−トな話であるからよく聞いていただきたいのであるが、私は、医師は男性がよい
が、男性看護師に対しては、拒否の感情が非常に強いのである。理由は、羞恥心とか屈辱
感とか表現しただけでは不足で、要するに、男性看護師さんに対してはたいへん失礼な発
言で申し訳ないが、それは、生理的嫌悪感なのである。血圧の測定や腕への注射くらいな
らまだよいが、「清拭(からだをふく)をします」などと言って、男性看護師が私の病室
に入ってくれば、私には非常に強いストレスがかかり、心の状態は間違いなく悪くなる。
病状にも影響が出るかもしれない。ところで、医療関係者は、こういう男性がいることを
知っているのだろうか? いや、知っている人はいる。実は以前、私が、ある美容系クリ
ニックに行ったとき、私を担当してくださった男性医師は、こういう私の気持ちを非常に
よく理解してくださった。少なくとも、男性看護師に対する感受性については、彼と私は
同じだったのである。

 では、女性看護師に対してはどうか、というと、これもまたデリケ−トな話で、よく聞
いていただきたいのであるが、端的に言えば、一般の女性と女性看護師は、少なくとも私
にとっては「質」の違う存在なのである。一般の女性は、要するに一般の女性なのであっ
て、その質は、私が、記事「男性更衣室」に書いた女性清掃員と同じである。つまりその
人たちは、唯々、私にとっては羞恥の対象としての女性なのであって、それ以外ではあり
得ない。だからたとえば、ある女性が私の病室に見舞いに来てくださったときは、その人
が部屋に入れば緊張するし、自分の身繕いを気にして動揺もするし、もしもそのとき看護
師が医療処置で部屋に来れば、仮にそれが血圧や体温の測定や採血であっても、気を利か
せて、部屋から出て行ってほしいのである。病室での採血と職場集団検診での採血は違う。
もっとも、これは、女性に対してだけの感情ではなく、男性であっても、部屋から出てい
ってほしい。医療処置は、医療関係者だけがいる部屋で受けたいのである。  

 では、女性看護師に対する羞恥心はどうなのか、という問題になるが、一般の女性が、
唯々、羞恥の対象でしかないのに対して、女性看護師には一般の女性とは異質な面がある。
それは、彼女の、医療者としての強制力だけではない。それは、彼女の「母性」なのであ
る。患者としての私には、彼女が女性看護師であるが故に、彼女の母性が見える。だから、
そうであるが故に、羞恥による拒否の感情は、次第に駆逐されて、私は彼女を受け入れ、
最終的には許すのである。だからそれが、先ほど書いた男性看護師に対する(失礼ではあ
るが)生理的嫌悪感と相まって、看護師は、男性ではなくて女性がよいのである。「男性
更衣室に女性清掃員が入るのが嫌なのなら、看護師だって、女性より男性の方がよいので
しょう」と考える人は、私のような男性の感受性を認識していない。判断が単純すぎるの
である。もちろんそういう男性もいるかもしれないが、私のような男性もいるのである。

 介護の問題についても同じである。もう10年以上前のことになると思うが、ある新聞に、
「同性介護」を主張する介護士希望の女性実習生の文章が載っていて、私は、彼女の、単
純に決めつける論理に、非常に強いストレスを感じたことがある。彼女の主張は、とにか
く「同性介護の絶対化」で、要するに、私のような男性の存在に、全く気づいていないの
である。或いは女性の場合、「同性介護」を求める感情には 一般性が高いのかもしれない
が、男性の場合は、必ずしもそうではないと思う。乱暴な画一化の暴力性に気づいてほし
い。あのときの、あの女性実習生の文章は、今思い出しても。悪心に襲われるのである。    

 要するに問題は、医療や看護や介護を受ける人たちの感受性を、医師や看護師や介護士
が、どのように捉えるか、という問題なのである。性別の違いを軽率に使った、感受性の
単純な一般化が、不当な性的偏見を生み、患者や介護を受ける人たちが、非常に強いスト
レスを抱えることがある、ということを、従事者は認識すべきなのである。先入観を捨て
ることが大切だと思う。処置を受ける人たちの感受性に、先入観を捨てて向き合い。その
人の感受性の真の姿を捉えなければならないと思う。

