2020年07月03日

壊れていく男たち (2)・・・ ある知人への手紙

3週間遅れで、たまたま、次の記事を読みましたが、
とうとうここまできてしまったか、という感じですね。

  ◆ 政府が方針を決定 性犯罪者に「GPS」義務化を検討 ◆
                  2020/06/12 06:21 ・・・・・ テレ朝 news
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000186036.html
         記事全文は、末尾に記す。

以前、一度書いた記憶がありますが、
もうずいぶん前に、米国で、
ミーガン法の適用によって過去の性犯罪を公開された転入男性が、
自殺をしました。
彼は、本気で、立ち直りたいと思っていたのではないか?
と思ったりして、
ミーガン法の理不尽を、強く感じましたね。
しかし、性犯罪に再犯が多いのは事実のようで、
抑止のための、説得力ある対案を提示できなければ、
GPS装着を、
容認せざるを得ないような気もしますね。

ところで、
男性の性犯罪増加の、要因分析が、
ネットニュースに乗らないので、
私は、違和感を感じ続けていますが、
もしかすると、要因分析の中に、
体制批判や女性批判が登場するので、
出せないのかもしれない、
などと、思ったりもするのですよ。

戦後の、日本人の集団を考えると、
移出や移入はあるにしても、
総人口に対しては、近似的に無視できるでしょうから、
日本人の遺伝子構成は、
近似的には変化していないと、
考えて良いと思うのです。
とすれば、日本人男性の性犯罪増加の原因は、
外部環境の変化にあるわけで、
そういう視点を含め、
複数の、性犯罪心理学の専門家と、
腰を据えて、
話しをしてみたいと、
思うことがあるのですよ。
もしかするとそこには、
男性の「弱者性」が、
潜んでいるような気がするのです。

ところで、Aさんの発言の、
他の高再犯率犯罪との、量刑の平等性の問題は、
説得力があると思いますが、
平凡な市民は、そういうことは、
殆んど意識していないでしょうね。
Aさんが、ネットか何かで、
拡散させれば、別なのでしょうが ・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事全文】 政府が方針を決定 性犯罪者に「GPS」義務化を検討

政府は性犯罪や性暴力の対策を強化するため、初めての方針を決定しました。性犯罪者にGPS(全地球測位システム)機器の装着の義務付けを検討することなどが柱です。

橋本男女共同参画担当大臣:「性暴力被害者や関係者の思いと声を正面から受け止めて性暴力をなくしていくという政府の決意と具体的な取り組みの方針を示すものであります」
 方針には仮釈放中の性犯罪者らにGPS機器装着の義務付けを検討することが明記されたほか、児童らにわいせつ行為をした教員は原則、懲戒免職とすることなどが盛り込まれました。「#MeToo」運動や「フラワーデモ」など性被害の根絶を求める声が高まっていることを背景に策定されました。

posted by 翠流 at 01:35| Comment(9) | 人権擁護への思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする