2019年01月17日

「男らしさハラスメント」で病んでいく男たち

昨年の12月に、印象深い記事を読んだ。
題は「“男らしさハラスメント”で病んでいく男たち」。
記事の内容には疑問を感じる部分(文中の←?)もあるが、
「男らしさハラスメント」という言葉は、
男性に強要されてきた性別役割の不当性を顕在化させるために、
有効な表現であると思う。

既に、様々の記事で述べてきたように、
旧来の性別役割、或いは性別観からの解放は、
男性より女性に於いて顕著であって、
多くの男性たちは、今も、様々の場面で、
旧来の「男らしさの規範」に呪縛されることが多い。
このような状況にあって、
男性を、不当なストレスや閉塞感から解放するために、
「男らしさハラスメント」を、一層具体的に顕在化させ、
男性解放の道に、光を当てなければならないと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事全文】 「“男らしさハラスメント”で病んでいく男たち」
                  取材・文/藤村はるな  日刊SPA! 2018/12/19
           https://nikkan-spa.jp/1536689

 女性たちは、女性であるがゆえの生きにくさを声高に訴えるようになった。一方、男性は男性特有の苦労はあれど押し黙ったままだ。その置かれた窮状と声を上げられない理由に迫る。

■ 誰にも弱音を吐けずに病んでいく男たち……

「変身願望に男も女もない」そんなセリフとともに『美少女戦士セーラームーン』の戦士に扮したりゅうちぇるが登場した、「モンスターストライク」のCMが放映され、「ジェンダーレスの象徴」として一躍話題になった。また、白岩玄の小説『たてがみを捨てたライオンたち』では、専業主夫になるか悩む男や、強さを求めて弱音を吐けない男など“男らしさ”に苦しむ男たちの姿が描かれ、多くの男性から共感を呼んでいる。

・メディアのなかだけではなく、

 「男は強くあれ。一家の大黒柱であれ」との価値観に息苦しさを感じる人々は決して少なくない。
「『男であることは、しんどい』。そんな言葉は、なかなか飲み会でも気軽に吐けないです」と、苦笑いするのが大手通信会社に勤める田中正雄さん(仮名・46歳)だ。
「昔から競争が苦手で、『出世にさほど興味はない』と同僚に呟けば、『男なのにそれで終わっていいのか?』『ビジョンがない』と馬鹿にされる。腹は立ちますが言い返せないジレンマもあります」

・こうした悲鳴を上げるのは、決して田中さんだけではない。

 「子供が熱を出したときに、会社を早引けして僕が迎えに行ったら、『嫁に行かせればいいのに。男のくせに妻が怖いのか』と同僚からの陰口が」(43歳・食品)とパタニティハラスメント(父性の侵害)を受けることもあれば、「出世コースを外れてはや数年。部下から『給料泥棒』『あのオッサンは使えない』と陰口がひどい。お局にはみんな気を使うのに、なぜ出世してない男は冷遇されるのか」(39歳・流通)と逆パワハラに悩むケースも。  

・それに対して「いかに多様性が叫ばれても、職場で男らしさを尊ぶ姿勢はまだ残る」と語るのは、人材育成企業代表の前川孝雄氏。

 「人手不足で仕事は増えているのに、社会保障費や税金負担の倍増で手取り給料は上がらない。多くの人が働く意欲を失うのは当然なのに、職場ではいまだ男性は家庭より仕事優先で、アグレッシブに働くべきとの風潮が強い。男性が育休を取ったり、出世に意欲的でないと『やる気がない』と評価を下げる企業もまだ多いです」  

・問題が起こるのは家庭も同様だ。

 「『最近の男性はもっと家事に参加するものだ』と妻に言われ、帰宅後に洗い物をすれば『やり方が違う』と怒鳴られる。これは家事ハラでは」(43歳・IT)
 「会社の業績が悪化し、給料が激減。いまや上場企業で働く妻のほうが高年収で、家に帰れば『男のくせに稼ぎが悪い』となじられる。それでも、以前同様、家賃や外食費は全部僕持ち。文句を言ったら『男が出すのは当たり前。私が稼いだお金は私のもの』とキレられました。そこも男女平等では?」(45歳・SE)


