2020年02月23日

男性にも専用トイレを ・・・ 【医療機関:その7】

大腸内視鏡クリニック【A】への取組み ・・・ (No.4)

【記事ーE】:経過と取組みの詳細ーW ・・・・・ 2019年 4月1日 以降

◆-22 クリニックA所在市(K市)の男女共同参画部局へ

・K市の男女共同参画部局は、【記事−A】◆-7に記したように、「男女共同参画センター」で「性別による差別等の相談」を受付けている。私は、既述のように、市外在住を理由に対象から外されているため、相談対応の内実は分からない。また、今までの経験から率直に言えば、対応に男性の人権を軽視するスタンスがあるのではないかと、疑義を捨てきれない。しかし、体制としては、このような相談システムは、自治体外の在住者を相談対象にすることを含め、全国で早急に拡充されるべきものと考える。男女共同参画運動は、男女の人権の尊重、性別による差別の禁止を謳うが、実際の市民生活には、法の条文が実効性を持ち得ない性差別が多数存在し、日常であっても、災害対応の如き非日常であっても、「性別による差別等の相談」事項に溢れ、特に近年は、今回の件を含め、男性が不当な我慢を強いられる事象が増え続けている。

・上述のように、私は、K市在住ではないという理由によって、「性別による差別等の相談」から外されてしまったが、その根拠は、K市役所のTさんの言によれば、市税の非納や選挙への非関与等にあるらしく、条文としては、K市男女共同参画条例中に、「市民が対象者である」旨が記されている。しかし、この件については、やはりTさんから、次のような意味の発言を聞いており、これを足掛かりに、もう少し踏み込めないかと、今も心に燻る思いがある。

 【Tさんの発言内容】
   条文には、対象は「市民」である(属地主義)と記されているが、行政サービスとして、
  それを超える対応はあってもよいのではないか、という考え方はある(条文としては、ない)。
  市外在住者をどこまで相談対象にするかは、各所管課の解釈、運用による。

・なお、上述の「性別による差別等の相談」は、月に1回、申告のあった事項について対応を協議している、とのことであるが、私は、K市に隣接するU市の某法律事務所に、以前(10年ほど前?)この委員会のメンバーであった弁護士Vが在籍していることをネットで知り、彼とは2回相談の機会を得たが、彼からは、「両性の平等」とはむしろ異質な、消費の世界での女性優遇戦略を肯定的に捉え、同時に、クリニックA・B両者の女性限定配慮を是認するスタンスが感じられた。私は彼に、事実経過と、私の主訴を含むクリニックB院長との交換メール(【注1】いずれこの連載記事中に掲載する)等を、A4版の用紙9枚に記して、2回目の相談の前に郵送したが、彼は、恐らくは、それを読まなかったのではなくて、読んで、しかし私の主訴を、意識的に捨象したのではないかと思う。それが、2回の相談で、彼から感じ取った、彼のスタンスである。

・関連して追記するが、彼は、初回の面談の時、次のような意味の発言をしたと認識している。私は社会科学には疎いから、聞き取る能力は脆弱であるが、言葉の記憶を辿れば、彼の発言は、次のようになると思う。

   「今の日本の法体系、法解釈は、中世ヨーロッパ、モーツアルトの時代、18世紀の頃の
  資本主義社会と、ほとんど変わっていない。労働運動によって(?)上げ底はあったが、『私
  人活動は自由、国は手足を縛らない』という法的規範のもとで、最大の経済効果をあげよ
  うとしている」。

 最大の経済効果・・・? そう言われると、消費の世界で拡大を続ける女性優遇戦略が、明らかな男性差別であるにも関わらず放置されている理由が、見えてくるような気がする。要するに、財界人であるにしろ政治家であるにしろ、社会の上層に位置して、勝ち組の幸せの中で生きている男たちは、心の中では、女性優遇戦略は男女平等に離反すると当然の如く気付きながらも、経済効果を最優先させ、平等の倫理を壊す男性差別を、黙認、是認、或いは推進しているのではないかと。そして、恐らくはそれと同質の、或いは類似した、女性優遇集患者戦略を含みつつ、今の日本の社会の、女性優遇、女性専用化の進行を巧みに利用しながら行なわれているのが、クリニックAやBの、女性優遇医院経営ではないかと思うのである。関連して、クリニックAのホームページの、院長のページを見ると、彼は、医の倫理に生きる人間というよりも、集客を重視する事業家のように見える。では、クリニックBの院長はどうか? 彼は、今流行の言葉を使えば「イケメン」の男で、その顔をホームページに出している。加えて、やがて後掲することになるが、彼の、恐らくはその明晰な頭脳で全てを計算した上で、批判の矛先を巧みにかわし、或いは無視し、女性優遇配慮を貫徹しようとするその態度から、彼は、もしかすると、体質的に「女性が好き」で「女性を優遇したがる男」なのであって、その体質が、院長の権限の椅子の上で、平等の倫理を横柄に破壊しているのではないかと思うのである。世の中には、そういう男が、いるではないか。

 ところで、今回の取組みをしつつ感じるのであるが、電話での短時間の接触だけの場合も含めて、多くの弁護士は、根底に持つ主義主張の問題とはまた別に、既存の、一般的な法解釈、そして、今の社会を覆う支配的な価値観等を意識しつつ、自分が勝てるかどうかを、強く忖度する人間のように感じる。私のような問題意識の相談者は、弁護士の主義主張という点で見れば、「男らしさの規範」に反するというジェンダ―バイアスの呪縛によって淘汰されるが、社会意識そのものもまた、同質のバイアスの呪縛下にあり、加えて、上述の弁護士Vの発言のような日本社会であれば勝算などあるはずもなく、従って、私のような男性の弁護を引き受けてくれる弁護士さんは、日本のどこかに仮にいたとしても、甚だ例外的な存在なのではないかと、思うのである。しかしもしも私自身に、財力と法学の専門知識があれば足を踏み込んで、という思いもあるが、既に言及の通り、どちらも私にはないのである。

 ところで、ついでに書いておくが、上述の弁護士Vは、2回会った印象と私への接し方から判断して、性的羞恥心の弱い男性だと思う。しかし、弱くても、強さを受け止めていただければそれでよいのであるが、彼にその気配は全くなかった、2回目の面談が終わり、某弁護士会館を後にするとき、彼は私を避けながら、地下鉄の駅に向かって行った。

◆-23 公的機関への申告の主たるものには、他に、【記事−A】◆-7に記したように、「K市保健所 医療安全課 相談窓口への申告」と、「K市地方法務局人権擁護課への人権侵犯被害申告」があるが、要点は◆-7に記したので、それをそのまま、下に転記する。「人権侵犯被害申告」については、一抹の期待があるからこその申告なのであるが、残念ながら、予測通りの、「人権侵犯事実不明確」にとどまってしまった。法務局(法務省)は、この種の問題については、少なくとも男性に対しては手厚い支援をしない。「不明確」の結論には、実効性などないのである。

   ※ K市保健所 医療安全課 相談窓口への申告 ・・・・・・・・・・・ ◆-7の(3)
 
    ・ 医療安全課は私の要望をクリニック【A】に伝えてくれたが、後日、私が【A】
    の事務長に確認の電話を入れたところ、「確かに要望は聞いたが、受け入れることは
    できない」と言われた。私が改めて理由を聞くと、「今の日本の社会は女性優遇の方
    向で動いている。だからうちのクリニックも女性優遇にした」という返答が 返って
    きた。酷い話しである。

   ※ K市地方法務局人権擁護課への人権侵犯被害申告 ・・・・・ ◆-7の(4)

    ・昨年の4月4日に被害申告をしたが、8月中旬に「人権侵犯事実不明確」の結論が
    出てしまった。この件について、クリニック【A】の認識を確認するために電話を入
    れ、改めて事務長に男性専用トイレ設置について意向を聞くと、「ダメだ」と強く拒
    否されてしまった。

◆-24 私は、クリニックAへの要望が実現しない場合を考え、昨年の5月に、「内視鏡挿入困難」の患者に対しても安全な検査が可能と思われる医師を探し、私の居住県の、比較的新しい医療機関、院長が国立がんセンター出身であるという、クリニックBにアクセスした。ところがここには、クリニックAを上回る女性優遇配慮があったのである。次回からは、この、クリニックBを巡る取組みについて記す。


posted by 翠流 at 18:47| Comment(0) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

夫婦間トラブルと男性の自殺

今回は、「夫婦間トラブル」と「男性の自殺」を扱った記事を掲載する。
男性の悲惨が、ここにも現れている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事名】 夫婦げんかで死を選ぶのは男性! 法医解剖医が語る男女
                    2/10(月) 20:00配信  ハルメクWEB
     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200210-00000003-halmek-life

◆ 法医解剖医が見た夫婦トラブルと男女の違い

これまで、3000人以上の死因がわからない死体を解剖してきた法医解剖医・西尾元(にしお・はじめ)さん。運ばれてきた中には、夫婦間トラブルで亡くなった死体もあったといいます。男女の性差と夫婦について伺います。

◆ 法医学のセミナーをゲラゲラ笑って聞ける女性たち

法医解剖医として、兵庫県内の阪神間の6市1町を担当している西尾元さん。年に数回、関西のカルチャーセンターで一般人に向けた法医学に関する講演しています。取り上げるテーマは、「解剖されないような死を迎えるにはどうしたらいいのか」。なんと、その参加者の多くは50〜60代の女性たちだそう。

「現在解剖される人は7割が男性で、つまり女性よりも男性の方が解剖死されるような生き方をしているわけです。そういった男性の典型的な死に方は、一人暮らしになって、生活が荒れて孤独死するパターン。

だから聞きに来られた女性たちには、『離婚か何かして、一人暮らしになってお酒を飲んで、生活が荒れて生活保護で髪の毛もボーボーに伸ばし放題でアカだらけになって、血を吐いて亡くなるのが男性の典型例だから、あなたが旦那さんより先に死ぬと、旦那さんもこういうふうになりかねませんよ』とか、『生活が荒廃しないように、旦那さんのことをよく教育してください』とかお伝えしています。それを女性たちは、友人同士でゲラゲラ笑いながら聞いてくれていますね」

◆ 解剖台の上だけでは、女性の勝率は100%

西尾さんは、夫婦間トラブルでの死因からも男女の違いがよく見えると言います。例えば、夫婦げんかをした後に自殺を選ぶのは、決まって「男性」なのだそう。

西尾さんの著書『女性の死に方〜解剖台から見えてくる「あなたの未来」〜』(双葉社刊)では、「50歳を過ぎた男性が妻に性交渉を拒まれて深く傷つき、海に飛び込み自殺をした事例」や、「起業に失敗した男性が多額の借金を背負ったことを妻に打ち明けた結果、責め立てられて自殺した事例」が挙げられています。

「今のところ、夫婦げんかで亡くなったと思われる遺体は夫ばかりで、妻は一人もいません。私も結婚しているのですが、口げんかをすると負けるというのがわかっているので、夫婦げんかとなるとさっさと家を出ていくことにしています。結局、夫婦げんかで男性の勝つ可能性はゼロなんですよ。実際に、解剖でそういった遺体に出合うと『あ!やっぱり、お前もか……。やられたんだね』と同情します」

西尾さんは、女性は生物学的にも強いと言います。
「生物学的にも男性の方が死にやすいです。性染色体から見ても、人間はもともとは女性の型のXを持っていて、そこにYという遺伝子が加わると男性化するだけなんですよ。女性は本当に強い。家事をして家族を支え、家族と介護に向き合っているのも女性ですしね」

◆ 男性は自立の道を歩むことが大事

一人暮らしになって「解剖される死体」になりやすい男性は、どうしたらいいのでしょうか?
家事にかけている時間を調査した「第6回全国家庭動向調査」(国立社会保障・人口問題研究所が2018年実施)では、妻が平日4時間23分、休日4時間44分、夫は平日37分、休日1時間6分。育児にかける時間では、妻は夫に比べ平日は7時間26分、休日は5時間58分も多く費やしているとわかっています。

自分に介護が必要になったときに誰に介護をしてもらいたいか。ここにも、男女の違いが大きく表れていると西尾さんは指摘します。内閣府の「令和元年版高齢社会白書」では、男性の半数以上が妻による介護を願っていますが、女性は2割にも満たず、子やヘルパーに介護してもらいたいと考えているという結果が。

「男性は、妻に頼らず自立すべきなんですよね。よく言うでしょう、男の人は仕事しているうちはいいんだけど、退職した後何をしていいのかわからないし、家事もせず家にいて妻からは邪険に扱われると。私もそうならないように、夫婦で決めていることがあります。定年後、朝夜は一緒に食べるかもしれないけれど、昼ご飯は一緒に食べない。男女で互いにストレスにならないような生き方をしないと。男性も、変わっていかないといけないんだろうと思います。そうすれば生活が荒れたり、夫婦げんかをしたりで『解剖される死体』にはならないのでは」

◆ 解剖されないためには、お風呂とトイレに気を付けよう

では、男女ともに「解剖されないような死を迎える」には、何をしたらいいのでしょうか?
「一般論的には、成人病にならないような食生活とか運動をするということにはなります。しかし、法医学的には家の中での突然死を防ぐなら、冬場の風呂とトイレには気を付けた方がいいです」と西尾さん。

家の中で倒れて亡くなっている場合の死因として、一番多いというのが「ヒートショック」。気温の変化によって血圧が上下し、この血圧の乱高下に伴って脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こることです。2006年のデータでは、1万4000人がヒートショックで亡くなっています。
西尾さんは、特に「トイレ前」と「お風呂から出た後」に気を付けてほしいと指摘します。「日本だと、エアコンで部屋だけ暖めて、廊下、脱衣所、浴室は寒い住居が多いですよね。だからトイレに行くまでの廊下だったり、熱めの浴槽を出た後にヒートショックを起こしてしまうのかもしれません」

西尾元(にしお・はじめ)さん
1962(昭和37)年、大阪府生まれ。兵庫医科大学法医学講座主任教授。法医解剖医。香川医科大学(現、香川大学医学部)卒業後、同大学院、大阪医科大学法医学教室を経て、2009年より現職。兵庫県内の阪神間の6市1町の法医解剖を担当している。これまでに行った解剖約3000体。年間の解剖数約200体。2017年、『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』(双葉社)を出版。近著に『女性の死に方〜解剖台から見えてくる「あなたの未来」〜』(双葉社刊)。

取材・文=竹上久恵(ハルメクWEB編集部)


2020年02月01日

男性にも専用トイレを ・・・ 【医療機関:その6】

大腸内視鏡クリニック【A】への取組み ・・・ (No.3)

【記事ーD】:経過と取組みの詳細ーV ・・・・・ 2019年3月18日(月)〜3月30日(土)

◆-15 3月18日(月):検査の翌々日である。トイレに関する要望を伝えるためにクリニックAに電話をした。初めに看護師長の名前Qを確認し、再び彼女と話しをしたが、彼女のスタンスは◆-11と変わることがなかった。続いて、事務長が電話に対応した。会話内容は次の通り。

 (私)なぜ、女性だけに専用トイレを作ったのか。
 (事務長)女性から要望が多かったからだ。男性から要望は出ていない。
 (私)3年前は9室全てが男女兼用であった。女性専用トイレを作ったのはいつか。
 (事務長)1年ほど前。
 (私)女性と同様に、男性にも専用トイレを2つ作ってもらいたい。この件について、
   院長に会って、直接話しをしたい。
 (事務長)院長に会うことはできない。要望は院長に伝える。今週中は難しい。
   来週あたりに、こちらから結果を電話する。

 【追記】 なお、この日か、後述の3月27日(水)のどちらかと思われるが、私は事務長
   に、患者は男女どちらが多いかを聞き、「日によって男女比は変わるが、全体とし
   ては男性の方が多い」という回答を得ている。

◆-16 同日、クリニックAへの啓発的発言を求めて、日本看護協会に電話を入れた。しかし、「啓発・指導の権限はない。厚労省か保健所に問合せをしてほしい」とのことであった。記録の付記に「厚労省は国立病院のみ」というメモがある。続いて、A所在地の保健所に電話を入れ、医療安全相談窓口の存在と電話番号を聞いた。電話を入れると、「クリニックに伝えてもらいたいことがあれば、要望に沿うことはできる」とのこと。他に「市民の声」の存在も聞いたが、直接性も会話によるフィードバックもなく、伝わる部署は同じであろうと判断し、利用していない。

◆-17 3月20日(水):国民生活センターに電話を入れた。受けた女性によれば、私がクリニックAに手紙を書く場合、それを国民生活センター相談員のメルアドに送信し、読ませてもらえれば、Aに電話をして「読んでください」と言うことはできる、とのこと。

◆-18 3月27日(水):クリニックAの事務長から電話が入った。会話内容を記す。

 (事務長)あなたの要望に応えることはできない。今後、うちの男性患者から男性専用
   トイレ設置の希望が出れば、その段階で検討の対象とする。今はその予定はない。
 (私)男性患者の私が希望している。
 (事務長)あなただけではダメだ。
 (私)私の経験からすれば、検査用トイレは常に複数空いており、2つを男性専用に
  しても支障はないでしょう。
 (事務長)設置する予定はない。
 (私)なぜ女性だけに配慮するのか。
 (事務長)女性は弱い立場にある(注1)
   (注1)私はこのブログのような活動を始めて9年余りになるが、この種の問題の
      場合、今の日本では、女性はどこへ行っても手厚く配慮される存在であるか
      ら、むしろ「強い立場」なのであって、男性は逆に、どこへ行っても脆弱な
      配慮しかなされない存在であるから、むしろ「弱い立場」なのである。実際、
      今回のような「男女兼用の2室を男性トイレにする」という、客観的には何
      の問題もないと判断される事象について、私は既に10か月の間、被差別の
      ストレスを毎日感じながら、合法の手段は他にないかと、自分の能力の限界
      まで探し歩き、働きかけ、しかし未だに何の解決もなく、今後の道の踏み出
      し方によっては、名誉棄損の扱いを受け、裁判に負け、財力のない私は、現
      実問題として殺される末路になるのではないかと、怯えなければならない状
      況があることを考えれば、男性が強い立場であるなどという事務長の発言は、
      とんでもない倒錯の誤謬だと思うのである。
 (私)署名を集める。
 (事務長)うちの患者でなければ・・・・・。(注2)
   (注2)大腸内視鏡検査の患者は年齢の高い人が多い。「男性はトイレのことなど
      気にするものではない。そういうことは女性のものだ」という性別役割意識、
      ジェンダーバイアスの、強い支配を懸念する。実際、12月27日に掲載した記
      事、『男性にも専用トイレを・・・【医療機関:その2】』に記した2人の弁護
      士、F・Gのような男性が存在する。加えて、署名の主導権をクリニックA
      が握れば、負けは見えているように思う。負ければ、次に打つ手はないので
      はないか? そういう認識の故に、私は院外の署名を考えている。今は、名
      誉棄損等の問題について、既述の如く難しい相談者探しに試行錯誤を繰り返
      しながら、関連署名サイトと連絡を取り始めている。
 (私):(また電話をする、と言って、切った)

◆-19 3月28日(木):クリニックAに電話。受付のSさんが出た。彼女は私に対して受容的だった。私は、彼女には感謝している。私が看護師Rと話したい旨を伝えると、彼女は「調べてこちらから電話しますよ」と言った。私は、この段階では、まだ、Aの窓口一本化を絶対視していない。私は看護師から院長への働きかけを期待していた。

◆-20 同日の夕刻、Sさんから電話があった。「今日の段階ではどの看護師かわからない。確認して明日にでもTELします。」とのこと。

◆-21 3月30日(土):連絡がないので、こちらからクリニックAに電話。Sさんが出るも、「少し待ってください」と言われ、彼女の声が不分明となる。後方で誰かと話している印象があり、Sさんが、Rの名前として事務長と同じ名前を、誰かに指示されたかのように私に呟いた印象があった。Rの正しい名前は未だにわからない。声が聞こえなくなったので、私はいったん電話を切り、改めてかけ直した。電話に出たのは事務長であった。彼との会話を記す。

 (事務長)看護師と話しをするのは困る。職員は、病院の決定に従って動いている。
 (私)それぞれの職員の立場からの意見を聞き、対応を考えるべきではないか。

 (事務長)(攻撃的な口調で)
   あなたは、看護師長(Q)とも看護師(R)とも30分以上話しただろう。(注3)

      (注3)私は、はなはだ心外であった。看護師長の態度は◆-11に記した如
       くであるから、会話が長くなるはずはない。看護師Rとの会話は、検査直
       前の測定中のことであるから、30分以上話すはずはなく、◆-12に記した
       ように、私から話を打ち切っている。

 (私)(上の事務長発言に対して)そんなことはない。看護師長とは、検査当日も、電
   話でも、3分以内だろう。看護師(R)とは10分程度と思う。私の方から、長時間
   になるのを避けて、話しを打ち切った。
 (私)しかし、事務長とは長く話しましたよ。時間は測っていませんが、30分くらい話
   したかもしれませんね。
 (私)私は、勤務時間中であることを常に配慮しながら電話をしている。受付のRさん
   にも気を使いながら話しをしている。
 
 (事務長)二人とも(看護師長と看護師R)、あなたのことを、こわいと言っている。
      (注4)これもまた心外であった。こわいかどうかは相手の感じ方であるか
       ら、私が言う領域ではないが、良識を逸脱した態度をとったつもりはない。
 (私)心外だ。そういう言い方をされると、大変ショックだ。

 (事務長)(私が会話中で「人権」という言葉を使ったため)
    人権の話しを持ち込まれても困る。
 
 (私)(電話の所要時間に関わって)迷惑なら勤務時間外に電話をする。
 (事務長)時間外に電話を受けることはない。
              ・・・・・・・・・会話の主要部分は、以上。

次回は、公的機関への働きかけを中心に記す。


posted by 翠流 at 19:59| Comment(2) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする