2020年01月06日

男性にも専用トイレを ・・・【医療機関:その3】

二つの大腸内視鏡クリニックに男性専用トイレの設置を求めて ・・・ (No.3)

今回取り上げた二つのクリニックを、それぞれ、A、Bとする。
どちらも、関東地方に開業しているクリニックである。
今までの経過を簡単に記せば、
私が、13年間、患者として検査を受けてきたクリニックAが、
検査用トイレに女性限定の配慮を持ち込んだために、
その改善がなされない場合の転院先としてクリニックBにアクセスしたところ、
BにはA以上の女性限定配慮があった、
という状況なのである。

Aに対しては、(後日、詳細を記すが、)
既に、直接交渉と、複数の公的機関を通じた申し立てを行なったが、効果はなく、
例えば、保健所を通した私の要望も拒否したAは、
その理由を聞いた私に、
「今の日本は女性優遇の方向で動いている。
だからうちのクリニックも女性優遇にしたのだ」などと、平然と答える始末で、
医療に携わる人間さえもが、そのような発言を平然と為す今の日本の状況に、
私は、大変ショックを受けているのである。

転院先として考えたクリニックBの場合も、
B自身を含め、複数の公的機関の対応は、Aの場合と同類であって、
申し立ては功を奏さず、(その内容も、後日、詳述する。)
一か月ほど前に、残された一つの部局、法務局人権擁護課に、
社会的背景も含めた詳述文書を送り、
人権侵犯被害申告をしたところなのである。

申告に対する公的機関の対応については、
このブログを立ち上げて、まだ日の浅い頃、
法務局(法務省)の結論が「人権侵犯事実不明確」を超えないという私の記事を受ける形で、
某氏から、「公的機関はその程度のものだ」というコメントをいただいており、
確かに私はそのような経験をしてきたのであって、
潜在化している「声」の顕在化という申告の意味と併せて、
種々の当該機関担当者の、一部の人が、
こちら側への心の傾斜を感じさせてくれることはあっても、
例えば、申告先が法務局人権擁護課の場合であれば、
結論が「人権侵犯事実不明確」を超えなければ実効性はないのである。

だからもう一歩踏み込んだ活動をと、私も思うのではあるが、
率直に言えば既述の如く、
勝てるはずのないであろう理不尽な名誉棄損の法廷闘争ともなれば、
財力のない私は破産して、人生も終わりかなどと迷いつつ、
今後の道しるべを探すべく、相談相手の弁護士を探すのであるが、
これがまた既述の如く、いまだ、見つからない状況が現在なのであって、
それもまた、今の日本を支配するジェンダーバイアスの結果かなどと、
失望と、日本の社会の理不尽に、煩悶の日々なのである。

他力本願のスタンスで言えば、
男性の人権を守ろうとする声を取り込むナショナルセンターのような組織が、
今の日本にあればと思うが、
そのような組織は存在しないし、
今つくろうとしても、
勿論私の非力さも含めてであるが、無理だろうと私は思う。
以前、「男性差別を許さない市民の会」という団体があって、
私も一時期、期待を寄せたことがあったが、
今はもう、活動はしていないようなのである。
もしも私の思いを受けとめてくれる政党があればと、
政策上の表現を頼りに、実は二件、アクセスをしたのであるが、
一件は、話にならない男が電話に出たので、こちらから切らせていただき、
もう一件は、今もまだ、私らしい愚かな希望を抱いているのであるが、
前回記した、私の居住県弁護士会の、「両性の平等に関する委員会」のように、
裏切られて終わるのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・
今回は以上。
次回からは、クリニックAの件について、
具体的な報告を始める。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by 翠流 at 00:49| Comment(7) | トイレの男性差別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする