2016年06月24日

男性の自殺 (6) 2015年の状況

やや遅くなってしまったが、
内閣府自殺対策推進室が3月18日に発表した「平成27年中における自殺の状況」をもとに、
性差に着目した自殺データを、
昨年・一昨年と同様の形式で掲載する。
私は元号が嫌いなので、西暦で記すが、
2015年の自殺者総数は、24,025人、
年間3万人を割って4年目のデータとなるが、
男性の自殺が多いことに変わりはない。
性別の内訳は、男性16,681人、女性7,344人。
自殺者数の性比は、男性:女性 = 2.27:1。
人口10万人あたりの自殺者数が「自殺死亡率(自殺率)」であるが、
男性は早死傾向があるため、性別人口が女性より少なく、
自殺死亡率の性比を求めると、
下記の項目ーTに示したように、男性:女性 = 2.38:1 となる。
これが自殺の実態を、より正確に表している。

警察庁の分類に従って、
原因・動機別自殺者数(大分類:7項目)を性別に見ると、
下記Vのように、その全てで男性の自殺が多く、
52の細分化項目では、Wに示すように、49項目で男性の自殺が多い。
概括的に言えば、傾向は昨年・一昨年と同じである。
数年前に警察庁発表のニュースとなった就活失敗による若者の自殺を20代で見れば、
Xに示すように、その92%を男性が占めている。

安倍晋三の「光り輝く女性」発言、「女性活躍推進法案」の陰で、
昨年も、たくさんの男性が、自ら命を絶っていった。
そういう男性の深刻な現実に、
日本の社会は光を当てない。
光のあたる「女たち」に比べれば・・・・・。

もしも自殺の性差が逆であったなら、
女性団体や男女共同参画部局は勿論のこと、
マスコミも、安倍晋三も、日本中が大騒ぎだろう。

山田昌弘さん(中央大学)の言葉のように(記事「自殺対策要望書」参照)、
「女性のつらさは問題にされるのに、男性の生きづらさは問題にされない」と言って、過言ではない。
男性の苦しみは、そして男性の命は、軽んじられているのである。

(追記) 内閣府の自殺対策推進室は、今年の3月をもって、全ての業務を厚生労働省に移管した。
   厚労省は、4月に自殺対策推進室を新設。        

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 2015年 自殺データ 】 ・・・ 項目は次の通り。
      T.自殺者数と男女比
      U.自殺の「原因・動機特定者数」と「原因・動機不特定者数」
      V.原因・動機特定者の「原因・動機別自殺者数(大分類:7項目)」と男女比
      W.原因・動機特定者の、「原因・動機別の自殺者数(52項目)」と男女比
      X.就職失敗による若者(20代)の自殺者数と男性の割合

T.自殺者数と男女比 : (  )内は自殺死亡率を示す。
       自殺死亡率(自殺率) ・・・ 人口10万人あたりの自殺者数。

       総 数        男        女      男女比【男/女】 
     24,025(18.9)  16,681(27.0)  7,344(11.3)   2.27(2.38)  

U.自殺の「原因・動機特定者」と「原因・動機不特定者」 

     総 数       原因・動機特定者      原因・動機不特定者
     24,025      17,981(74.8%)       6,044(25.2%)  

V.原因・動機特定者の「原因・動機別の自殺者数(大分類:7項目)」と男女比。   
   ・・・ 遺書等の自殺を裏付ける資料により、明らかに推定できる原因・動機を、自殺
    者一人につき3つまで計上可能としているため、原因・動機特定者の原因・動機
    別自殺者数の和と、原因・動機特定者数(17,981)とは一致しない。    

    (原因・動機)  (計)  (男性) (女性)  【 男性 : 女性】
     家庭問題    3,641  2,327  1,314   【 1.77 : 1 】
     健康問題    12,145  7,122  5,023   【 1.41 : 1 】
     経済生活問題  4,082   3,658   424   【 8.62 : 1 】
     勤務問題    2,159   1,906   253   【 7.53 : 1 】
     男女問題      801    514   287   【 1.79 : 1 】
     学校問題      384    293   91   【 3.21 : 1 】
     その他     1,342    978   364   【 2.68 : 1 】

W.原因・動機特定者の、「原因・動機別の自殺者数(52小項目)」と男女比。

    ・下表の男女比は、自殺者の少ない方を1として示し、性差の大きい順に配列した。
    ・各項目が属する大項目は、表中の語尾に、次の略記号で示した。

     健康問題:A  経済生活問題:B  家庭問題:C  勤務問題:D
     男女問題:E  学校問題:F  その他:G          

 (順位)(原因・動機)       (男 女 比)    (人 数)
                   【男性 : 女性】  男性  女性  計
1 借金の取り立て苦:B       【 24.5 : 1 】   49   2  51
2 事業不振:B           【 20.9 : 1 】  440  21  461
3 倒産:B             【 17.0 : 1 】   34   2  36
4 負債(多重債務):B       【 14,8 : 1 】  625  42  667
5 自殺による保険金支給:B     【 13.0 : 1 】   65   5  70
6 犯罪発覚等:G          【 10.7 : 1 】  151  14  165
7 負債(その他):B        【 10.7 : 1 】  647  60  707
8 失業:B             【 10.6 : 1 】  330  31  361
9 仕事疲れ:D           【 9.7 : 1 】  612  63  675
10 仕事の失敗:D           【 9.4 : 1 】  351  37  388
11 職場環境の変化:D        【 8.8 : 1 】  247  28  275
12 就職失敗:B           【 8.5 : 1 】  206  24  230
13 負債(連帯保証債務):B     【 8.0 : 1 】   16   2  18
14 教師との人間関係:A       【 8.0 : 1 】   8   1   9
15 その他:D            【 7.6 : 1 】  331  43  359
16 生活苦:B            【 5.9 : 1 】 1,001  167 1,168
17 学業不振:F           【 5.0 : 1 】  101  20  121
18 職場の人間関係:D        【 4.4 : 1 】  365  82  447
19 子育ての悩み:C         【 1: 4.0 】   24  98  122
20 病気の悩み・影響(アルコ-ル依存症):A【 4.0 : 1 】  165  41  206
21 被虐待:C            【 4.0 : 1 】   4   1   5
22 その他:E            【 3.7 : 1 】   49  13  62
23 その他:B            【 3.6 : 1 】  245  68  313
24 その他:G            【 3.5 : 1 】  375  105  480
25 入試に関する悩み:F       【 3.2 : 1 】   23   7  30
26 その他進路に関する悩み:F    【 3.2 : 1 】   91  28  119
27 その他:F            【 3.0 : 1 】   42  14  56
28 夫婦関係の不和:C        【 2.8 : 1 】  697  247  944
29 家族からのしつけ・叱責:C    【 2.8 : 1 】   98  35  133
30 犯罪被害:G           【 1 : 2.5 】   4  10  14
31 失恋:E             【 2.3 : 1 】  202  85  287
32 近隣関係:G           【 2.0 : 1 】   39  19  59
33 孤独感:G            【 2.0 : 1 】  372  184  556
34 いじめ:F            【 1 : 2.0 】   1   2   3
35 病気の悩み(身体の病気):A   【 1.9 : 1 】2,601 1,309 3,910
36 その他:A            【 1.9 : 1 】  145  74  219
37 その他:C            【 1.9 : 1 】  213  112  325
38 家族の将来悲観:C        【 1.7 : 1 】  367  204  571
39 その他家族関係の不和:C     【 1.7 : 1 】  230  128  358
40 身体障害の悩み:A        【 1.7 : 1 】  168  94  262
41 後追い:G            【 1.6 : 1 】   37  32  69
42 その他交際をめぐる悩み:E    【 1.5 : 1 】  146  92  238
43 介護・看病疲れ:C        【 1.5 : 1 】  148  95  243
44 結婚をめぐる悩み:E       【 1.5 : 1 】   44  29  73
45 その他学友との不和:F      【 1.4 : 1 】   27  19  46
46 家族の死亡:C          【 1.3 : 1 】  292  209  501
47 親子関係の不和:C        【 1.3 : 1 】  254  185  439
48 病気の悩み・影響(薬物乱用):A  【 1.3 : 1 】   21  16  37
49 病気の悩み・影響(他の精神疾患):A【 1.2 : 1 】  742  571 1,313
50 病気の悩み・影響(統合失調症):A 【 1.2 : 1 】  613  505 1,118
51 病気の悩み・影響(うつ病):A   【 1.1 : 1 】 2,667 2.413 5,080
52 不倫の悩み:E           【 1.0 : 1 】   73  68  141

X.就職失敗による若者(20代)の自殺者数と男性の割合

       年次別      総数  男性  女性  男性の割合
      2008(H 20)   86   69   17   80.2 %
      2009(H 21)  122   98   24   80.3 %
      2010(H 22)  153  138  15   90.1 %
      2011(H 23)  141  119  22   84.3 %
      2012(H 24)  149  130  19   87.2 %
      2013(H 25)  104   95    9   91.3 %
      2014(H 26)  110   95   15   86.3 %
      2015(H 27)   88   81    7   92.0 %


posted by 翠流 at 00:37| Comment(2) | 自殺関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする