2014年04月15日

✿ ロングカ−ディガン

ある人から、私たちの服装について、
その自由を強調するコメントをいただいた。
返信はすでに書いたが、
実は私も、基本的には、服装の自由を主張する人間の一人で、
私の個性は、男性としては、たぶん強い。

私は小心であるから、
社会からの疎外を恐れるが、
それでも私は、1年ほど前から、
メンズライクではあるがレディ−スの、ロングカ−ディガンを着て、
ショッピングモ−ルを歩くようになった。
以前買った、比較的高価なメンズのセ−タ−の中に、
綺麗な淡いパ−プルの、
気に入っていたVネックがあるが、
この冬はそれを着ることがなかった。

好きなデザインの、
素敵な色調のロングカ−ディガンを着て、
全身が映る鏡の前に立てば、
その中に、幸せな自分が見える。
私は、上から当たる直射光を嫌うが、
均一な、柔らかい光であれば、
求める美しさは、鏡の中に現れる。
煩悶から解き放たれた、幸せのひととき、
それは、もしかして、ナルシシズム?
いや、そのような自己陶酔ではなくて、
もしも私が女であれば、
鏡の前の、当然の権利としての、
平凡な幸せとして。

私が通うダンススタジオの、ある女性が言った。
今度生まれてくるときも女がいい。
女の方が楽しいことがたくさんありそうだし・・・・・。

私は、ロングカ−ディガンを着てショッピングモ−ルを歩きながら、
彼女の言葉を思い出す。
美しさを着て、幸せそうに歩く女たち、
私はひととき、彼女たちと同化して、
美しさを着る幸せをかみしめる。
男たちの知らない幸せがここにあると。


posted by 翠流 at 23:54| Comment(2) | ジェンダー・アイデンティティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翠流さんはダンススタジオに通っているんですか?

>今度生まれてくるときも女がいい。女の方が楽しいことがたくさんありそうだし、男には責任がありそうだし・・・・・。

これはやはり人によってなんでしょうね。また同性でという人も居れば、差別などの問題から次は異性に生まれ変わりたいと思う人も居るでしょうから。ただ、「男には責任ありそうだし」だという言葉は、結構意味がありそうな気がします。(別にその女性を擁護する訳ではありませんが)

ファッションのこだわりは男女関係ないですし、その人の自由というか個性というんでしょうかね。
翠流さんはロングカーディガンがお好きなようで、なかなかお洒落だと思いますよ。
僕は無頓着だから、しょっちゅう職場の女性や親戚(女性)や母親にも「若いんだから、同世代の男の子みたいな格好をしたら?」とよく言われたもんです。こういうのが結構嫌だったりするんですよね。自分のセンスと他人のセンスって違いがあるし、そういうのも「男女差別問題」とかに発展したりもするんですよね。
Posted by 市民権 at 2014年04月16日 01:15
市民権様

>翠流さんはダンススタジオに通っているんですか?
・・・・・モダンダンス中心のスタジオです。
  今は、モダンとジャズとクラシックのクラスに出ています。

>「男には責任ありそうだし」という言葉は、結構意味がありそうな気がします。
・・・・・私は、言葉通り、素直に受け取りました。

>僕は無頓着だから。
・・・・・市民権さんは、文章から、お洒落な人かと思っていたのですが・・・・・。

>そういうのも「男女差別問題」とかに発展したりもするんですよね。
・・・・・そうですね、そういうことはあると思います。機会があったら「男女差別問題」について、
  具体的な話を聞かせていただけると幸いです。
Posted by 翠流 at 2014年04月20日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。