2017年06月26日

ジェンダー アイデンティティー (2)

女性だけに与えられる美しさに、
羨望・嫉妬を抱きながら、今日までを生きてきた。
小学校6年の時からである。
「区別」という名の「性差別」、
私は社会から「不当な性的偏見に基づくジェンダーハラスメント」を受けながら、
長い年月を生きてきたことになる。

私の女性美羨望は、
本能と同等であるかのような重さをもって、
私の人格の底辺に存在し続け、
私の人生を呪縛してきた。

私はもともと小心であるから、
女性用衣料を身に着けて街を歩くことなどできるはずはなく、
職場ならそれはなおさらのことであった。
しかし美しさを求める執念のような感情は、常に心に巣食っていて、
私は、男性用衣料品の中の、つまりは女性的美しさを剥奪された衣料品の中の、
しかしできるだけ美しく私に似合うものを探して、
デパートの紳士洋品売り場を歩き回っていた。

ある日、淡いパープル系のハイネックの、
スタイリッシュなメンズのセーターを着て職場に行った時、
管理職のNo.2の男がそれを見て、当惑の表情を浮かべたが、
私は、文句を言われれば、開き直るつもりだった。

またある時、仕事で遠方へ向かう3泊の旅行の準備会で、
中間管理職の男が、「男性はスーツにネクタイにしましょうか」などと言い出したので、
私は感情を抑えきれなくなって語気を強め、
「そんなことしたらハラスメントじゃないですか」などと発言したのであった。
私の勤務先は、同系列の職場の中では締め付けが弱かったこともあって、
彼の提案は潰れ、私は、旅行の初日、きれいなエンジ色のハイネックセーターと、
ライトグレーのブレザーを着ていったのであった。

たぶん、そういう私の雰囲気が言わせたのであろうが、
ある日、職場の若い女の子が私のところへ来て、
「翠流さんって、女になりたいんでしょう ・・・・・」などと言うのであった。

その彼女が2年後に私の職場を去り、
翌年であったか、私もまた新しい自由を得て職場を去り、
やがて私は、秋から春にかけて、既述の如く、
メンズライクではあるがレディースの、
ロングカーディガンを着て街を歩くようになった。

新しい自由は、私を「自分らしさに」連れていった。
しかし、家庭があれば、ダメだったでしょうね。妻や子供が許さない。
私みたいな人間は、家庭づくりができなくて、一人が自分に合っている。
淋しさには、もう慣れてしまった。

ところで私には、最近、改めて意識したことがある。
それは私の衣料品のこと ・・・・・
私が持っている衣料品の、約3分の1は「男性用」なのであるが、
残りの3分の2の、約半分は、オーダーのダンス用品、
つまりは、男性用でも女性用でもない、私好みの「翠流用」。
そして残りは ・・・「女性用」なのである。

いやいや、ご安心ください。
くり返しますが、私が持っているレディースは、メンズライクですから・・・・・。
以前、東京のあるところで出会った MtoFの素敵な人が、
心配する私に、電話で言った。
「だいじょうぶ。だって、翠流さんは、そんな、変な恰好してないじゃない・・・・・」

レディースのタートルネックは、メンズのラウンドネックの下のアクセント。
暑さを感じさせる今頃から、
普段も着るようになったバレエ系ダンスのレッスン用の、
既製のハーフパンツとガウチョは、
レディースでも、色は、黒か紺か紫。
数少ないメンズと違ってラインがお洒落に出ますが、
私が着れば、一般の人たちは、メンズかレディースかわからないでしょうね。

以前このブログで紹介した渡辺恒夫の本、
「脱男性の時代(アンドロジナスをめざす文明学)」を思い出す。
彼はその「第2章ー3」で、
ベンジャミン(H.Benjamin)の「性指向尺度(Sex Orientation Sukale)を次のように紹介していた。
私は自分のことを、その「T型」だと思っている。

ベンジャミン(H.Benjamin)の「性指向尺度(Sex Orientation Sukale)」

  0型:正常男性(ノーマル・メイル)
  T型:仮性異性装嗜好(シュード・トランスヴェスティズム)
       ・・・・・ 定期的女装にまで至らぬ軽度の女装趣味。含変身空想。
  U型:フェティシズム的異性装嗜好
       ・・・・・ 定期的女装。特に下着への興味と自慰時の使用。
  V型:真性異性装嗜好(トゥルー・トランスヴェスティズム)
       ・・・・・ 可能な限り女装。女装時に女性の意識を持つ二重人格。
  W型:非手術性変性症(ノン・サージカル・トランスセクシュアリズム)
       ・・・・・ 可能な限り女装。性転換を願望するが転換手術の必要は認められず。
  X型:中等度真性変性症
       ・・・・・ 可能な限り女性としての生活。
  Y型:重度真性変性症
       ・・・・・ 女性として生活。
                                       (以上)


2017年06月06日

「ポジティブ・アクション」 の今

安倍晋三という、どこかの男が、
例えば「自殺の性差(注1)」に見られるような、
男性が直面し続けてきた「いのちの危機」、
特に、「経済・生活問題」・「勤務問題」をめぐる危機に対して、
「男性」を主語とした救済のメッセージを発することなどただの一度もなく、
唯々、フェミニスト面をして「光輝く女性」発言ばかりをくりかえしていた頃、
ある女性弁護士が、ネットの中で、
男女共同参画社会基本法第2条第2項:積極的改善措置(注2)を根拠として、
「女性優遇採用は違法ではない」などと主張していた。

  (注1) この記事の末尾に自殺データを掲載する。
  (注2) 男女共同参画社会基本法第2条:この法律において、次の各号に掲げる用語の
                     意義は、当該各号に定めるところによる。  
       1.男女共同参画社会の形成:男女が、社会の対等な構成員として、自らの
        意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、
        もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受するこ
        とができ、かつ、共に責任を担うべき社会を形成することをいう。    
       2.積極的改善措置:前号に規定する機会に係る男女間の格差を改善するた
        め必要な範囲内において、男女のいずれか一方に対し、当該機会を積極的
        に提供することをいう。                       

女性弁護士の発言は、
「初めに女性優遇の結論ありき」のフェミニストたちが、
様々の場面で使ってきた論理であって、
要するに、その根拠とされた「第2条第2項」の導入は、
憲法第14条に抵触する「女性優遇」を合法化するために、
自己本位のフェミニストたちによって企図された、計画的戦略だったのではないかと思う。

その戦略は、安倍晋三の「女性活躍推進法」によって結実し、
国家権力を手にした女たちは、
自身に内在する自己中心性を擁護されたままに、
特権階級として、優遇された社会進出を果たせるようになった。

彼女たちは言う、
「過去の女性差別の結果としての女性にとっての不利益が、日本の社会には存在する。従って、
それを解消するために行われるポジティブ・アクション(積極的改善措置)は違法ではない」と。
しかし、採用試験に関わって言えば、
彼女たちの言う「女性にとっての不利益」は、
既に、採用試験の準備段階としての学校教育の場には存在しない。
それは、内閣府が行ってきた「学校教育の場における男女の地位の平等感」調査の、
「年齢別グラフ 『20〜29歳』(注3)」に示されている。

  (注3) 「男女共同参画社会に関する世論調査 図4ー内閣府」(下記URL) の、
         ページ下方に示された、[年齢]別 グラフ:『20〜29歳』を参照。
           http://survey.gov-online.go.jp/h24/h24-danjo/zh/z04.html

既に保障されてきた「教育の機会均等」・「受験の機会平等」に併せて、
学校での「地位の平等」が確立された今の時代にあって、
「差別のない学校教育」の到達点の一つとしての採用試験で、
女性が、「女性である」という理由によって優先的に採用され、
本来ならば採用されるはずの実力を持った男性が、
「男性である」という理由によって不採用になるとすれば、
それはまさに、憲法第14条を破壊する男性差別、不正採用そのものであって、
自己本位のフェミニズム運動の、裁かれるべき施策である。

女性弁護士は、続けて発言していた、
政府は既に、数値目標達成のために女性の積極的採用を行った企業や自治体に対して、
「優遇措置」を講じる計画を持っていると・・・。
そしてそれは今、下に掲載する記事のような形をとって、
既に現実のものとなった。

記事には、東京都の優遇措置も記されている。
小池百合子は、恐らくは私の危惧通りの、
自己本位のフェミニズム運動家としての体質を持つことが、
この施策によって、一層明らかになったと思う。
彼女は今、「都民ファースト」という言葉で、自分の顔を表現しているが、
内在する「女性ファースト」の顔が、
今後、更に顕在化していくのではないかと、私は強く危惧する。
もとより、彼女の本質に「女性ファースト」の顔がなければ、
非正規雇用に苦しむ男性の現実が顕在化した社会状況の中で、
政治塾入会金、男性50,000円、女性40,000円、などという設定が、
できるはずはなかったのである。

ところで、次に掲載する記事は、
久しぶりに訪ねたブログ、
「社会の荒廃 研究室(蜻蛉の眼鏡)」 http://blog.goo.ne.jp/grk39587  の、
「フェミニズム批判のニュース記事、フェミ権力に屈せず批判の姿勢を貫け」(2017-05-24 )からの
引用である。
管理者の「蜻蛉の眼鏡」さんは、
転載を希望する私の思いを快く受けとめてくださった。
この場で感謝申し上げる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆【引用記事】

『女性優遇企業に「アメ」を配って女性採用を後押しする実態』 (2017.5.22)
    https://www.news-postseven.com/archives/20170522_553461.html 

  ■ 堂々と女性を優先採用する企業が続出

     全国各地の政府系機関に次々と「女性優先採用」や「女性限定採用」が現われ、
    しかもそれを政府が推進している。国家主導の「女尊男卑」の時代ともいえるが、
    政府系機関に限った話ではない。

     民間企業でも「新卒・中途採用において、同程度の能力であれば女性を優先的
    に採用する」といった文言を掲げる企業が続出している。

     なぜこんなことが起きているのかというと、平成17年施行の「次世代育成支
    援対策推進法」や昨年4月施行の「女性活躍推進法」を根拠に、政府は企業に対
    し、子育て支援や女性採用の「行動計画」を作成させ、達成した企業を厚生労働
    大臣が優良企業として認定する制度を実施しているからである。

     実態は“強要”に等しいが、一方で「女性活躍加速化助成金」という助成制度
    では、企業が女性活躍に関する「数値目標」と「行動計画」を策定し、その目標
    を達成したら、助成金(30万円)が支給される。

     自治体でもこうした支援が盛んに行なわれており、例えば東京都では「女性の
    活躍推進人材育成研修」を開催。それを受講して社内に「女性の活躍推進責任者」
    を設置すると、奨励金30万円が支給される。

     さらに、その「責任者」が東京都の「フォローアップ研修」を受講した上で「行
    動計画」を届け出て、かつ行動計画の「社内向け説明会」を実施すると、さらに30
    万円(計60万円)の奨励金が上乗せされる。

     女性を優遇する企業に“アメ”を配って、女性採用を後押ししているのである。

     多くの職場でこれまで女性の割合が低かった背景に、企業が女性を差別してき
    た経緯があるのは確かだろう。しかし、それを是正するために女性を優先採用す
    るのは、女性差別が男性差別に変わっただけではあるまいか。
                          ※週刊ポスト2017年5月26日号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ 続いて【自殺データ】を記す。
私のブログ記事、「男性の自殺(3)(4)」からの引用である。

 (A) 自殺者数と男女比(2008年〜2013年)

   (1) 「経済・生活問題」を原因・動機とする自殺
       年次別   自殺者総数   男性    女性   男性:女性  
     2008(H 20)   7,404   6,686   718    9.3:1  
     2009(H 21)   8,377   7,634   743    10.3:1  
     2010(H 22)   7,438   6,711   727    9.2:1  
     2011(H 23)   6,406   5,740   666    8.6:1  
     2012(H 24)   5,219   4,660   559    8.3:1  
     2013(H 25)   4,636   4,147   489    8.5:1  

   (2) 「勤務問題」を原因・動機とする自殺
       年次別   自殺者総数   男性    女性   男性:女性  
     2008(H 20)   2,412   2,120   292    7.3:1  
     2009(H 21)   2,528   2,270   258    8.8:1  
     2010(H 22)   2,590   2,325   265    8.8:1  
     2011(H 23)   2,689   2,347   342    6.9:1  
     2012(H 24)   2,472   2,182   290    7.5:1  
     2013(H 25)   2,323   2,069   254    8.1:1  

 (B) 「経済・生活問題」「勤務問題」に起因する自殺(2013年)を、更に細分化した原
   因別に、男女差の大きい順に配列。表中の項目末尾の K3 は「経済生活問題」を示し、
   K4は「勤務問題」を示す。

    (原因・動機)     (男性:女性)  (男性) (女性) (計) 
     倒産:K3         45.0:1    45    1    46  
     負債:連帯保証債務:K3  20.0:1    20    0    20  
     負債:多重債務:K3    15.8:1   647   41   688  
     事業不振:K3       15.8:1   568   27   438  
     失業:K3         14.7:1   411   28   439  
     職場環境の変化:K4    12.2:1   280   23   303  
     就職失敗:K3       10.9:1   251   23   247  
     仕事疲れ:K4        9.5:1   587   62   649 
     その他:K4         8.9:1   354   40   394 
     負債:その他:K3      8.5:1   773   91   864 
     借金の取り立て苦:K3    7.8:1    47    6    53 
     自殺による保険金支給:K3  6.7:1    60    9    69 
     生活苦:K3         5.5:1  1,081   196  1,277 
     職場の人間関係:K4     4.3:1   437   102   539  
     その他:K3         4.2:1   244   58   302 

 (C) 就職失敗による20歳代の自殺者数と男性の割合

       年次別    総数  男性  女性  男性の割合          
     2008(H 20)   86   69   17   80.2 %          
     2009(H 21)  122   98   24   80.3 %          
     2010(H 22)  153  138   15   90.1 %          
     2011(H 23)  141  119   22   84.3 %          
     2012(H 24)  149  130   19   87.2 %          
     2013(H 25)  104   95   9   91.3 %          

                                    (以上)
 
posted by 翠流 at 02:04| Comment(2) | ポジティブアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする