2014年01月29日

トイレの男性差別 (2)

近年、私の居住県で、いや、全国どこでもそうであろうが、
Sコンビニエンスストアが展開している新店舗のトイレはすべて、
二つのうちの一つが女性専用で、もう一つは、男女兼用である。
つまり、女性には専用トイレがあるが、男性には専用トイレがない。
排泄の場であるトイレ、排泄の羞恥を伴うトイレ、
人間の尊厳に関わる排泄の場で、男性には専用トイレが与えられないという差別。
私は、このような差別に耐えられない。
Sの本社は、新店舗に対して、
そういう、トイレの表示プレ−トを送付しているのである。
「強制力はない」などと、担当者は言っているが、
現実的には、あるのと同じである。
私は、いくつかの店舗とは交渉して、差別を解消したが、
数が多すぎて話にならない。
女性はトイレに時間がかかるという主張を、私は、傾向として認めているが、
それを言うのなら、男性だけの人権軽視を避けるために、
二つのトイレの両方を男女共用にすべきである。
私の家の近くの、Lコンビニエンスストアは、
二つのトイレのうちの一つには男性用の、そしてもう一つには女性用の表示プレ−トを貼っているが、
それだけではなく、両方のトイレに、男女共用のプレ−トも貼っている。
要するに、原則は男女別だが、緊急時にはどちらを使ってもよい、という表示である。
Sもそのようにすればよいのである。
私はSの本社と相談センタ−に苦情を入れたが、解決しない。
Sだけではない。北関東を中心に展開している、あるコンビニエンスストアの担当者などは、
「うちは、男性客が多く女性客が少ないので、女性を集客するために、女性優遇トイレを設置した」などと言っているのである。
全く、話にならない話である。営業戦略が、倫理より遙か上にある。
このような、男性に対する人権軽視のトイレは、
コンビニエンスストアだけでなく、ファミリ−レストラン、居酒屋、喫茶店でも増えていると聞く。
女性はそれで、勝手に幸せだろうが、
私のような男性は、精神的に、非常にきつい。
トイレは、人間の尊厳に関わる場所である。
男性を差別しないで欲しい。

改めて言うまでもなく、女性優遇は、
トイレの設置だけではなく、実に様々の場面で、日本中に広がり続けている。
巷には、営業利益と、男性軽視のフェミニズム的発想を背景とする、女性優遇戦略が溢れているし、
女性に「ゲタ」をはかせるポジティブ・アクションは、
既に政治の表舞台で顕在化するようになった。
内閣府男女共同参画局が牽引する、女性優遇・女性優先の施策については、
既に何回もこのブログで取り上げてきたし、
今年もまた、同様の記事は続くだろう。
公共交通機関について言えば、
男性が直面する「痴漢冤罪被害」という恐ろしい現実さえあるというのに、
鉄道会社は、相変わらず男性の人権に目を向けることなく、
「女性専用車両」という名の特別車両だけが、
「専用」という「偽りの名」と共に、今日も明日も存続する。
男性の人生を破壊する「痴漢冤罪被害」に関わって言えば、
捜査や司法の場には、「疑わしきは罰する」という、男性に対する究極の人権侵犯が、
今も変わらず存在する聞く。
自殺が男性に多いことは衆知の事実であろうが、
近年それは、就活の失敗を原因として若年層に広がりを見せ、
その、ほとんどが男性なのである。
男性は生きづらさを抱える時代。
女性は幸せを手にする時代。
それは、複数の、「国民の幸福感調査」にも現れている。

ところで私は、前述のような、一般企業でのトイレの男性差別は、
法務局人権擁護課に申し立てをしても、たぶん成果は期待できないだろうと、
不本意ながら思っていた。
しかし同様のトイレは、人権尊重が大きな柱であるはずの医療機関にもあったのである。
私は、緊急避難的にそのクリニックを訪ねたのであるが、
トイレを見て、非常にショックであった。
排泄の場は、人間の尊厳に関わるというのに。
男性の人権を軽視したトイレを設置していた医療機関。
私は、そのクリニックを許せなかった。
そして私は、法務局の人権擁護課に、一抹の期待を抱いたのである。
相手は人権尊重を柱とすべき医療機関なのだから、
人権救済の申し立てをすれば、
もしかすると法務局は、クリニックに対して、人権啓発発言をしてくれるかもしれない。
私はそう思ったのである。

しかしその期待は裏切られ、
私が望んだ「救済手続き」は、「不開始」となってしまった。
当時の課長は、例の「男性更衣室」問題を担当した人であったが、
「人権侵犯事実不明確」の結論(記事:男性更衣室1〜3参照)が出されてから、
彼の態度は変わったように、私は感じていた。
私は、クリニックのトイレの件について、電話で、「申し立て」をしたい旨を伝えたが、
彼は初めから、「救済手続き」を「不開始」と考えていた。
そして、その根拠として、次のような「人権侵犯事件調査処理細則、第7条第1項第7号」をあげた。
私の申し立ては、この条文に該当し、救済手続きは開始できないと言うのである。

   「第7条第1項第7号」
    ・・・・・「当該人権侵犯による被害が生じておらず、又は生ずるおそれが
      ないことが明らかであるとき」(救済手続きは開始できない。)

この課長の言に対する私の主張は、次回の記事に記すが、
私は、彼の発言に納得できず、申し立てに法務局に行く旨を伝えた。
法務局に行く日、私は、次回の記事として掲載するような文書を持参した。
私は、既述の「男性更衣室」問題の「人権侵犯事実不明確」の結論に関わる「情報公開請求」をした時、
人権擁護課の、事件に関する記録が非常に雑であることを知った。
しかし「訂正請求」をしても、諮問庁は次のような主張を根拠として、
私の立場からすれば明白な誤りでも、訂正しなかったのである。

    人権侵犯事件の記録は「その内容について、概要・要旨・趣旨を記載するもの
   であって、一字一句違わずに記載する趣旨のものではなく」、また、該当の記録
   一式は「概要・要旨・趣旨の記録として、適当なものとなっている。」

しかし、人権侵犯被害申告をした私の立場からすれば、
申告は、私が発したすべての言葉の総体としてなされているのであって、
記載内容の誤りや、正確さを欠いた表現の多かったその記録は、
私にとっては、「概要・要旨・趣旨の記録として、適当なもの」とはなっていなかったのである。
しかしそういう私の思いは通じなかった。
だから私は、トイレの件の時、
自分のの思いを記した文書、記録としてそのまま残せる文書を持参したのである。
私は、法務局の一室で、課長に、人権擁護課の職員の数を聞き、
局長を含めた人数分の文書を受け取って欲しいと言った。
しかし彼は、文書は一通も受け取らないと言った。
納得できずに、受け取って欲しいとくり返す私。
押し問答の末、結局彼は、一通だけ受け取った。
しかし彼が、その文書に目を通すことはなかっただろうと思う。
私はその文書を、次回の記事として、このブログに掲載する。


posted by 翠流 at 18:51| Comment(6) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「うちは、男性客が多く女性客が少ないので、女性を集客するために、女性優遇トイレを設置した」

私が利用している駅の構内にあるショッピングモールでは女性客が多いので、女子トイレの方が多いです。差別ではあるのですが、あまり気にしていませんでした。
女性が多ければ女子トイレが多く、男性が多ければ男子トイレが多いのは効率が良いからです。
まあ、男子トイレの方が多いところなんてありませんけど。

しかし、この担当者は頭が大丈夫なのかと思いますね。
男性客が多いからこそ男子トイレが多くなければなりません。
それなのに逆に少ないって・・・。
男性は我慢をして精神的な苦痛を味まったり、膀胱炎などの病気になっても良いのでしょうか。
男性への敬意にかけていますね。
こんなゴミみたいな人間が経営しているコンビニなんて利用したくないですよ。

それにしても、女子トイレが男子トイレよりも多いことに対して優越感を感じる女ってどのくらいいるんでしょうね。そんな女はほんの一部しかいないと思うので、男性が不便であるだけですよね。

結局、女性客が多くても少なくても女優遇するというのは女性割引なんかと同じですね。

ところで、そのSコンビニの名前を出すことはできないのでしょうか?
今後利用しないためにもどこのコンビニかを知りたいのですが。
私が利用しているコンビニの中にはそのような差別的なコンビニはありませんが、店舗が違っても、ブランドが同じならば連帯責任として、もうそのコンビニの利用は辞めようと思います。
Posted by xavi at 2014年02月01日 22:33
xavi様
コメントありがとうございます。
コンビニエンスストアの名前は、すべて明らかにして問題はないと思っていますが、
Sが、現在、全国で展開している店舗のトイレは、すべて上記のようになっているのではないかと思います。
従って、xavi様の居住地でも同じではないかと思うのですが・・・・・。
Posted by 翠流 at 2014年02月03日 10:37
もしかしたら近くに無い若しくはあまり利用しないコンビニかもしれないです。
コンビニに行くときに特別トイレを気にはしてはいませんが、そのようなトイレは今のところ見たことはありません。
もしSが近くにあるのならば確認してみようかと思いますし、本社に苦情メールでも送ってみようかと思いまして。

現代社会はインターネットがあるので、以前よりも文句言ったもの勝ちの世の中になっている気がします。
男性は少しくらい気になってもあまり苦情を言わない傾向があるようなので、差別が拡大してしまっていると思います。
Posted by xavi at 2014年02月03日 19:36
憲法第13条、同第14条は国家に対する権利であり、病院やコンビニに対する権利ではありません。

従って、「第7条第1項第7号」
    ・・・・・「当該人権侵犯による被害が生じておらず、又は生ずるおそれが
      ないことが明らかであるとき」(救済手続きは開始できない。)

Posted by 東大平行線 at 2014年02月03日 20:05
東大平行線=東京六大学=nin**40g*e=早稲田田んぼ=健次郎=砂金

男性であれ、女性であれ、健全な性的羞恥心が備わる訳ですから、男女問わず、性的プライバシーに配慮すべきだと言えます。

男性差別を考えるHP やぐるまの鏡 @wiki版 - 男性のプライバシー軽視
http://www18.atwiki.jp/yaguruma/pages/24.html
男性差別を考えるHP やぐるまの鏡 @wiki版 - 温泉地における男性差別
http://www18.atwiki.jp/yaguruma/pages/21.html
男性差別を考えるHP やぐるまの鏡 @wiki版 - トイレにおける男性差別
http://www18.atwiki.jp/yaguruma/pages/19.html
Posted by クスクス at 2014年02月06日 00:08
今更ですが、こちらにコメントします。

>二つのうちの一つが女性専用で、もう一つは、男女兼用である。
つまり、女性には専用トイレがあるが、男性には専用トイレがない。

実は僕も先週、これを確認しました。勤務先に近い場所にある「S」店です。
該当店舗は翠流さんが書いているように、「男女兼用」と「女性専用」でした。
その為「S」店の従業員に尋ねたんですが、「分からない」「どこでも昔から」
と言う事でした。結果的には「聴くだけ無駄」でしたけどね。
後日、少し離れた「S」店を確認した所、こちらは「男女兼用」と「男性専用」
となっていました。
僕自身、ある団体に加入しているのでこれについても意見したいとは考えている
内容ですが、「S」店の「男女兼用」と「女性専用」割合が多いかリサーチ中で
す。
Posted by 市民権 at 2014年03月17日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。