2013年09月04日

男女別統計の不当な扱い (その1)

          ・・・・・ 男性に対する人権無視・人権軽視

                 (1) 統計があったにもかかわらず。
                 (2) 再び、「裏切りの男女共同参画」

(1) 統計があったにもかかわらず。

 すでに、このブログの「裏切りの男女共同参画」に記したように、今年の3月28日に公開された「男女共同参画の視点からの防災・復興の取組指針(案)」には、たとえば「避難所の開設」のような、プライバシ−に対する配慮が非常に大きな問題となる事項について、女性に対しては非常に手厚い配慮が記されていたにも関わらず、男性に対しては、全く配慮が記されていなかった。私は男性であるが、それに非常に強いショックを受け、しばらくの間、「いのちの電話」の頻回通話者になっていた。それは、「裏切りの男女共同参画」に書いた通りである。「指針(案)」は、その後の意見募集の過程を経て修正され、男性のプライバシ−に対する配慮は付け加えられたが、「指針」の「解説・事例集」の、たとえば「避難所チェックシ−ト」の如きは、言葉を、はなはだ不完全にいじっただけで、男性に対する人権無視は相変わらず存在する。

 私は、この問題について、「内閣府の」「男女共同参画」局ともあろう部局が、つまりは、全国津々浦々の男女共同参画部局の頂点に位置する、そして何よりも、「男女の個人としての尊厳」、「男女の人権」を尊重すべき位置(男女共同参画社会基本法第三条)にあるはずの内閣府男女共同参画局が、あのような、男性のプライバシ−を無視した「指針(案)」を提示したこと自体が、今も信じられないのである。「男女共同参画局がそんなことをするはずはない」という無条件の信頼が、「男女共同参画」と言う美名の前に、私にはあった。

 しかも、最近になって気づいたのであるが、平成24年版男女共同参画白書には、すでに、女性だけではなく、男性も、プライバシ−に対する配慮を強く求めていることを示すアンケ−ト結果があったのである。私はそれを、先回と先々回のブログの「要望書」の中に記した。改めて要点を書けば、次の通りである。

     「災害直後からの避難所での生活について困っていること」として、「プライバ
    シーが確保されていない」ことをあげた被災者の割合は、女性で39.0%であるが、
    男性でも30.7%が「困っている」と答えている。
     また「備蓄や支援物資に対する要望」では、「プライバシ−間仕切り」の要望件数
    が、女性で29件、男性で27件となっている。

 つまり、男性の場合も、プラバシ−に対して配慮を求める気持ちは強いのである。このようなアンケ−ト結果があったにもかかわらず、内閣府男女共同参画局は、あの「指針(案)」を作成した。それを考えると、本当にあきれる思いがする。本来なら、プライバシ−に対する配慮は、アンケ−ト結果などなくてもなされるべき、人権上の配慮として当然の、そして必須の事項と考えるが、アンケ−ト結果があってもなお、内閣府男女共同参画局は、男性に対しては配慮をしなかったのである。全くそれは、私の感受性からすれば、男性を人間として見ていないかの如きハラスメント、「人間の尊厳」という言葉は、男性には与えられないかの如き暴力である。

 もっとも、「指針(案)」の中には、防災・復興の基本的な精神に関わる部分で、次のような、不安が溶けて消えていくような文章もあったのである。

     避難生活において人権を尊重することは、女性だけでなく、男性にとっても必要
    不可欠であり、どのような状況にあっても、一人ひとりの人間の尊厳、安全を守る
    ことが重要である。       

 しかしこの精神は、各論の、「避難所の開設」のような、人権・プライバシ−との関わりの強い部分では、全く生きていなかった。文章は、女性に対する配慮ばかりに終始し、男性に対する配慮は、完全に欠落していたのである。

 何年か前のことになるが、私は、内閣府男女局に問い合わせの電話をする中で、上の引用文のような発言をしてくださる方と出会ったことがある。また今も、個々の職員の方たちからは、男性の人権も軽んじることのない視点に立った、誠意ある言葉を聞くことがある。しかし、男女双方の人権に配慮する正論が、必ずしも市民権を得られないような雰囲気が、男女局にはあるような気がする。上の引用文と、「指針(案)」の「避難所の開設」の内容の不整合の原因の一つは、そこにもあったのではないかと推測もする。引用文のような発言をする人は、もしかすると、それだけで精一杯なのではないか。そう思わざるを得ないような私が、男女局との関わりの中で、すでに私の中に作られてしまった。

(2) 再び、「裏切りの男女共同参画」

 問題は、「災害対応」に限られるわけではなく、内閣府男女共同参画局の、施策全体の方向性にあると私は感じている。その一部には、男性に対する配慮もないわけではないが、しかし全体としては、男女平等実現の域を逸脱して、女性への配慮、女性優遇に強く傾斜する流れであり、男女双方の人権の尊重を視座に据えた誠意ある職員も、それに巻き込まれざるを得ないような体質があるのではないかと感じている。最近は、男女局内部で行われている研修についても、その内容が気になるのである。もしかするとそこには、男女局へ転勤してきた人たちに対する洗脳教育のような色彩があるのではないか?

 今まで、「災害対応」だけではなく、「ポジティブ・アクション」や「健康支援」等に関わる施策も見て、いずれまた記事にする予定ではあるが、内閣府男女共同参画局には、女性優遇を、非常に巧みに正当化しようとする論理が存在すると思う。そして私の推測ではあるが、その背後には、非常に自己中心的な「似非フェミニスト(女性優遇論者)」の存在と圧力があるように感じている。知的レベルが高く、しかし著しく自己本位で、巧みな詭弁を弄し、女権拡大を企図する「似非フェミニスト」たち・・・・・。こういう私の推測が、誤りであればよいが・・・・・。

 ところで、先日私は、「差別ネットワ−ク」のブログで、「形式的平等」と「実質的平等」の記事を読んだ、要するに「似非フェミニスト」たちは、本来「実質的平等」であるはずの「機会平等」を「形式的平等」であると表現し、「形式的平等」でしかない「結果平等」を「実質的平等」と表現するというのである。言葉を用いた、非常に巧みな「イメ−ジ操作」、国民の意識操作。女性にゲタをはかせて「結果平等」を実現しようとする憲法違反を、あたかも合法であるかの如く見せて、男性差別の女権拡大を企図する戦略。「男女共同参画」という美しい言葉と施策の乖離。自己本位の「似非フェミニスト」たちの、許せない戦略だと思う。
この記事へのコメント
翠流様

全文同意であります。
こう言った男性の性的羞恥心を軽視する風潮を改善する為にも、より多くの方に周知して行く必要があると思っておりますし、このブログの記事の拡散について是非とも許可頂けたら幸いです。
Posted by クスクス at 2013年09月05日 21:53
クスクス様。ご返事する前に、おたずねしたいことがあります。次の質問にお答えください。

@ 拡散先は、どのようなところですか?
A どのような形で拡散するのですか? 「翠流のブログからの引用」という形ですか?
B 使う場合は、翠流の意思ではなく、すべて「クスクス様の意思」「クスクス様の責任」で、ということになります。そういう確認でよろしいですか?
C ほんの一部でも、文章を変えられては困りますが、そういうことはないと考えてよろしいですか?
D 私は、不特定多数の人を対象として、メッセ−ジを発信しています。また、私の主張は、一つの記事全体が、ひとまとまりの主張になっています。「部分」は「部分」でしかありません。そういう前提をふまえていただけますか?
E まさか「剽窃」などということはないでしょうが、そういう確認でよろしいでしょうか?
Posted by 翠流 at 2013年09月06日 11:30
翠流様

各質問に対して回答致します。

>@ 拡散先は、どのようなところですか?
主にツイッター等の場所であります。

>A どのような形で拡散するのですか? 「翠流のブログからの引用」という形ですか?
主にツイッター等を活用して拡散しようと思っておりますが、その他にブログの記事を執筆する際に翠流様の記事から引用した場合や、説明に使用した場合、随時お知らせする形で宜しいでしょうか。

>B 使う場合は、翠流の意思ではなく、すべて「クスクス様の意思」「クスクス様の責任」で、ということになります。そういう確認でよろしいですか?
はい、宜しいです。

>C ほんの一部でも、文章を変えられては困りますが、そういうことはないと考えてよろしいですか?
はい、宜しいです。

>D 私は、不特定多数の人を対象として、メッセ−ジを発信しています。また、私の主張は、一つの記事全体が、ひとまとまりの主張になっています。「部分」は「部分」でしかありません。そういう前提をふまえていただけますか?
承知致しました。

>E まさか「剽窃」などということはないでしょうが、そういう確認でよろしいでしょうか?
はい、宜しいです。
Posted by クスクス at 2013年09月06日 22:16
クスクス様。
返信、ありがとうございました。
クスクス様を信頼し、「拡散」を了解させていただきます。
差別のない社会をめざして、
特に、最近、とみに顕著となった、そしてこれから先、ますます拡大していくと思われる男性差別とたたかうために、私も、微力ながら、メッセ−ジを発信し続けます。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 翠流 at 2013年09月07日 13:54
翠流様

拡散について許可して頂きまして誠に有り難う御座います。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
Posted by クスクス at 2013年09月07日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。