2013年11月19日

自殺予防フォ−ラム

一昨日、近隣の某市で行われた「自殺予防フォ−ラム」に参加した。
以前、内閣府の自殺対策推進室に問い合わせの電話をしたとき、
「全国各地での取り組みの主体は、各自治体にある」という話を聞いたが、
某市の取り組みは非常に意欲的で、感心させられた。

たとえば、ポスタ−や、相談窓口(7カ所設置)の電話番号をはさみ込んだ多数のポケットティッシュの、医療機関等への配布、
或いは、パンフレット「支え合おう心といのち」の作成、
そして、自殺、心の悩み、こども、金銭・労働、その他生活に関する困りごと等の相談機関18カ所の連絡先を書いた「あなたにも出来る自殺予防のための行動」というパンフレットの作成等、
今後、市民への周知活動が進めば、優れた運動に発展するように思われた。

先回の記事に書いた「経済・生活問題」や「勤務問題」に起因する自殺の、
男性に見られる深刻な状況については、
特に取り上げる配慮はなく、不満はあったが、
とりあえず、表面に現れた性差別はないように思われた、というより、
もしかすると、性差の提示によって、
男性の危機が女性より顕著であるという実態が顕在化することを、
好まない人たちが担当部署にいたような気もする。
もしも性差が、男女逆であったなら、
その事実を積極的に提示したのではないかと、
私は、経験的に思うようになってしまっている。

近隣の他の自治体や全国の取り組み状況を知りたいと思い、質問をしたところ、
講師として来ていた某大学病院の精神科医が、
東京足立区を、意欲的な取り組みの事例として挙げた。
その具体的な内容は紹介いただけなかったが、
「地域により温度差がある」という精神科医の言葉から、
意欲的な自治体は必ずしも多くはないという印象を受けた。

ちなみに、私の居住県では、
男女共同参画センターが、例によって、
女性限定支援センタ−であるかの如き気紛れをおこし、
「女性限定電話相談」を開設しているが、
かつて自殺の淵を彷徨い歩いたことのある知人と交流のある私でさえも、
公的機関の自殺予防対策としては、
この「女性限定電話相談」以外を知り得たことはなく、
他には、私設として、法人ではあるが「いのちの電話」があるだけだろう。
いや、仮に担当部署として公的機関に存在しても、
自殺の淵を彷徨い歩き、カウンセラーや精神科医を頼りに呻吟していた知人が、
全くその部署にたどり着けなかったという現実があったわけで、
それはつまり、自殺対策担当部署が、
市民に対する直接的支援の部署として、
全く機能していなかったことを意味するのである。

ところで、この、女性限定電話相談の件について、
当時の男女共同参画課の係長に、
「女性限定」である理由を聞いたところ、
彼女は、相談員が女性で、しかも一人しかいないことをあげた。
しかし、実は、ある相談活動に関わりを持ってきた私の認識からすれば、
少なくとも精神面での相談活動は、
相談者と相談員が同性でなければならないとか、
同性であれば成功するとか、そういう限定的な性質のものではない。
わかりやすい例として、逆に私が相談者であったときの経験をあげれば、
このブログの「裏切りの男女共同参画」の冒頭のような状況の中で、
呻吟する私の思いを受け止め、安らぎを与えてくれたのは、
「いのちの電話」の「女性」相談員であった。

要するに、心の相談活動の成否は、
相談者と相談員の感受性、相談内容、相談員の資質等の、
複合的な要因によって決まるのであって、
女性係長はそれを認識していなかったか、
或いは、仮に認識していたとすれば、彼女の心の中では、  
「女性優先」の思いが先行していたのだろうと思う。
相談員が女性の場合、男性からのいたずら電話が危惧される一面はあるが、
それは、電話相談では、決して珍しいことではなく、
相談員に、それをかわす覚悟と訓練が必要なのは、常識的当たり前であろう。
私は、男性に明らかに多い自殺の問題や、今の日本の男性の幸福感が女性より低いことなども話題にしたが、彼女は、「自殺対策は別の部局でやっている」などと言った。
しかし、上述の如く、自殺対策の部局は、
仮にあったとしても、市民に対する周知活動や現実的支援の欠落という点で、
有って無きが如しだったのである。

話題を「自殺予防フォ−ラム」に戻す。
私は、フォ−ラムの翌日、某市の自殺対策の担当部署に、手紙を出した。
主な内容は、自殺の実態を知るためのデ−タとして、
厚生労働省の人口動態統計と、警察庁の自殺統計の、
どちらを使うのが妥当かについての、私の意見である。
因みに、このフォーラムでは、厚労省の人口動態統計が使われた。

担当部署に送った手紙は、以下の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○○市○○課 ○○様

昨日は「○○市自殺予防フォ−ラム」に参加させていただき、ありがとうございました。
特に「○○市における自殺対策の取り組み」は大変有益でしたが、
最後に質問をさせていただきました「全国の自殺者数」のデ−タの件につきまして、
発言を補足させていただきます。
お話いただきました、在日外国人の自殺者数が、厚労省の人口動態統計に含まれていない件、
私自身も、確認いたしましたが、外国人であっても、日本在住であれば、
個人による事情の違いがあるとはいえ、
日本の社会状況の、何らかの影響下で自殺をした可能性は否定できないように思います。
とすれば、自殺者数を、社会の問題状況の指標として捉えるとき、
在日外国人の自殺者数を除外して考えるのはいかがなものか?
という疑問を捨てきれません。
また、在日外国人の方たちに対する人権上の配慮、或いは自殺対策という観点から考えても、
たとえ数値だけであっても除外することには疑問が残ります。
会場で発言させていただきました「自殺であるか否かの判断」の、
警察庁と厚労省の違いの件、
厚労省が医師の死亡診断書と死亡届もとに人口動態統計を作成していることに対する疑問、
つまりは、自殺であることを隠すための虚偽の申告の可能性が、
自殺の実態把握の妨げになる危惧も含め、
私は部外者ではありますが、改めて発言させていただきます。

尚、別件ではありますが、
当日、会場入り口の近くに掲示してあった2種類のポスタ−のうち、
新しいものなのでしょうか?、中央のハ−トの図柄の中に、
多数の歯車が描かれているポスタ−を、
個人的に入手できないでしょうか?(1〜2枚)
掲示許可の手続きが必要な場所に貼ることはありません。
もしも入手可能であるならば、
大変お手数ではありますが、入手方法等、必要事項を、
次の E-mail アドレスに、ご連絡いただけないでしょうか。
   ○○○・・・・・・・・・・・
私は、そちらのご都合に合わせて、取りに行くことが可能です。

ところで過日、内閣府自殺対策推進室に問い合わせの電話をしましたとき、
「各自治体の取り組みの主体は各自治体にある」という話しを聞きました。
○○市のような取り組みが全国に波及し、
孤独の中で呻吟する人たちに対して、
細やかな配慮の相談体制が確立されることを祈ります。

                    2013年11月18日 ( 翠 流 )



posted by 翠流 at 23:37| Comment(0) | 自殺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。