2013年09月01日

内閣府男女共同参画局(調査課)へ ・・・・・ (その1)

先回の記事で取り上げた、男性のプライバシ−を無視したアンケ−ト、
国立教育政策研究所が作成し、全国の教育委員会に配布している、「学校施設の防災機能に関する実態調査」の、調査項目に見られる男性差別について、
私は、その調査結果を白書に使用した内閣府男女共同参画局に対して、
下記のような要望書を送った。
内閣府男女共同参画局から、国立教育政策研究所に対して、
女性だけではなく、男性のプライバシ−にも配慮してアンケ−ト項目を修正するよう、
発言をしてほしいという要望である。

法に示された条文を持ち出すまでもなく、
内閣府男女共同参画局は、
私の要望に、「人間として」応えるべきだと考えるが、
私は、率直に言えば、男女共同参画局を信頼できなくなっているので、
法の条文を示したくなってしまう。
それは大変悲しいことだ、
内閣府「男女共同参画」局 様、
私は、美しい名前のあなたを信頼したいのに。

条文は、日本国憲法で言えば、もちろん第13条と14条、
そして、男女共同参画社会基本法で言えば、
「男女の人権の尊重」を謳った第3条。

因みに、男女共同参画社会基本法第3条には、次のような条文が記されている。

「男女共同参画社会の形成は、男女の個人としての尊厳が重んぜられること、男女が性別による差別的取扱いを受けないこと、男女が個人として能力を発揮する機会が確保されることその他の男女の人権が尊重されることを旨として、行われなければならない。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                    平成25年8月30日
内閣府男女共同参画局 調査課 様
                                     ( 翠 流 )

                    要 望 書

       男女共同参画白書(平成25年・全体版)本編・第1−8−3図の作成に使用
      された「学校施設の防災機能に関する実態調査(国立教育政策研究所)」の、
      調査項目に見られる、男性に対する人権無視と、その改善について。

                      記                   

 内閣府男女共同参画局が、平成25年の白書を作るにあたり、本編「第1−8−3図:避難所となる学校における防災関係施設・設備の整備状況」の作成に用いた、国立教育政策研究所「学校施設の防災機能に関する実態調査」の項目には、「女性のプライバシーに配慮したスペースの確保」がありますが、男性に対しては、これに相当する項目がありません。プライバシ−に対する配慮は、人間の尊厳に関わる事項であるにもかかわらず、女性だけに配慮し、男性に配慮しないのは、男性に対する人権無視であり、放置できない差別であると考えます。
 因みに、内閣府男女共同参画白書(平成24年全体版)、「第1−特−17図」によれば、「災害直後からの避難所での生活について困っていること」として、「プライバシーが確保されていない」ことをあげた被災者の割合は、女性で39.0%ですが、男性でも30.7%が「困っている」と答えています。また、同白書「第1−特−18図、備蓄や支援物資に対する要望」では、「プライバシ−間仕切り」の要望件数が、女性で29件、男性で27件となっており、男性の場合も、プラバシ−に対して配慮を求める気持ちは強いのです。
 また、もしも仮に、プライバシ−に対して配慮を求める男性の割合が、上記のデ−タより少ない調査結果があったとしても、プライバシ−が人間の尊厳に関わる事項であることを考えれば、プライバシ−に対する配慮は、たとえ少数者であっても、それを強く望む人のためにはなされなければならないと考えます。
 男性にも羞恥心の強い人がいます。「男性は我慢しなければならない」などという、不当な人権無視、男性差別が絶対に発生しないよう、配慮を強く求めます。

 以上の観点から、私は既に、国立教育政策研究所文教施設研究センタ−に対して、調査項目修正の要望書を提出しました。しかし、一国民でしかない私の要望だけではあまりにも弱い。つきましては、内閣府男女共同参画局から、国立教育政策研究所・文教施設研究センタ−に対して、男女両方の人権を尊重する視点から、次のような内容の発言をしていただきたく、強くお願い申し上げます。

【発言内容】 「学校施設の防災機能に関する実態調査」の調査項目のうち、「女性のプライバシ−に配
      慮したスペースの確保」については、女性だけではなく、男性の人権にも配慮する視点か
      ら、それを、たとえば「男女のプライバシーに配慮したスペースの確保」のように修正する
      こと。
       今年度、既に全国の教育委員会に送付し、結果を集約中のアンケ−トについては、この項
      目だけについて、改めて、項目を修正したアンケ−トを作成し、全国の教育委員会に配布
      し、集約し直すこと。

 以上、よろしくお願い申し上げます。
この記事へのコメント
翠流様

翠流様の記事を説明の為に使用しましたので、お知らせ致します。

国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ 【2013年版】【8.24更新】皆様方に御協力と最前線支援の御願いです!
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2040.html
Posted by クスクス at 2013年09月19日 06:19
クスクス様
ご連絡いただき感謝ですが、「8.24更新」でブログ内検索をしても、見つからないのです。
アドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
Posted by 翠流 at 2013年09月20日 11:06
翠流様

下のリンク先の記事の49番目のコメントにおいて翠流様の記事を使用致しましたが、わかり辛い部分もありましたので、コメントした内容について引用致します。

国民の基本的人権と安全を考える有志のブログ 【2013年版】【8.24更新】皆様方に御協力と最前線支援の御願いです!
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-2040.html

タイトル 元常連様へ
投稿日時 2013年9月19日午前6時16分

○の場所が説明の為に使用した部分

>元常連様

>>性的羞恥心という言葉を使って、性的なもの=悪と捉えられるような発言、性的なものの解釈を極端に広げているような発言を繰り返しているところなんて、正にラディカルフェミニストそっくりです。
>こちらとしても児童ポルノ禁止法改悪案等の表現規制諸法は阻止すべきだと考えておりますし、その点については元常連様と同じ考えだと思っております。

>【拡散希望】表現規制諸法を阻止する為に - クスクスのフェミニスト考察室 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_20jp/32003374.html

>次に性的羞恥心の軽視について特に重点を置いている問題について下に列挙致します。

>@公共の電波において明らかに児童ポルノ禁止法に抵触する場面(性器、臀部、全裸等)を編集せずにそのまま流す事について
>A男子更衣室を設けられていない事について
>B男子更衣室や、男子トイレ、男湯等の性的羞恥心に関わる場所の女性従業員が担当する事について
>C災害対策における男性に対する性的羞恥心の配慮の欠如について

>本来あるべき男女平等を実現する会総合案内所 - クスクスのフェミニスト考察室 - Yahoo!ブログ(本来あるべき男女平等を実現する会の重点活動の節を参照)
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_20jp/28411059.html
○>内閣府男女共同参画局(調査課)へ 男性差別とたたかう者のブログ
○>http://mzkisaragigid.seesaa.net/article/373604897.html

>このように性的羞恥心を保護(真の意味で被害児童を救済する為に児童ポルノ根絶や性犯罪撲滅等の対策の導入等も含む)する目的には大いに賛成でありますが、児童ポルノ禁止法改悪案は冤罪や言論弾圧に繋がると言えますし、諸外国においても、児童ポルノ根絶や性犯罪撲滅に寄与していないと言えますから、こちらとしては真の意味で被害児童を救済出来る法整備をするべきだと思っております。

>真の意味で被害児童を救済する為の法整備について - クスクスのフェミニスト考察室 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/hiro_20jp/31905677.html

>最後にこのコメントにおいて不備がありましたら、是非ともご指摘頂けたら幸いです。
Posted by クスクス at 2013年09月20日 23:24
クスクス様
ご返事ありがとうございました。
ご利用いただき感謝です。
酩酊船の中から、感謝申し上げます。
Posted by 翠流 at 2013年09月21日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。