■ 世界一女性より不幸な日本の男性の実態

 会社でも家庭でも「男らしさ」を押しつけられたハラスメントに遭い、疲弊する男たち。そんな日本の男性の「生きづらさ」は、データにも。
 男女の格差を表す「ジェンダーギャップ指数【注1】」によれば、2017年の時点で日本は世界144か国中114位。男性は女性より経済面や教育面などで圧倒的に優遇されている(←?)。だが、2014年に発表された「世界価値観調査【注2】」によれば、日本は男性より女性の幸福度が上回り、男女の間の幸福度に世界一ギャップがある。つまり、恵まれているのに(←?【注3】)、幸福感を感じられない男性が多いのだ。

   【注1】 ジェンダーギャップ指数(2017年)
        1位:アイスランド  2位:ノルウェー   3位:フィンランド
        4位:ルワンダ    5位:スウェーデン ・・・・・(中略)・・・・・
       100位:中国     114位:日本    118位:韓国

   【注2】 幸福度格差(2014年)・・・「女性の幸福度」から「男性の幸福度」を
                    引いた数値:世界価値観調査(2014)
        1位:日本      2位:ヨルダン     3位:パレスチナ
        4位:リビア     5位:ジョージア    6位:韓国
        7位:シンガポール  8位:ニュージーランド 9位:エジプト
        10位:アルジェリア

   【注3】 この部分については、ある人の、次のような異論コメントがある。
      コメント・・・・・逆でしょう。幸福感を感じられない男性が多いということは、
           恵まれてないということだよ。

・なぜこうも、生きづらさを感じる男性が多いのか。産業医である海原純子氏はこう分析する。

 「年功序列や終身雇用が崩壊した現代では、仕事に打ち込んでも収入は上がらない。共働きも多いので、以前のように一家の戸主としての威厳が保てません。でも、いまさら家庭人にもなりきれない。その中間で悩み、アイデンティティが崩壊する人が増えています」  
・教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏もこう指摘する。

 「取り巻く環境が変化しているのに、依然として男性は“男らしさ”を求められがち。特に家庭では、従来の男らしさに加えて、新たに女性の社会進出への理解や家事や育児の能力も求められる。非常に負担の多い状況です」

■ 男らしさを失うことは「負け」ではない
 
 ダイバーシティが叫ばれ、女性らしさからの解放が進んだ’18年は、「#Metoo運動」を発端に男性から女性へのセクハラが暴露され、性の不平等が告発された。マッチョな男性像が否定される一方、なぜ男性らしさからの解放は進まないのか。

 これに対しておおた氏は、「経済力や強さなど、もともと男性のほうが持っているものが多いからでしょう。『女性らしさの解放=権利の獲得』とポジティブな印象があるのに対し、『男性らしさの解放=何かを失う』とネガティブな印象が強い。だから手放せないんです」と続ける。

 実際、「毎日が辛いが、弱音を吐いたら『負け』だと思っている」(47歳・医療)など自分一人で不安を抱え込む男性も多い様子。

 「男性は『何事も黙って耐える』ことを美徳とするせいか、辛くてもギリギリまでため込んでしまう。結果、うつ病や隠れアルコール依存症を発症する人も増えています」と海原氏は警鐘を鳴らす。だが一方で、変化も生まれつつある。

 「ここ最近、40代男性を中心に、ストレスチェックなどを通じて『疲れた』『心が辛い』と声を上げる人が増えてきました。事態の深刻さの表れではあるものの、多くの声が上がるほど社会も少しずつ変化していくはず」(海原氏)

「男という性」から外れることは、決して負けではないのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・【前川孝雄】・・・ FeelWorks代表取締役。400社以上で「人が育つ現場」創りを支援。青山学院大学兼任講師。著書に『一生働きたい職場のつくり方』(実業之日本社)など。

・【海原純子氏】・・・心療内科医。日本医科大学特任教授。日本生活習慣病予防協会理事。著書に『男はなぜこんなに苦しいのか』(朝日新書)など。歌手としても活動する 【おおたとしまさ】 教育ジャーナリスト。男性の育児や、子育て夫婦のパートナーシップ、受験など幅広いジャンルで活躍。近著に『中学受験「必笑法」』(中公新書ラクレ)など。

・【おおたとしまさ】・・・教育ジャーナリスト。男性の育児や、子育て夫婦のパートナーシップ、受験など幅広いジャンルで活躍。近著に『中学受験「必笑法」』(中公新書ラクレ)など。


posted by 翠流 at 01:31| Comment(0) | 人権擁護への思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする