2013年12月12日

内閣府男女局 総務課へ ・・・ 「ひどすぎる復興アンケ−ト」について

 11月25日に掲載した記事、「ひどすぎる男性無視の復興アンケ−ト」で取り上げた「男性に対する人権無視」について、私は、内閣府男女共同参画局に、いくつかの質問と発言をしていたが、12月5日に、担当者から回答を得た。その内容は次の3点に要約される。

 @ 調査は、対象とした自治体や被災者への負担を考え、1回限りという計画で行った。
 A 従って、今後行う予定はない。
 B 今後、災害発生時に同様の調査を実施する場合は、(翠流)さんの要望のように、男性
  にも配慮した調査項目を設定する。(私の要望の具体的な内容は、下記の要望書の通り。)

 現在、男女局のHPに掲載されている該当の記事、「東日本大震災からの復興に関する男女共同参画の取組状況調査」の45ペ−ジ、図表5−5−1「避難所運営の際に男女共同参画の視点を反映させた取組」には、上記Bの内容に相当するコメントの付記はなく、男女局が、「男性に対する人権無視」を肯定したまま、調査結果を全国に発信している印象となる。従って、不満と批判は強く残るが、とりあえず、今後の方向については、「男女共同参画」という言葉と乖離しない回答を得た。その内容を確認し、確かな形として残したいという思いから、私は、内閣府男女共同参画局総務課に、改めて、次のような要望書を送ることにした。今後への申し送りが確かになされ、男性に対する人権無視・人権軽視が、回避されることを願う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                              平成25年12月12日
内閣府 男女共同参画局 総務課 様
                                  ( 翠 流 )
                 要 望 書

    「東日本大震災からの復興に関する男女共同参画の取組状況調査」   
       に見られる、「男性に対する人権無視」の指摘と、        
  今後の災害対応における、「男性に対する人権無視・人権軽視の回避」について。

                   記                   

 既に今月5日に、総務課防災担当の ○○○ 様から、防災担当者4名の会議の結果であると
して、ご回答いただいた件ではありますが、その内容を確認し、文書として明確な形で残した
いという思いから、改めて要望書を送らせていただきます。             
 11月27日に、私から ○○○ 様に発言させていただきましたように、本年6月7日に、内閣
府男女共同参画局ホ−ムペ−ジの「災害対応」に掲載された記事、「東日本大震災からの復興
に関する男女共同参画の取組状況調査」の45ペ−ジ、図表5−5−1「避難所運営の際に男女共
同参画の視点を反映させた取組」に記された調査項目は、下記のように、そのほとんどが、女
性だけに対する配慮に終始しており、男性に対する配慮、具体的には「男性用更衣室」「男性
のニ−ズの把握(聞き取り、意見箱等)」「男性に対する相談窓口の開設・周知」「男性専用
の物干し場」は完全に欠落しています。因みに、「物干し場」につきましては、私は現在の居
住地に来て約20年になりますが、この20年間、私は、洗濯物を干すときに、自分がスラックス
の下に身につけている1枚の下着を、人に見える場所に干したことは、ただの一度もないので
す。すべて部屋干しです。そういう男性もいるのです。               

 【図表5−5−1:調査項目】                            
   男女別トイレ。 避難所の運営体制への女性の参画。 女性用物資(生理用品や  
   下着等)の女性による配布。 女性用更衣室。 女性のニ−ズの把握(聞き取り、 
   意見箱等)。 間仕切りによるプライバシ−の確保。 授乳室。 女性に対する相
   談窓口の開設・周知。 乳幼児のいる家庭用エリアの設置。 女性専用の物干し場。 
   女性に対する暴力を防ぐための措置。 その他                 

