2014年04月24日

A書店レディ−スデ−(1)・・・ 人権侵犯被害申告の精神的背景

 A書店のレディ−スデ−の件に入る前に、この問題の不当性に声を挙げる契機となった精神的な背景について記す。私は、この種の女性優遇に抗議をしたことは、今回で2回目である。初回は2年前、2012年の6月下旬に、上野国立科学博物館が行っていた女性割引に対して、電話で、約1時間の申し入れを行なった。この時は、憲法の拘束性が強いはずの「国立」の施設が「女性割引」を行なっていたこと、そしてその施設が、あまりにも知名度の高い「上野国立科学博物館」であったことから、社会的影響を強く懸念する思いで、申し入れを行った。この件を知ったのはBさんのブログで、その動画には、抗議する人たちの様子が映し出されていた。私はそれに触発されて、個人として、電話で申し入れを行なった。私の発言内容は、主に次の3点であったと記憶する。

  @ 女性割引は、男性に対する明白な差別である。
  A 憲法の拘束性は、「国立」の施設に対しては強いはずである。「女性割引」は
   憲法第14条に抵触する。
  B 個人の経済状況は性別で決まるものではない。裕福な女性もいれば、貧しい
   男性もいる。特に今は、社会の経済状況を反映して、リストラ・失業・倒産等
   によって、困窮を極める男性も多くなっている。このような状況の中で、なぜ、
   「女性だけ」に割引を実施するのか。それは、憲法に抵触する以前に、人間と
   しての倫理に離反する。男性差別の不当な割引きはやめてもらいたい。割引き
   を行うのならば、性別とは無関係に、全ての人を対象として行うべきである。

 Bさんたちの尽力あってのことと私は捉えているが、しばらくして、上野国立科学博物館は女性割引を中止した。私は非常にうれしかった。理不尽な差別が解消されたからである。

 その後、私は、同様の問題に声を挙げてこなかったが、今までブログに書いてきたように、今の日本は、日常であろうが災害対応のような非日常であろうが、女性優遇、女性限定配慮が拡大し、女性は既に特権階級のような存在になりつつある。

 記事の重複を避けるために、今まで採り上げてこなかった事例を挙げるが、消費の世界では、デパートであるにしろショッピングモールであるにしろ、高速道路のサービスエリアであるにしろ、そこには女性をタ−ゲットとした優遇戦略が溢れている。私にはマーケティングの知識はないが、あるネット上の記事によれば、あまりの女性優遇に疑義を呈した男性社員が、上司に「男性にも配慮を」と要望したら、上司から「バカ者、女性が来れば、男は自然についてくるんだ」と一喝されたのだそうだ。営利最優先の営業戦略が、法の下の平等を壊し、男女関係を歪曲させている。レディ−スデ−や女性割引だけではない。施設の女性専用スペ−スだけを拡充し、美しいトイレだけではなく、すべて女性限定の美しいパウダ−ル−ムやフィッティングスペ−スをつくるデパ−ト。道の駅や高速道路のサ−ビスエリアも、女性専用施設限定で、贅沢な拡充が進む。一例を挙げれば、東名阪高速道路の御在所サービスエリアに夜行バスで朝着けば、男性は、トイレの水道で歯を磨き、トイレの水道で顔を洗い、トイレの水道で髭を剃り、上半身の着替えもトイレの中で、下半身の着替えに至っては、大便をする個室の中でせざるを得ない状況であるのに、女性には、パウダールームも更衣室も用意されているのである。全くひどい男性差別。男性は、まるで人間として扱われていないかの如きなのである。

 他にも、社会的影響が非常に大きいと判断される専用車両問題、私の認識からすれば、痴漢被害対策としての女性専用車両拡大の一方で、痴漢冤罪被害対策としての男性専用車両が全く存在しないという男性差別の問題があるが、それについては、やがて別の記事として詳細を述べるとして、要するに、非常に多くの場面で、女性優遇、女性限定配慮、女性の特権階級化が進行する今の日本にあって、これもまた拡大を続けているレディースデーを、その女性優遇是認のメッセージ性を含めて、社会から排除しなければならないと思うのである。

 このような判断から、私は先日、自身が会員となっているA書店のレディ−スデ−について、地方法務局の人権擁護課に人権侵犯被害申告をした。特にAは、全国でも知名度が高い書店であり、その社会的影響は大きいと憂慮する。この被害申告について、次回は、詳細を記す。


posted by 翠流 at 23:31| Comment(7) | レディースデー・女性割引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>@割引は、男性に対する明白な差別である。               
>A憲法の拘束性は、「国立」の施設に対しては強いはずである。「女性割引」は憲法第14条に抵触する。                         
>B個人の経済状況は性別で決まるものではない。裕福な女性もいれば、貧しい男性もいる。  

