2020年01月24日

男性にも専用トイレを ・・・ 【医療機関:その5】

大腸内視鏡クリニック【A】への取組み ・・・ (No.2)

【記事ーB】:経過と取組みの詳細ーT・・・・・ 診察・事前検査:2019年1月10日(木)

◆-8 私は受付を済ませ、診察を待つ間に、今まで渡されたことのない説明書を渡された。内容は、「自宅での下剤服用を希望する場合は申し出るように」であった。私は以前、ホテルでの下剤服用を希望したことがあったが、断わられ、前処置フロアで服用してきた。今回はこの説明書が渡されたため、医師に改めて申し出たところ、了解された。この時、私の診察を担当したのはL医師。

◆-9 診察後、検査日の予約と説明を担当の女性M(職種?)から受けたが、私は、彼女から、私の検査を担当するのがJ医師(◆-4参照)であると聞かされ、動揺した。私はこの時、◆-4に記したJ医師との会話の内容を話題にしたが、それが私のカルテに記されていると彼女から聞かされ、動揺は一層強くなった。私が彼女に、他の医師ならば誰になるかと聞くと、N医師とP医師の名前が挙がった。私は変更を申し入れ、最終的に、J医師が誰の検査も担当しない3月16日(土)に予約を取った。私の担当はP医師となった。

◆-10 この検査説明の後、尿検査と血液検査があったが、私は上記の動揺を引きずり、尿検査で、あり得ないような失敗をしている。私は、検尿カップを持って採尿室に入ったが、カップを脇の台の上に置いたまま、検査のことを忘れ、排尿して水を流し、カップを置いたまま待合室に戻り、椅子に座り、尿検査担当の女性職員が私に声をかけるまで、尿を採らなかった自分のミスに気づかなかった。

【記事ーC】:経過と取組みの詳細ーU・・・・・ 内視鏡検査日:2019年3月16日(土)

◆-11 私は、一般診察用待合室で指示を受け、更衣の後、前処置フロアを通らずに検査フロアに行き、◆-5・6に記した検査用トイレの変化に気づいた。私はこの件について、用を足した後、すぐにナースセンターへ行き、看護師長を呼んで、男性専用トイレをつくって欲しい旨を伝えたが、彼女は、「権限は院長と事務長にあるので私には何もできない」と、固い表情で言った。彼女の態度から受けた印象は、盲目的従順、というより、むしろ、上命下達の強い管理体制の証しのように感じられた。それは、後日、事務長から、窓口一本化を強調され、一層強い印象となる。医療の現場であれば、看護職の見解や判断が、医師の認識に影響を与えることは、むしろ、あり得たほうが良いのではないかと私は思うが、今回の件については、その可能性は片鱗もない。なお私は、この時、看護師長のネームプレートを見たが、その名前を失念し、後日、3月18日 (月) に電話で問い合わせをした時、「Q」と聞かされている。この名前と、失念していた私の朧な記憶との間に違和感はなく、嘘はつかれていないと思う。しかし、次に記すもう一人の看護師Rの名前については、3月30日(土)に問合せをしているが、電話口での会話が不分明となり、彼女の正しい名前は未だにわからない。この件については、次回の記事に改めて記す。

◆-12 看護師長との会話の後、私は、別の看護師Rから体重や血圧の測定を受けた。この時私は、彼女にも男性専用トイレを作って欲しい旨を伝えたが、彼女は私に、「1つくらいなら・・・」と、揶揄するような語調で言った。この時、私は、やはり彼女のネームプレートを見たが、その名前を失念した。この件に関わっては、上述の件で、次回の記事に 詳述する。血圧の測定を受けながら、私は、自分の様々な思いを看護師に伝えたいと思い、Rに話し始めたが、検査を控えた業務の途中であり、私の方から、「時間がかかると支障があるから」と言って話しを途中で切った。ところが、彼女や前述の看護師長と私の会話について、後日、私は、事務長から冤罪的な攻撃発言を受けている。この件も、次回詳述する。

◆-13 検査終了後、私は、検査着のズボンの汚れが気になり、更衣室に入る前に、前処置フロアの検査用トイレで着替えをしたいと思い、新しい検査着ズボンを持って、前処置フロアに行った。土曜であったせいか、部屋には、患者はもう誰もおらず、室担当と思われる女性(看護師?)が2人いただけであった。私は2人の許可を得て部屋を横切り、検査用トイレに入り、汚れたズボンをサニタリーボックスに入れ、新しいズボンを穿いて、更衣室に向かった。この時、使用した個室トイレを含め、数個の個室ドアに、男女共用のプレートが貼ってあるのを確認したが、この前処置フロアーの、検査用トイレ全体の状況は確認していない。全体状況は、後日、事務長に確認している。この件は後述する。

◆-14 更衣の後、この日の検査結果の説明を担当したのは、検査を担当したP医師。診断は「S状結腸に2mm程度のポリープが1つ」で、「消える可能性もあるから放置して2年後に再検査」と指示された。

(続く)


posted by 翠流 at 02:23| Comment(0) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする