2013年07月31日

男性更衣室(3)・・・ やり場のない思い

 記事「男性更衣室(1)退会」に書いたように、Aスポ−ツクラブの男性更衣室に女性清掃員が入る問題について、地方法務局の人権擁護課は、当初、それを、「人権侵犯として扱う」という認識を示した。しかし、課長の言によれば、東京の法務省の職員との相談によって、やがてその判断は否定され、「人権侵犯事実不明確」の結論となった。それは、私にとっては了解できるはずのない結論であったが、それが「行政処分ではない」という理由によって、私は「不服申し立て」をすることができなかった。その、やり場のない思いを、私は、機会あるごとに、関係書類の中に記すようになる。例えば、私が行なった記録の開示請求の結果が「部分開示(私に関する記録以外は全て黒塗り)」でしかなかったことを不服として、開示の拡大を求めて行った審査請求が認められなかった件について、情報公開・個人情報審査会に送った意見書の中に、私は次のような文章を書いている。意見書としての本題は別の部分にあるが、ここでは、人権侵犯事実不明確の結論を不服とする私の主訴に関わる部分を引用する。なお、引用にあたって、原文に部分的修正を加えている。

【情報公開・個人情報審査会へ送った意見書からの引用】

・・・・・(前略)・・・・・ 私には、私が行った人権侵犯被害申告、即ち、「スポ−ツ施設における性的偏見に基づく男性利用者の不当な扱い」の処理結果に、強い不服があり、それをここに記すことなくして、開示方法に意見を述べる気にはならない。この私の気持を、情報公開・個人情報保護審査会には受け入れてほしいと強く思う。今回の処理結果は「行政処分ではない」という理由によって、私は不服申し立てをすることができなかった。
着替えであるとか、入浴であるとか、或いは排泄であるとか、それらの場はすべて、精神的な動揺を生じない状態で用を足せるよう、環境が整えられるべき重要な生活の場であって、それは、全ての国民に保障されなければならない重要な人権の一つであると考える。この件について、現在の社会状況の中では、女性に対しては、充分な、時には男性に比すれば余りにも贅とも言える配慮、優遇措置がとられるようになっているにも関わらず、男性に対しては、その、羞恥に関わる感受性の多様性、羞恥心の強い男性の存在、があるにもかかわらず、それに配慮することなく、「男だから」「男のくせに」という差別の価値基準を持って、性的偏見に基づく不当な扱いがなされる場合が数多くある。そして、Aスポ−ツクラブの男性更衣室に女性清掃員が入る問題は、私にとっては、まさにその「性的偏見に基づく不当な扱い」そのものであった。
 地方法務局人権擁護課は、当初、私の申し立てに対して、それを「ジェンダ−ハラスメントとして扱う」という方向性を示してくださった。それは、私にとっては、私に対する理解の証しであって、私は、法務局のAスポーツクラブに対する人権啓発的発言に期待したのであった。ところが、やがて法務局はこの認識を捨て、「人権侵犯事実不明確」の結論を出す。では、なぜ、そのような不当な結論を出したのか。私が着替えをする場所、上半身でもためらうのに、スラックスを脱ぎ、下着を見られ、その下着までも脱がなければならない場所に、同性でも嫌なのに、なぜ女性が入ってくるのか。その重大な人権侵犯。それが確かにあったのに、「人権侵犯事実不明確」という結論を出した地方法務局。私は、その結論の根拠、そして、調査・検討・審議の過程を、すべて知りたいと思うし、法務局には、その説明責任があるはずだと思う。
              ・・・・・ (中略) ・・・・・
 ところで、改めて今回の事件を振り返れば、Aスポ−ツクラブが私に謝罪し、女性清掃員を男性に変える確かな見通しを提示していれば、それで事件は終わっていたのである。ところが、事態は、このように無駄に複雑化した。私は、何とも言えないやりきれなさを感じる。そこまで私の人権は、「男性」であるがゆえに軽視されるのかと、耐え難い思いになる。セクシュアルハラスメント、ジェンダ−ハラスメント、パワ−ハラスメント、ドクタ−ハラスメント等、人権を守るためのハラスメント告発の言葉が社会に拡散し、LGBTのような性的マイノリティ−の人たちの存在を含め、多様性認識と人権擁護の気運が高まっている日本の社会にあって、なぜ、男性に対しては、「男性が着替えをする場所に女性清掃員を入れないでほしい」という要望が叶えられないのか、私には理解できない。
 ところで、地方法務局が「人権侵犯事実不明確」という結論を出した理由について、私が人権擁護課の課長に質問をしたとき、彼はつぶやくように言った。「先例になる・・・」と。それは一体どういうことなのか。被害者の私の立場からすれば、「今回の事件は明白な人権侵犯である」という結論を出し、先例を作ることこそが、「男性に対する不当な性的偏見に基づく人権侵犯」をなくすために必要な対応であって、それこそがまさに、法務局の仕事、責務だったのではないか。率直に言えば、私は自分が男性であることに起因して、色々な嫌な思いを経験してきた。その一つが羞恥に関わることであって、その感受性を人権擁護課に理解してもらうために、私は、私の申告時の記録担当者の粗雑さや誤記の故に「人権侵犯事件記録一式」に記されなかったことも含めて、私の特徴について説明をさせていただいた。当初、それが受け止められたからこそ、「ジェンダ−ハラスメントとして扱う」という方向性が示されたのだと思う。しかし、法務局はやがてその認識を捨てる。法務局は、私の人権を擁護しなかったのである。私は、この不当な結論を承服しない。そして、この結論に至る過程のすべてを知り、今後、私がどのようにたたかうことができるのか、或いはたたかうべきなのかを考えたいと思っている。この私の思いを、情報公開・個人情報保護審査会には、理解してほしいと強く思う。


posted by 翠流 at 01:59| Comment(0) | 男性更衣室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。