                
posted by 翠流 at 22:34| Comment(12) | 男性の羞恥心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更衣室やトイレにも通じる問題ですね。
更衣室であれば、男性には更衣室が用意されず、物陰での着替えを強いられたり、
トイレであれば通路から丸見えであったり、女子トイレがあるのに男子トイレがなく、
選択肢は男女共用だけしかない、という事例がそれにあたるでしょう。
どれも男性には羞恥心がない、或いは例え羞恥心があっても、合理性のために
犠牲にして構わないといった、男性への人格軽視が存在するようです。
そしてこの問題は、単に性別への偏見の域を越えてしまい、およそ無意味な女性
優遇へと悪い方向への進化を見せています。
最近は、男性医師に裸を見られたくない女性のために女性専用外来というのが
見られるようになりましたが、あれこそまさにそうです。
女医に診てほしい女性患者は、その女医に当たるように調整してもらえば、その
目的を完全に満たせます。
そして、受益者負担の原理の通り、順番が後ろにずれる事によって生じた待ち時間
の延長を代償として受けるわけです。
しかし、それで充分目的が達せられるにも関わらず、女性専用という発想に一足飛び
し、それが実現されてしまった現状にあります。
この時、女性は男性医師に診られない選択ができる特権と同時に、一つの診察室が
女性専用になる事で待ち時間においても男性より有利になります。
一方男性は、一切のメリットなく、ただ本来あったはずの診察室が一つ減り、
待たされる時間が伸びただけになります。
もはや、羞恥心に対する偏見すら越えてしまった歪みが現代にはあると思います。
とかく、女性を腫れ物扱いするがあまり、男性への扱いがぞんざいさを増している
この世情は早急に改善されるべきと思います。
Posted by 一見サン at 2014年05月24日 16:06
翠流様

記事とは関係ありませんが、知恵袋において、自殺願望を持つ方がいらっしゃいますので、時間があれば、対応頂けたら幸いです。

相談させてください。真剣です...中3男です 長文乱文になりますが最後まで読んで... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14129575614
Posted by クスクス at 2014年05月25日 00:35
クスクス様
 コメントありがとうございます。クスクス様には感謝です。
今、この時間、私は酩酊船の中のため、対応は避けますが、
目覚めても、実りある対応ができるかどうか・・・・・・?
大切なことは、彼の気持ちをどこまで受けとめられるか、だと思いますが、
率直に申し上げて、自信は全くありません。
でも、目覚めたら、この「Yahoo!知恵袋」を読むと思います。
では、明日、また・・・・・。
Posted by 翠流 at 2014年05月25日 01:22
翠流様

了解しました。
こちらも生きる選択をして下さる事を願っております。
Posted by クスクス at 2014年05月25日 01:32
「一見サン」様
 コメント、ありがとうございます。
来訪いただいたことに、たいへん感謝しております。
しかし今は、酩酊船の中ゆえ、返信は明日。
ご容赦ください。
Posted by 翠流 at 2014年05月25日 01:36
「一見さん」様

返信が遅れ、申し訳ありませんでした。
共感的なコメントをいただき、非常に感謝しています。

> どれも男性には羞恥心がない、或いは例え羞恥心があっても、・・・・・・・
 犠牲にして構わないといった、男性への人格軽視が存在するようです。
 そしてこの問題は、単に性別への偏見の域を越えてしまい、およそ無意味な女性
 優遇へと悪い方向への進化を見せています。

> もはや、羞恥心に対する偏見すら越えてしまった歪みが現代にはあると思います。
 とかく、女性を腫れ物扱いするがあまり、男性への扱いがぞんざいさを増している。
 この世情は早急に改善されるべきと思います。

全く、おっしゃる通りだと思います。
男性に対する人権無視、人権軽視のもとに、
男性差別の「女性の特権階級化」が、日本の至る所で進行しています。
これが、憲法第14条を擁する日本の姿かと、
本当に信じられない思いです。
私は、塵のような一個人でしかありませんが、
平等な人権尊重の社会を求めて、
発言を続けたいと思います。

来訪、ありがとうございました。
Posted by 翠流 at 2014年05月25日 23:28
翠流様

励ましのお言葉、誠に感謝致します。
Posted by クスクス at 2014年05月26日 00:23
クスクス様
 「Yahoo!知恵袋」の件、
遅くなりましたが、発言させていただきました。
お世話になりました。
Posted by 翠流 at 2014年05月26日 00:36
翠流様

男子児童が被写体の児童の裸体画像については、問題視しない表現規制反対派の主張がありましたので、下に提示致します。

緊急発言:児童ポルノ禁止法改正案の「児童ポルノ」についての定義は最悪だ!(園田寿) - 個人 - Yahoo!ニュースより一部抜粋(未成年の閲覧者に不適切な用語は伏せ字にします)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sonodahisashi/20140603-00035969/

(引用開始)
「乳幼児が,裸体で室内を這っているのは自然な光景であり、その際、乳首や○○が見えることも自然な動作の中で十分にあり得ることであるから、これは『殊更に・・・見える状態』にはあたらない。しかし、乳幼児の○○は、不自然に開脚させなければ見えることは通常はあり得ず、○○が見える写真は、『殊更に・・・見える状態』にあたる。」(同3頁)
(引用終了)

(引用開始)
「児童ポルノの定義を前述のとおりとすると、○○が見える状態で撮影された写真等は、その○○部分を黒塗りにして完全に見えないようにすれば、その段階では児童ポルノには該当しないということになる。」(同3頁)(太字強調は筆者)
(引用終了)

このように男子児童が被写体の裸体画像については、問題視しようとしない者が多いとこちらとしては実感しておりますが、男子児童であれ、女子児童であれ、同じ基準で児童ポルノ禁止法を適用しない限り、児童ポルノ根絶は実現しないとこらちとしては思っておりますが、翠流様のご意見も聞かせて頂けたら幸いです。

【参考記事】
男子児童が被写体の児童の裸体画像については問題視しない表現規制反対派の主張 - クスクスのフェミニスト考察室 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_20jp/33567461.html
Posted by クスクス at 2014年06月03日 23:19
こちらの知恵袋で、翠流様の記事を使用しましたので、お知らせ致します。

男性差別について女性はどう思っていますか - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11131268031
Posted by クスクス at 2014年07月04日 23:45
クスクス様

児童ポルノの問題について、ご質問を放置していて申し訳ありません。
全く学びをしていない状態での発言になりますので、ご期待に添えないかと思いますが、
児童の裸体画像につきましては、気になることが二つあります。内容は次の通りです。

 @ 児童の性別に関わらず、小児性愛者の性欲の対象になる。
 A 男性に対するプライバシ−軽視が、男児の生殖器官画像に対する配慮の欠落と結びついて
  いる。

問題意識としては、以上の2点です。
Posted by 翠流 at 2014年07月05日 01:10
今回の投稿については、URLが含んでおりますので、URLを削除した上で、投稿致します。

保存先
【7月5日投稿分】翠流氏に対するコメント - クスクスのフェミニスト考察室 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_20jp/33711597.html

ご回答誠に感謝致します。

【性的好奇心が盛り込まれた児童ポルノ禁止法について】
今年の6月18日に性的好奇心目的所持罪が盛り込まれた児童ポルノ禁止法(今年7月15日施行、性的好奇心目的所持罪の適用については、来年7月15日から適用)の成立後も、不特定多数の方が視聴する公共の電波では、入浴シーン等の児童の裸体が映る場面が流れる事もありますが、BPOの視聴者意見だけでは限界を感じる部分があります。
だからこそ、性的好奇心目的所持罪が盛り込まれた児童ポルノ禁止法の施行日(今年7月15日)を節目に、「性的虐待を伴わない児童の裸体であっても、モザイクをかけない性器が映る場面や、モザイクが薄い性器が映る場面」があった場合、警察に報告等の厳しい対応に移行しなければならないと思っております。

>@ 児童の性別に関わらず、小児性愛者の性欲の対象になる。
18歳未満の児童を性の対象として見るのは、断じて許される事ではないと言う点については、同意見で御座いますが、そう言った日本国民の良識が、表現規制推進派に利用されている事については残念に思っております。
確かに責任がある大人であれば、子供を守る事は当然の義務で御座いますが、そう言った日本国民の良識を利用して成り立つ典型的な法律として「児童ポルノ禁止法改悪案」がありますが、痴漢冤罪や、DV冤罪等の冤罪問題を見ればわかるように、「疑わしきは罰せず」と言った司法の大原則は無視される事は十分考えられます。

国民が知らない反日の実態 - 児童ポルノ法改正案の正体
(URLについては保存先の記事を参照)

このように被害児童を救済する目的の法律であっても、恣意的な運用に繋がる規定については、反対して行く必要があると言えますし、「児童ポルノ禁止法改悪案」以外の恣意的な運用に繋がる法律についても同じ事は言えるとこちらとしては思っております。

国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ
(URLについては保存先の記事を参照)

>A 男性に対するプライバシ−軽視が、男児の生殖器官画像に対する配慮の欠落と結びついている。
こちらの意見については全く異論はありません。
真の意味で被害児童を救済する為にも、男児が被写体のポルノ画像であれ、女児が被写体のポルノ画像であれ、その人の尊厳と人権を傷つけている事実がある訳ですから、こう言った状況を解消するためにも、より迅速に違法な画像を削除出来るような法整備を実現して行く必要があると思っております。

本来あるべき男女平等を実現する会代表 クスクス
Posted by クスクス at 2014年07月05日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。