同意です。特にBは激しく同意です。ニートと呼ばれる者は男性の方が圧倒的に多いのは紛れもない事実であり、ホームレスも同じ。また女性管理職(上司)と男性平社員とではどちらが収入が多いか?と言えば簡単明瞭。レディースデーは30年以上前から存在していたみたいですが、これはあくまでも主婦向けだったようです。それなら奥様向けと言う事で理解出来なくもないのですが、仕事をしているしていないに関係なく、ある意味同じ女性でも不公平に感じることがあるのではないかと?(収入や年齢の面で)

また男性差別の話に戻しますが、男性平社員と女性管理職(上司)が男女の関係になっていると想定します。この2人が飲食店や映画館やデパートに行ったらどうなるでしょう?同じ物を食べて、見て、買って・・・トータルで収入の多い女性収入の少ない男性平社員の方が出費が多かったと言う事になったら・・・男性は一体どう思うでしょう?少なくとも違和感を憶えるでしょうねえ。     
Posted by 市民権 at 2014年04月25日 18:09
市民権様。
 コメントありがとうございます。
上のクスクス様紹介の「Yahoo!知恵袋」のコメントの中に、次のような発言がありました。
       さらに、女性の根底には、レディーファーストが当然、
      レディーファーストされたい、の思いがあるから・・・・・
 「女性の自己中心性」を巧みに利用した営業戦略。優遇されると、その上に「あぐら」をかいて、優遇が当然であるかのような意識になってしまう女も、たくさんいるような気がしますね。営業戦略が男女の位置を変える。若い男性は、これから大変だと思います。「男性差別」は、企業の女性優遇だけではありませんしね・・・・・。
 「収入の少ない男性平社員の方が出費が多かった」というような「ハラスメント」も、横行するようになるかもしれませんね。
 ところで、「女性専用車両に反対する会」の入会希望、なぜか拒否されてしまいました。私は、「反対する会」の人とは全く面識がなく、アクセスも今回が初めてですから、私個人と「反対する会」の間には、直接的には何もなかったのですが・・・・・・。
 この件は、「報告」の形で、近日中に、このブログの記事にする予定です。
Posted by 翠流 at 2014年04月26日 23:49
>ところで、「女性専用車両に反対する会」の入会希望、なぜか拒否されてしまいました。私は、「反対する会」の人とは全く面識がなく、アクセスも今回が初めてですから、私個人と「反対する会」の間には、直接的には何もなかったのですが・・・・・・。

え?拒否されたんですか?
前回連絡が取れないという事でしたよね?で、何とか送信できたという事でしたよね?
一体何があったんでしょう?翠流さん、僕とメールでやりとりしませんか?
Posted by 市民権 at 2014年04月27日 00:19
市民権様。
コメントありがとうございます。
「女性専用車両に反対する会」の件、報告記事を2週間以内くらいにアップする予定です。
先日「反対する会」のFという人に、「拒否の理由を教えてほしい」旨のメ−ルを送りました。
返信をいただけるか否か全くわかりませんが、もう少し待つ予定です。
「メ−ルやりとり」の件、ご厚意に感謝します。
返信はもうしばらくお待ちください。必ずご返事いたします。
Posted by 翠流 at 2014年04月27日 10:15
紀伊國屋が男性差別することを非常に残念に思います。
紀伊國屋で本を買わないようにします。

私も不買運動をすると共に、できるだけ男性差別企業に直接抗議をしています。
疲れますが、日本のためです。
特に男性の子供や若い人がかわいそうです。

Posted by 差別反対 at 2014年05月07日 17:49
「差別反対」様

 来訪ありがとうございます。
思いを同じくする人との、新しい出会いに感謝します。
「差別反対」様の、「特に男性の子供や若い人がかわいそうです」というコメント、
私も、本当にそう思います。
子供も含めて、若い男性が、非常に生きづらい時代になったと思います。
一例をあげれば、
近年、就活に失敗して自殺する若者が増えていて、
そのほとんどが男性なのです。
男性の困難な状況に配慮する言葉を持たず、
「光り輝く女性」発言ばかりをくり返し、
たとえば国家公務員採用者女性割合30%を達成するための女性優遇採用推進のごとく、
男性差別のポジティブアクションを推し進める安倍晋三に、
強い憤りを覚えています。
男性が差別されない時代、男性の人権も守られる時代、男女平等の時代になることを、
強く願っています。
Posted by 翠流 at 2014年05月09日 11:39
どうもこんにちは。

2014/5/17(土) 午前 9:35 [ 名無し ] のコメントをした者ですが、ご対応頂きまことに恐縮に思います。
つきましては、一度ご挨拶をしておかなければやはり失礼に当たるのではないかと思いましたので、コメントさせて頂きます。

「表示されません」となるほど重いのも毎度毎度というわけではありませんので、これからもしばらく様子を見てみなければ何とも申し上げられませんが、今のところ問題はないようです。

しかしながら、あのコメントをした後で、他にも重いSeesaaブログがあるのを思い出したのですが、そこもトップページや各カテゴリーにものすごい数の記事を表示させているので、原因はやはりそれと見て間違いないのではないでしょうか。

失礼いたします。
Posted by はじめまして at 2014年05月19日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。