 前述のように、図表5-5-1の名称には「男女共同参画の視点を反映させた取組」と書きな
がら、その調査項目には男性に対する配慮が存在しません。この、名称と内実の乖離。それ
は、男性に対する人権無視という倫理的な問題点であると同時に、男女共同参画社会基本法
第3条、そして日本国憲法第14条に抵触する内容であると考えます。          
 この私の発言につきまして、○○○ 様は、防災担当者4名の会議の結果であるとして、今
後の災害発生時には、私の発言のような要望を取り入れる形で、つまりは、「女性の人権だけ
ではなく、男性の人権にも配慮して」調査項目を設定することを確認したと、回答してくだ
さいました。しかし、人権尊重の原点に立ち帰って考えれば、それは、本来、この調査の開
始時点で考慮されるべき事項であったはずと考えます。男性にも人権はあります。男性の人
権を無視しないでください。本年5月に公開された「男女共同参画の視点からの防災・復興
の取組指針」の4ペ−ジには、「避難生活において人権を尊重することは、女性にとっても、
男性にとっても必要不可欠であり、どのような状況にあっても、一人ひとりの人間の尊厳、
安全を守ることが重要である。」と記されています。この精神を忘れることなく、真の「男
女共同参画の視点」から、今後の施策が実施されるよう、強く要望します。        
この記事へのコメント
翠流様

全文同感であります。
「男性に対する性的プライバシーの軽視」や、「男性に対する暴力」については、内閣府男女共同参画局は率先して取り組もうとしないと言えますが、男性であれ、女性であれ、人権を尊重しなければならないと言えますし、今後も問題提起して行く所存であります。
Posted by クスクス at 2013年12月16日 23:43
官公庁に問い合わせたり、掛け合ったりするというのはとても実際的な活動方法でいいですね。素晴らしいです。御苦労も失望もあるのでしょうけれども、頑張ってください。

いや、こういう場合は「頑張ってください」という気合いの入った言葉より、「時間のかかることでしょうから、ゆったり構えていきましょう」といった言葉の方が適切なのでしょうか。うーん、ワカラナイ。
「いっしょに頑張りましょう」と言うのが一番いいのでしょうけど。なかなかそこまでの勇気と根性がなくって。


Posted by ピュグマリオーン at 2013年12月17日 21:22
クスクス様。コメントありがとうございます。
最近私は「男性に対する女性の暴力」に関心を持ち始めています。横浜市のDV調査は参考になりそうです。ご存じのように、内閣府男女局は、第三次男女共同参画基本計画で、「女性に対するあらゆる暴力の根絶」を掲げていますが、「男性に対する女性の暴力」は取り上げていません。一面的で、女性優先の自己本位性を感じます。もっとも、第三次計画そのものが、自己中心的なフェミニズム運動のようなものなのではないでしょうか。学びを続けていると、そういう思いが強くなるばかりなのです。たとえば、第10分野の「生涯を通じた女性の健康支援」などは、その典型ではないでしょうか。女性も男性も、いのちの重さは同じはずなのに、そして、明白な性差としての「男性の短命」という現実が確かにあるというのに。ところで、第四次計画に対するパブリックコメントは来年なのでしょうか? どうにかしなくちゃいけませんよね。全く、男女局の施策を見ていると、男性に対する人権無視、人権軽視が多すぎて、本当にあきれるのです。
Posted by 翠流 at 2013年12月19日 12:48
ピュグマリオーン様。
コメントありがとうございます。
私は、コメントをいただけるだけでも感謝なのですが、
今の日本の状況を見ると、
男性の人権を擁護する団体が少なすぎると感じるのです。
事態はずいぶん深刻になっていると、
私は思うのですが・・・・・。

これからもよろしくお願いいたします。


Posted by 翠流 at 2013年12月19日 13:09
翠流様

ご回答誠に感謝致します。
内閣府男女共同参画局は「女性に不利な性差」について、率先して取り組む反面、「男性に不利な性差」については、殆ど触れようとしないと言えますから、男女共同参画と言う亡国政策は明らかに欺瞞と偽善に満ちていると言えますし、未来の子供たちに禍根を残さない為にも、男女共同参画社会基本法の廃止を実現させる必要があるとこちらとしては思っております。

美しい日本をつくる会 男女共同参画社会基本法の廃棄をめざして 署名
http://www.utsukushii-nippon.org/shomei.html
Posted by クスクス at 2013年12月19日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。