2013年06月22日

あの人は今どこに

Kスポ−ツクラブの男性更衣室の件があってから、
私は、男性の人権擁護に取り組む団体を探して、
インタ−ネットで検索をするようになった。
その頃、ネットには、「メンズリブフォ−ラム札幌」という名のHPがあって、
「活動場所」と書いてある北海道立市民活動促進センタ−に電話をしたことがある。
連絡先は、札幌エルプラザの市民活動センタ−だという話を聞いて、
そちらに問い合わせの電話を入れたが、
「今はもう活動していないようだ」という答えしか返ってこなかった。
「賛同人」になっていた、北海道大学大学院の助教授の、
Sさんに聞けば何かわかるかもしれないと思い。
そちらにも電話をしましたよ。
出てくださったのは庶務のOさんという人で、
私の電話をていねいに受けてくださって、
助教授のSさんと連絡を取ってくださった。
しかし、得られた答えは市民活動センタ−と同じで、
結局私は、「メンズリブフォ−ラム札幌」を立ち上げた人の名前も、連絡先も、
知ることができなかった。

わからないから、X(エックス)さんにしましょうか?
Xさん、あなたは今どこにいますか?
もしかするとすぐ近くにいて、
「差別ネットワ−ク」に書き込みをしていたりして?

インタ−ネットを媒体として男性差別とたたかう人には、
私など足下にも及ばない論客もいて、
それは、幾ばくかの安らぎを私に与えることもあるが、
なぜか、男性差別とたたかう「団体」の姿が、
「差別ネットワ−ク」以外には見えてこない。
「男性差別を許さない市民の会」には、何回かアクセスしましたが、
なぜかご返事いただけないのです。

「賛同人」に大学の先生を据えて、
前向きな言葉でホ−ムペ−ジを立ち上げていたXさん。
あなたは今、どこにいますか?
あなたのような人や、インタ−ネットの論客や、
全国の、男性差別を憂う人たちが結集して、
男性差別とたたかう団体が、
今の日本にはつくられなければならないと、
私は強く思っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。